Chromebook チップ集 ウェブアプリ

ChromebookでZoomを使う方法

2021年12月10日

ChromebookでZoomを使う方法

ChromebookでZoomを使う方法をご紹介します。方法は以下の2つ。

  • Zoomアプリをインストールして使う
  • ブラウザ版を使う

それぞれ説明しますが、どちらを使っても結局は全く同じ。お好きな方でどうぞ。

Zoomアプリをインストール

ランチャーのウェブストア、もしくはGoogle Play Storeを起動します。どちらを使ってもインストールされるものは同じです。

Chromebookのアプリ用ウェブストアはランチャー画面の左上にあります。

Chromebookのランチャーを開いてウェブストアをクリック
ランチャーを開くとアプリが一覧表示される。ウェブストアは左上にある。

どちらを使っても良いので「Zoom」を検索してインストールします。

最近はPWAアプリが出ているようですね。なお、インストールしたZoomアプリはランチャー画面に追加されます

見当たらないときはどこかのフォルダに入っていないか確かめてみてください。

Zoomアプリを起動したところ

インストールしたZoomアプリを起動し、Googleアカウントでサインインしてみました。参加・開始など普段通りのメニューです。

Chromebook版Zoomでミーティングをスタート 参加
表示は英語になります。

一人で開始してみました。

ChromebookでZoom実際の画面
ビデオはオフにした画面をキャプチャ。実際はもっとキレイに写ります。

インターフェースが英語になりますが、チャット画面では日本語の入力・表示が可能なので、特に問題はなさそうです。画面シェア、アプリシェアも問題なく動作しました。

ただ機能は限定的。背景をバーチャルにしたりという機能は見当たりません。カジュアルに使う分には問題ないと思います。

ブラウザ版Zoomを使う方法

Chromebookはフルバージョンのブラウザが動作するので、問題なくブラウザ版のZoomが使えます。こちらはお手元のブラウザで試してみてください。Chromebookでもお使いの環境と同じように表示されます。

こちらの方は一見機能が豊富ですが、実際に起動するのは、上記のChrome OSアプリ版Zoom。どちらを使っても同じものが起動します。

まとめ

PWAアプリのZoomは機能は限られているものの、普通に使える印象です。カジュアルなミーティングやZoom飲みくらいなら十分だと思います。アプリ版とブラウザ版を紹介しましたが、ブラウザ版を使っても結局アプリ版が起動するので、どちらを使っても同じです。

【2022年10月最新版】Chromebookの選び方ガイド

チェックする6つのポイントとおすすめモデル7選

トップへ戻る

PR

関連記事

  • この記事を書いた人

ともぞう

つくば在住のアラフォー会社員。他にブログ『初心者による初心者の為のウイスキーの話など。』や『OLD ROOKIE』を運営しています。

-Chromebook チップ集, ウェブアプリ