スティック型でChrome OSを搭載した「Chromebit」の使い方を考察

米国でスティック型でChrome OSを搭載したChromebitの発売が決定したようです。ディスプレイやTVのHDMIポートに直挿して使うもので、重さが約74グラム。価格は価格は$85から。見た目はデカいUSBという感じです。

日本でも発売が決定しているとのことですが、価格はどうなるか分かりません。また、Chromeboxはマウス、キーボードが付属していますが、スティックには付属していないため、別途用意する必要があります。USBポートが1つしかないので、キーボードとマウス兼用のコネクタを持つものか、Bluetooth対応のキーボード・マウスを使う必要があります。

果たしてChromebitに有効な使い道はあるのか。考察したいと思います。

スポンサーリンク

リビングのTVをChrome化

Chromebitの使い方として、真っ先に思いつくのが、リビングのTVに挿す使い方。

リビングで動画を見たいときに、わざわざパソコンを持ってきてTVに繋いで、というのが面倒などという人には、挿しっぱなしにしておけるChromebitはいいかも知れません。

出張・帰省用に

出張先でのビジネスホテルや帰省の際にTVに挿して使う。

出張でPCを持って行かない人もいないか、と思えばこの使い方は無いかも知れませんが、帰省した時に使う、などという場合はアリかも知れません。

また実家には遅い昔のPCしか無い、というあるあるシチュエーションにおいて、Chromebitをプレゼントすると喜ばれる可能性も。

ビジネスユース

セキュリティ上の不安はありますが、オフィスでとり敢えず安いPCが必要というニーズがあるかも知れません。会社の規模に応じて何本か用意しておいて、出張の際、適宜貸出すなどすれば、社員の物理的な負担は減ると思います。

もしくはプロジェクター付き会議室に備え付けで置くPCにも使えると思います。資料は予めWEBに用意しておく、もしくはUSBに入れておいて接続することも可能。プレゼンファイル再生用という用途でのみPCが必要な部屋ではデカイWindowsPCを置く必要はありません。

あと歯医者や薬局、CDショップなどで動画を再生する用途でのみ使う時に選択肢に入ります。また図書館やレンタルビデオ屋、本屋の検索機能をウェブ上で動くようなプログラムを用意しておけば、パソコンの代わりにchromebitを使うことでコスト削減にはなりそうです。

図書館や本屋の検索用に、立派なデカイPCが使われていることがありますが、Chromebitにすれば省エネかつ省サイズ。セキュリティもバッチリ。漫画喫茶やホテルのロビーにおくPCもchromebitで十分かも知れませんね。

まとめ

こう考えると使い道は無くはない、という感じです。もしかしたらビジネスでの用途の方が消費者向けよりニーズがあるかも知れません。

また、リビングで動画視聴用に使うのであればトラックパッド付きキーボードが必須になると思われます。


現在過去記事を全体的にリライト中です。よければ過去記事もご覧ください。目次 | Chrome通信