ついに実現!WindowsとChromeOSのデュアルブート!

2016-02-25

cloudready

Chromebookを使いまくっている私ですが書斎にはWindows機を据え置いてディスプレイにつなげて使っています。書斎で作業するときも調べ物とワープロくらいあれば済むことが大半なので、常々Windows機でChromeOSのデュアルブートが出来ないものかと考えていたのですがついに実現!

Neverware社がCloudReadyというソフトを使ってWindows機に疑似ChromeOSをインストールする方法を公開しています。

イメージファイルを保存したUSBメモリを作成してUSBからブートし、インストールするという流れになります。

操作方法は以下で解説しますが、事前に公式マニュアルを読んで熟知しておいて下さい。操作を間違うとデータが全て消えますが、あくまで自己責任でお願いします。なお、現在のところWindows7以降で対応しているようです。

デュアルブートにはWindowsがUEFIモードでインストールされている必要があり(確認方法はこのサイトが参考になりました。もし無理とわかればこのような解決策もあるようです)、なおかつPCのHDDに32GB以上の空き容量があることが条件のようです。詳しくは公式マニュアルを参照して下さい。

インストール手順(WindowsからUSBメモリを作成する場合)

step
1
前準備

インストールしたいWindows機で以下の設定をしておきます。

高速スタートアップ」機能をオフはコントロールパネル>電源オプション>「現在利用可能ではない設定を変更します」>「シャットダウン設定」欄の「高速スタートアップを有効にする」のチェックを外して「変更の保存」をクリック

重要なファイルは必ずバックアップを取ります。操作を間違うとWindows OSもろとも全て消えます。

step
2
イメージファイル作成

容量8GB以上のUSBメモリを用意します。当然中身が全て上書きされるので注意して下さい。


公式サイトのトップメニューで、CLOUDREADY EDITIONSのところをクリックし、[HOME]を選択

下にスクロールすると、[Download the USB Maker]とあるので、これをクリックしてダウンロード

案内に従ってCloudreadyのUSBインストーラを作成。完了後USBメモリを抜きます。これで準備は整いました。


インストール手順

Chrome OSをインストールしたい電源を切った状態のPCに作成したUSBメモリを挿入。電源を入れWindows起動前にBIOS画面へ入りUSBからブートへ切り替えます。

BIOS画面への切り替え方はメーカー・モデルによって違いますが概ね以下のとおり。

DellDellのロゴ表示中にF12
HPHPのロゴ表示中にF9
LenovoLenovoのロゴ表示中にF12
DellDellのロゴ表示中にF12
AppleOptionキーを押しながら起動
AcerAcerのロゴ表示中にF12
その他のモデルロゴ表示中にEsc、F1-F12を順次試す
モデル名で検索すると出てくると思います

しばし待つとChromeOSが起動します。案内に従って進むとChrome OSがライブ起動した状態になります。

取り敢えずライブ起動だけでいいやという方はここまででOK。

この状態で右下のアイコンをクリックすると一番上に「Install CloudReady」とありますのでそれをクリック。

案内に従って進めていくと[Standalone][Dual-boot]と出てくるので「Dual-boot」を選びます。これで30分ほど待つと完了するようです。

Standaloneを選ぶとCloudreadyのみ入っているPCとなり、PC内のデータがOS含め全て消えます

古いノートPCでライブ起動を試したところ爆速起動という訳ではなかったのですが、それなりに快適に使えました。

まとめ

Cloudreadyを使うと老朽化したWindowsやMacをChrome OS機として蘇らせることが可能です。
2021年4月GoogleがCloudreadyを買収し公式にサポートされる運びになったため今後はもしかするとAndroidアプリが動くようにサポートされるのではないかと期待されています。

推移を見守りたい。

もっと詳しく

PR

関連記事

  • この記事を書いた人

ともぞう

つくば在住のアラフォー会社員。ほかに『初心者による初心者の為のウイスキーの話など。』や『OLD ROOKIE』を書いてます。

-Chrome OS, Chrome OS 機能