【追記】絶好調のLenovoがChromebook C340-11、C340-15、S340-14を発表 一気にシェア獲得を狙う

【追記】絶好調のLenovoがChromebook C340-11、C340-15、S340-14を発表 一気にシェア獲得を狙う

今まであまりヒット作に恵まれず、主要なChromebookメーカーの中でも下位に甘んじている印象のあったLenovoですが、Lenovo Chromebook C330が爆売れしたのを機に存在感を高めています。そんななか、LenovoがChromebook C340-11、C340-15、S340-14を発表。同ラインアップのなかには、Lenovo Chromebook C330、S330の後継機版も含まれます。

このLenovo Chromebook S330が初めて登場したのが今年なので、かなり速いペースでのモデルチェンジとなります。この追い風を逃すまじというLenovoの姿勢が表れています。御託はこれくらいにして、見ていきたいと思います。

スポンサーリンク

新しいLenovo Chromebook 3モデル

ナンバリングが少しややこしいですが、フリップタイプの11.6インチモデルと15.6インチモデルではC340、クラムシェル型の14インチモデルではS340となっています。今回は珍しくサイズ違いの3モデルが同時発表。なおかつ、それぞれのサイズでスペックの違いによるバージョンが存在し、カラーバリエーションまで追加。盤石の構えで一気にシェアをとろうという狙いが、ありありとみて取れます。

バージョンによる違いは、表にするとこんな感じです(スマホの方は横向きにしてみて頂きたい)。

Lenovo ChromebookC340-11S340-14C340-15
ディスプレイサイズ11.6インチ14インチ15.6インチ
解像度1366×7681366×768/1920×10801920×1080
タッチ対応オプション
CPUIntel Celeron N4000Intel Core i3-8130U/Pentium Gold 4417U
GPUIntel UHD Graphics 600Intel UHD Graphics 610/620
RAM4GB(LPDDR4-2400)
ストレージ32/64GB32/64/128GB
I/O2x USB-A 3.1、2x USB-C、MicroSDカード
重量約1.2kg約1.4kg約1.98kg
サイズ290×207.8×17.8mm328.9 x 234.35 x 18.8mm361.5×248.85×18.95mm
バッテリー持続時間10時間
カラーバリエーションPlatinum Grey, Sand PinkDark Orchid,Onyx BlackMineral Grey

ちょっと情報が錯綜しているのですが、おおむねこんな感じです。各モデルでスペックが違ったり、色が複数用意されていたりして、かなり幅広く攻めてきた感じです。

共通項はバッテリー持続時間とポート類。注意点としては、Type-Cが2つあるのものの、充電に使えるのは1つのみとのことです。RAMはLPDDR4方式で、C330、S330のLPDDR3から進化。全て以下、現行のモデルと比較しながら見ていこうと思います。

Lenovo Chromebook C340-11

Lenovo Chromebook C340-11は大ヒットモデル、Lenovo Chromebook C330の後継機版。11.6インチのコンバーティブルで、タッチスクリーン対応です。

自動更新は2022年6月までとまだ現役な感じですが、やはり新学期の9月に合わせて新型を投入してきた形です。

Lenovo Chromebook C330とLenovo Chromebook C340-11の主な違いは、CPUがMediaTeck MT8173CからIntel Celeron N4000になりました。MediaTeckの方が4コアでマルチコア性能ではさほど違いはないようですが、シングル性能だとIntel Celeron N4000に分があるといったところ。
RAM、ストレージの容量はそのままです。ストレージも32GBと64GBが用意されているとのこと。

Lenovo Chromebook C340-11はスペック的にそこまで大幅なアップデートとは言えないのですが、カラーバリエーションでPlatinum Grey、Sand Pinkが用意されています。ChromebookでSand Pinkは記憶にないですが、動画を見る限りキレイです。新たな層の開拓に期待したいところです。

気になる価格は$289から。C330の販売時の価格より安めのスタートです。コンバーティブルで$300以下は破格です。


※追記2020.5.19
娘のためにLenovoがChromebook C340-11を購入しました。レビューは下記リンクから。日本ではレアモデルのおかげかかなりの反響です。

Lenovo S340-14

Lenovo S340-14は名前通り、Lenovo Chromebook S330の後継機版です。コンバーティブルではなく、14インチのクラムシェル型。解像度は1366 x 768とフルHD(1920×1080)の2つ。タッチスクリーンの対応はオプションとなるようです。

Lenovo Chromebook S340-14 body

Lenovo Chromebook C330ほどではないですが、アメリカアマゾンのランキングを見る限り、Lenovo Chromebook S330もかなり売れ行きが好調のようです

スペック的にはLenovo Chromebook C340-11と同じくCPUがMediaTeck MT8173CからIntel Celeron N4000になったくらいで、さほど変わりなく。RAMの方式がLPDDR3からLPDDR4になってますが、どれくらいパフォーマンスに効くかは分かりません。

また、本体サイズが若干ではありますが、サイズダウン。幅も20.8mmから18.8mmとなっているようです。重さも約1.5kg(3.3 lbs)から1.4kg(3.09 lb)へと軽量化。価格は$249からと、かなり安めです。


Lenovo C340-15

Lenovo Chromebook C340-15はプレミアムモデルYoga Chromebook C630の下のラインという位置づけになっていますが、こちらもプレミアムモデルといって差し支えないスペックです。

Yoga Chromebook C630はCore i5 8250Uを搭載していますが、Lenovo C340-15はPentium Gold 4417U (2.3GHz) とIntel Core i3-8130Uの2種類を用意。Lenovo C340-15もストレージ32/64/128GBを用意していますが、RAMは4GB。Yoga Chromebook C630はRAMが8GB(DDR4)、ストレージが128GBです。ちゃんと住み分けができるようです。

価格もYoga Chromebook C630の$599により下になるでしょう。$400くらいになるのでしょうか。
追記:Lenovo C340-15は$429~となるようです。

Lenovo Chromebook C340-15 body

カラーバリエーションはMineral Greyのみ。少し気になるのがバックライトキーボードの有無。動画ではついている、とありますが、公式サイトによるアメリカ版にはバックライトなしと記載が。フランス版などではバックライトキーボードがついているようですが・・・ここについては推移を見守りたい。


まとめ

Lenovo C330、S330の成功を足掛かりに、一気にラインアップを充実してきた印象のLenovo。このスピード感はすごいの一言。機を見るに敏、この辺りは、やはり海外メーカーという感じがします。

価格や発売日については、また分かり次第まとめたいと思います。これから9月新学期、11月のサンクスギビングから12月のクリスマスへと流れていくので、各社活発になりそうです。

(Visited 2,359 times, 2 visits today)