WindowsユーザーがiPhone 8からPixel 5に乗り換えて良かったところ

2020-11-13

さようならiPhone、こんにちはPixel。

スマホデビューは10年前くらいのiPhone 4。それからは何も考えずiPhoneを買い続けてきましたが、今回Pixel 5へ乗り換え。この決断に至った経緯や実際にiPhone 8から乗り換えてみて戸惑ったこと、良かったところなど書き綴ってみようと思います。

iPhoneからPixelへ心移りした経緯など

iPhoneを長らく特に好きでも嫌いでもなく使ってきましたが、少し前にGoogle Chromecastを使用し出してからiPhoneに対する不満が出てきました。

一番気になったのが見逃したTVを視るために良く使う『Tver』アプリですが、iOS版はChromecastにキャスト出来ない。Tverアプリ側の問題かと思っていましたが、Android版では普通にキャストできることを偶然発見。Airplayには対応しているので、iOSからChromecastにキャスト出来ないのは「Apple TV」を使えということなのでしょう。

また、iPhoneを使うためだけに存在する奇妙なライトニングケーブルにはいい加減ウンザリです。

さらにPCにおいてもiPhoneを使うためだけに存在する使いづらいiTunesとBonjourが必要となる件。iTunesのバックアップデータはCドライブにしか保存出来ず数十ギガ単位の容量を食う。

Cドライブ以外にバックアップする裏技もありますが、専用のアプリをインストールしなくてはならず、なおかつ手順が複雑でめちゃくちゃ面倒くさそうなので断念。

また、今回調べて発覚したのですがiTuneはiPhoneのバックアップを取るたびに新規セーブを作るそうです。何故か余裕があるはずのCドライブの容量が極端に少なくなると思ったら原因はお前か!Cドライブはなるべくクリーンに保っておきたい私には耐え難い屈辱。

今回、念のためにiPhoneのバックアップを取ろうとしたのですが、その際にもCドライブの容量が残り0%になってバックアップが出来ないという問題が発生。バックアップが出来ませんでしたが結論から先にいうとこの先iPhoneに戻ることはなさそうなので、結果オーライ。

手動で電話帳データをGoogleドライブにバックアップし、アプリの機種変更手続きなど全て終え、iTunesフォルダに残っていたデータを全て削除したところ、Cドライブの残り容量が27.8GBと本来あるべき姿に戻りました。ああ良かった。

また、Androidの場合は普段から愛用しているGoogleドライブにバックアップしてくれるそうです。写真はもともとGoogleフォトに入れていたため、全く使っていなかったiCloudともオサラバだ!

iPhone 12という選択肢

iPhone 12という選択肢は存在したものの、デザインが変わり映えしないiPhoneには全く心が動かされることがなくなっています。それもPixelにした理由の1つです。

iphone 12 blue
虚無感

そもそもGoogleのサービスにどっぷり

今回Pixelが気になって色々と考えを巡らせたところ、私がそもそもiPhoneでもGoogleのサービスしか使っていないこと(Numbersとか使っている人はいるのだろうか)、iPhoneではMacbookとしか連携できない(WindowsでiPhoneを「連携」出来るが出来ることは何1つない)がAndroidならWindowsやChromebookと連携が取れることなどが奇跡のハーモニーを奏でてPixelへの移行を決意。

iPhoneを買って真っ先にやるのがChromeやGoogle Keep、GmailやGoogleカレンダーなど各種Google系アプリを入れるという矛盾

iPhoneからPixelに乗り換えると言うと「えっ、なんで???」といった反応が返ってきたり、ショップの人に「OSが変わっちゃいますけど大丈夫ですか???」と心配されたり(大丈夫、ちゃんと分かってますから)、「なぜAndroidにされるのですか???」と理由を尋ねられたり(大きなお世話だよ)します。未だにiPhone>>>>>Androidという考えの人が多いことを実感。

そんなわけでPixel 5。

スパック的にはより高性能なPixel 4とも迷いましたが、Pixel 4はバッテリー持ちに難があるらしいこと、顔認証はコロナ禍においては使いづらいこと、Pixel 5は程よいサイズ感&ベゼルが上下均一で美しいこと、何よりPixel 5のカラー「Sorta Sage」が気に入ったことが決め手となってPixel 5にしました。

Sorta Sage

ソータセージですが、SortaというのはSort ofの口語。Sort ofというのは「まあね」とか「ある意味では」、「当たらずとも遠からず」というニュアンスがあります。無理に訳すとせージっぽい色ということになるでしょうか。

10月の発表会で見たときはSorta Sageはとんでもなく奇妙な色に見えて「これはないな」と思ったのですが、その後レビュー動画など見ているうちに大好きになりました。次のページからは使用感を見ていきます。

次のページへ >

PR

関連記事

  • この記事を書いた人

ともぞう

つくば在住のアラフォー会社員。ほかに『初心者による初心者の為のウイスキーの話など。』や『OLD ROOKIE』を書いてます。

-Pixel 5, 雑記