HP Chromebook x360 14cがセール中だったのでポチリました

ずっと狙っていたHP Chromebook x360 14c。14インチフリップタイプのハイエンドモデルです。米アマゾンを毎日チェックしていたのですが、昨日お値段が通常時$478のところが$451.89(+ $61.85)への若干の値下げを発見。たいした値下げではないですが、アメリカでは全体的にChromebookの供給が追いついていないこともあり、当分これ以上の値下げはないと判断。Chromebookは、待ってたら逆に値段が上がってっもうたがな、と行ったこともあるので、タイミングを逃さないことが重要です。


CPURAMストレージ
Core i3-10110U8GB(LPDDR4)64GB(eMMC)

米アマゾンの場合、配送オプションが3種類あります。普通の(3週間くらい)と速いの(10日くらい)ともっと速いの(3~5日)です。今回は入荷待ちなので到着は1月下旬になる予定。配送オプションは普通のと一番速いので¥500の違いしかなかったので一番速いのを選択。

スポンサーリンク

米アマゾン版とアマゾンジャパン版の違い

アマゾンジャパンにも同モデルが販売されていますが、アマゾンジャパン版はストレージが128GBで値段が¥69,500。一方米アマゾン版は、ストレージ64GB版と少し少ないですが、送料・デボジット合わせても¥53,000程度になります。また、デボジットの$36分は後日少し返金される可能性もあります。

個人的にChromebookのストレージは16GBでも困ったことはなく、32GBもあれば十分なので、ストレージの容量はどうでもよいとして、一番大きな違いがキーボード。アマゾンジャパン版は日本語キーボードを搭載しています。

このブログを始めた5年前から日本にもChromebookを、密かに願いつづけて昨年辺りから本格的に流通し始めたわけですが、日本語キーボード版で普及することになるとは全く想定外。まあそれもそのはず、なにせ2年前くらいには、そもそも日本語キーボード搭載のChromebookなどそもそも存在せず。

無論、日本でも英字キーボード版が用意されているモデルも販売されていますが、モデルはかなり限定的で、英字キーボード版を出すか出さないかはメーカーの胸先三寸。英字キーボードである点は個人的に譲れないポイントなので、米アマゾンにて購入する運びへ。なぜ英字キーボードにこだわるのかは別の機会に書いてみようと思います。

11.6インチモデルなら絶対に英字キーボードがおすすめですが、14インチモデルに限れば個人の好みなので、どちらを選んでもいいと思います。ただ、日本語キーボード版は実際に使用したことがないのでなんとも言えません。

まとめ

到着を楽しみに待ちたいと思います。

HP Chromebook x360 14c 新ロゴがカッコいいプレミアムモデル

現在過去記事を全体的にリライト中です。よければ過去記事もご覧ください。目次 | Chrome通信