Chromebook オフラインで出来ること|Chrome通信 Chromebookを独自の視点で紹介します

Chromebook オフラインで出来ること

2016-05-23 | By ともぞう
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly

Chromebookを手にしてから毎日使ってますが、個人的には自宅・職場にWifiがあり、外で必要ならスマホでテザリングできるので、Chromebookをオフラインで使う機会がありません。一度実験のため、敢えてオフライン縛りで使ってみたことはあります。

そういうわけで、個人的にはChromebookをオフラインで使う時に何が出来るか、という点は全く気にならないのですが、Chromebookの話になると決まって「Chromebookはオフラインでは何も出来ない」と言う人が出てくるので、オフラインで出来ることについて一応書いておきます。

日本ではインターネットをひかず、オフラインでPC使っている人が多いんですかね??インターネットが使えないときは、OSによらず出来ることが至極限られると思うのでが・・・ネットが使えないという設定自体が謎です。

スポンサーリンク
目次

オフラインで出来ること

ざっと見る限りGmailの下書き、カレンダーの使用、映画の視聴、音楽の再生、写真の編集、Googleドキュメントでの作業などはオフラインで可能です。オフラインで行った編集は、オンラインになった時に自動で同期されます。細かく見ていきます。

Googleドライブはオフラインで使えます

若干、設定が必要ですが、Googleドライブ内のファイルはオフラインでアクセス・編集することが可能です。

設定方法

↓オンラインでGoogle Driveへアクセス>右上の歯車アイコン>設定と進みます。
Google Drive Setting

↓ 「Googleドキュメント、スプレッドシート、スライド、図形描画のファイルをこのパソコンに同期して、オフラインで編集できるようにする」というチェックボックスをオンに。これで設定は終了。
Google Drive Offline Setting

これでオフラインでファイルの編集が可能。変更内容は自動的にローカルに保存され、ネットに繋がった時に自動的に変更内容を同期してくれます。↓ 「すべての変更をオフラインで保存しました」とあります。
save change offline

「新規ファイル作成」も勿論出来ます。右下、Wifiマークが☓になっているのが証拠です。
Google Drive Offline

その他、ローカルフォルダに入っているファイルは編集可能(当然ですが)。まあネット環境が十分でない地域を含む世界を相手に商売をしているGoogleが、オフラインで何も出来ないPCなんぞ作るわけがないのですが、知らない人も結構多い模様。

動画再生・音楽再生

ローカルに入れた動画や音楽は再生可能。対応している形式は以下の通り。

メディア: .3gp、.avi、.mov、.mp4、.m4v、.m4a、.mp3、.mkv、.ogv、.ogm、.ogg、.oga、.webm、.wav
画像: .bmp、.gif、.jpg、.jpeg、.png、.webp
圧縮ファイル: .zip、.rar

容量が少ないChromebookですが、10GBくらいは空きがあるので出張の移動中で映画見る、位は余裕です。足りなければSDカードかUSBメモリでも足せば良し。

画像編集

リサイズやトリミング、コントラストの変更など簡単な編集なら可能です。より高機能な作業は、やはりオンラインが必要で、Pixlrなど各種ウェブアプリやAndroidアプリで対応します。

メール下書き

「Gmailオフライン」アプリがデフォルトで入ってます。

メモ帳を使う

おすすめのテキストエディタ「Text」はオフラインで動作します。ファイルはローカルかGoogle Driveに保存可能。Google Driveに保存した場合はオンラインになった時に自動で同期。他にもオフラインで使えるメモ帳があると思いますが、Textで十分。

Linuxのアプリを使う

2019.9.18 追記
2019年以降発売の全モデルと、2019年以前発売のいくつかのモデル(Pixelbookなどのハイエンドモデル)でLinuxアプリのインストールが可能になりました。Linuxアプリがネイティブで動くので、オフラインでの使用が可能です。

お手元のChromebookがLinuxアプリに対応しているかどうかの調べ方ですが、トップメニューの検索バーにて[Terminals]と打ってみて、[Terminals]アプリが出てくれば、対応していることになります。この機能を有効化するには300MBくらいのストレージが必要になります。

オフラインで出来ないこと

・ネット・メールが出来ない→Windows、Macも同じ。
・プリント→持ち運ばない限り、出先にはプリンターがないので関係なし。ネットワークプリンターやネットプリントがオフラインで使えないのはWindows、Macも同じ。
・高度な動画編集が出来ない→わざわざ出先でやる人がいる?という話

総括

個人的にはGoogle Driveのファイルが扱えれば十分ですが、その他、オフラインでも動作するアプリもあるので、そこは各自のニーズで対応すればいいと思われます。例えば出先で人と打ち合わせなんていうときにWindowsかChromebookを選べと言われれば、Chromebok一択です。7秒で起動して4秒でシャットダウン出来るという身軽さと、バッテリー持ちは外出でむしろその本領を発揮します。

すぐに打ち合わせを始めたいのに、Windowsを立ち上げたら「更新を適応中です・・・」→「再起動します」→「ゆったりと立ち上がるWindows」→「パワポを開けようとしてフリーズ」 なんてことになれば目も当てられません。出先でChromebookを使う場合、オフラインで出来ることが限られるというデメリット以上に、メリットの方が多いと思います。また、テザリングした時にChromebookなら不必要な機能がないので、パケットを大量に使うこともありません。

最後に

最後になりますが、私はChromebookがあれば他のパソコンは要らないとかChromebookは全てにおいてWindowsやMacに勝る、と言っているわけではありません。適材適所がありますし、実際にWindowsマシンも良く使います(仕事&FF14)。

ただ「Chromebookはオフラインでは何も出来ない」という勝手な思い込みと無知による不当なネガキャンには憤りを感じます。正しくChromebookを理解して、その上で批評なり何なりしてほしいものです。また、そう言ったことを言っているのは、たいてい使ったことのない人や、昔のまま知識が止まっている人です。

(Visited 3,850 times, 1 visits today)

Chromebookの設定や使い方についてはこちらを参照|初めてのChromebook



このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly