Chromebookに向く人、向かない人

2016-05-25 | By ともぞう
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly

Chromebookの良さを伝えようとしてChromebookの良さを周りに話すのですが、どうでもいいし興味ねー!って人がほとんど。出来ることがドンドン増え、出来ないことがほとんど無くなりつつあるChromebookですが、やはり人によっては向かない場合も勿論あります。

どんな道具も使い方次第、ということでどのような人が一番Chromebookの恩恵を受けるのか、満足度が高いのかというテーマについて話したいと思います。Chromebookを買おうかどうか迷っている人や、ノートPCの購入を検討している人に是非読んでもらいたい。そして、周りにそういう人がいる人は是非シェア~(シェア~の読み方:イントネーションは「タブー」という感じ)して貰いたい。

スポンサーリンク

Chromebookに向かない人

既にハイエンドノートPC(ウルトラブック、サーフェスやMacBook)を持っていて、現在買い替える予定がない人は、新たにChromebookを買う恩恵が特にないかも知れません。ということで、薄くて軽くてバッテリーが長持ちして、高い処理能力を備えたノートPCを既にお持ちの方には特に薦める理由はありません。

敢えてChromebookの利点を言うなら起動・終了がぶっちぎりで速いくらい。という訳で、そういった方々はこの時点でブラウザをそっ閉じして下さい。

Chromebookに向く人

ではどんな人ならChromebookを買って良かったと思うか、で言えば

①デスクトップPCを持っている or 重いノートPCを据え置きで使っていて、ノートPCの新規購入・買い替えを考えている人
②・家族で1台のPCを共有していて、自分専用のPCが欲しいという人
③高校生までの学生

ということになると思います。

私の場合、デカイノートPC(ASUSの型落ち15.4インチ、3.2kg)を所有していました。デカイノートPCに外部ディスプレイや無線キーボード、マウス、プリンターに有線接続し、バッテリーを外して(バッテリー持ちを維持するため)電源につなげて使用しているので、好きな場所で使いたい時に、いちいち全部外すの面倒です。重さも3キロ以上あるので、外出時にPCを持って行かなくてはならないときは、心底ウンザリします。

また、現在デスクトップPCを所有しているものの、型落ちノートPCしかなく、モバイル用途にノートPCの購入・買い替えを検討している人も、Chromebookは一考の価値があります。高性能のデスクトップPCをすでに所有している方は、10数万円のハイスペック・ノートPCをワザワザ買うことはありません。出先でのちょいとした作業、動画視聴程度ならChromebookで十分です。むしろ、起動・終了が速く、バッテリーが長持ちするChromebookは、出先でその本領を発揮しそうです。オフラインでのGoogle DocやSheetでの作業は、Goole Driveで事前の設定が必要ですが(下記リンク参照)、特に難しいことはないです。

(参考記事:Chromebook オフラインで出来ること | Chromebook通信

安いWindowsのノートPCをサブPCに、という選択肢もありますが、低スペックのPCでWindowsを動かすとなると、やはり動きにモッサリ感が出る可能性が高いです。ハードスペックが似たり寄ったりならば、Chrome OSはWindowsと比べて快適に動作します。

また、Chromebookはセキュリティ面の恩恵も高いです。そもそもプログラムがインストールできないので、ウイルスに感染するリスクはほぼ0。セキュリティソフトのインストール不要です(できませんが)。その分コストが浮きます。紛失しても、中にはデータが入っていない(ローカルにもデータを入れられますが、Chromebookでは、データは基本的にクラウドに保存します)ので、情報漏えいリスクも少ないです。

さらに、学生用ということであれば、高校生くらいまでだとChromebookで十分でしょう。Youtube、Lineも出来ますし。タッチパッド付きなら、アンドロイドアプリも可能。子供にタブレットを買うなら、フリップタイプのChromebookにしておいた方が教育上よさそうです。子供は学習力に優れているので、少なくともブラインドタッチくらいは学んでくれるでしょう。

追記:小学生の息子にフリップタイプのChromebook(ASUS 101PA)を買い与えました。バッテリー持ちが気に入って、iPadには見向きもしなくなりました。

小学生にPCなんてまだ早いんじゃない?という人もいるかと思いますが、アメリカの学校では小学校3年生以上の子供全員にChromebookを支給するところも増えてきています。というか、この需要が米Chromebookの市場を牽引する最も大きな要素です。アメリカの教育は州や郡で全く仕組みが違うので、全部という訳ではないのですが、この流れはますます加速しています。Chromebookは今やAppleのノートPCを出荷台数で上回り、後発ながら学校市場向けでは出荷台数ベースで5割超と、Microsoft、Appleに対して圧倒的なシェアをつけるに至りました(Windows機2割、iPadを含むApple製品1割、その他といった感じ。その他はサーバー関連製品などと思われます)。かつて教育用にタブレットを支給していた学校も、Chromebookに切り替えています。

ちなみに、私はアメリカの高校に留学した経験(1999年)がありますが、高校生の授業でワード、エクセル、パワーポイント、アクセスの使い方くらいは一通り学びます。超ド田舎の高校でそうだったので、アメリカではそれくらい普通なのでしょう。アメリカ人にとって、エクセルの使い方を知らない社会人とか考えられないと思います。17年前くらいの経験ですが、ブラインドタッチが出来ないのもクラスで私1人・・・クラスメートたちがエクセルの使い方など学ぶ中、私はひとり、教室の隅っこでタイピングソフトを使ってタイピングを学ぶのでした。今思い出しましたが、レポートなどの宿題はフロッピーで提出していた時代です。

総括

東南アジアでは中国メーカーの、機能を最小限に抑えた低価格の家電が売れていて、高機能を備えていて価格も割高の日本製家電が苦戦しているという話を聞いたことがありますが、現在のPC市場はまさにそんな様相を呈しています。

機能がシンプルで低価格なChromebookと、ごく一部のユーザーしか使わない(存在自体知らない)機能まで完備したWindows。

Chromebook登場以前は、私のような一般的PCユーザーにとって、ほとんどWindows以外の選択肢が無かったわけですが、Windowsがほとんどのユーザーにとってオーバースペックだったという事実がChromebookの爆売れによって露見したカタチに。

結局のところ、多くの人にとって、ブラウジング、メール、Youtube、軽い事務処理が出来れば、それで十分。そういった方にはChromebookに向いていると言えそうです。

(Visited 435 times, 1 visits today)
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly

スポンサーリンク