【2020年上半期】 販売中&販売予定のChromebookをメーカーごとにまとめ

2020-07-14

2020年も半年が過ぎてどうのこうのという前置きは抜きにして、2020年に入ってから新しいChromebookが多数出てきたのでメーカーごとにまとめたい。

HP 日本向けモデルが充実

今最も日本の消費者市場向けに力が入っているメーカーのHP。今までも複数のモデルが展開されていましたが、このところさらに充実しています。

HP Chromebook 14a 青い天板が特徴的なクラムシェル

アマゾンジャパン限定のHP Chromebook 14a


HP Chromebook 14 日本語キーボード
CPURAMストレージ
Celeron N40004GB(LPDDR4)64GB(eMMC)

Amazonでチェック

最近のChromebookのトレンドを抑えつつ価格が¥39,800と高いコストパフォーマンスを持つモデルです。また、この価格ながら14インチのフルHDディスプレイとバックライトキーボードを搭載。スタンダードとして考えてよいモデルです。

HP Chromebook x360 14c

先日まとめた新しいロゴのHP Chromebook x360 14c。名前通り画面が360度回転するモデルです。ついに米アマゾンで販売を開始しました。

CPURAMストレージ
Core i3-10110U8GB(LPDDR4)64GB(eMMC)

Amazonでチェック

重量が約1.67kgと若干重い分、バッテリー持続時間が14時間とかなり長めです。パワフルなホームユースとしてなら最適となり得る一台だと思います。


Lenovo

Lenovo Chromebook C330やLenovo Ideapad Duet Chromebookといった大ヒットモデルの他、多数の人気モデルを販売しているLenovo。そんなLenovoのChromebookは魅力あるモデルが目白押しです。

Lenovo Ideapad Duet Chromebook

もはや説明不要といった感じですが、10.1インチ(解像度1920x1200)のディスプレイと着脱可能なキーボード、キックスタンド付きカバーのセットで¥39,800で販売中のモデル。

created by Rinker
Lenovo
【Amazon】クーポン適応で¥8,520OFF

入手困難な状況が続いていましたが、現在アマゾンジャパンで購入可能です。

もっと詳しく

※現在国内Amazon.co.jp、ビックカメラなど共に品切れ。米アマゾンでは僅少ですが、まだ在庫があります。

Lenovo Chromebook Flex 5

13.3インチのフルHDディスプレイ(1920x1080)を備えたコンバーティブルタイプ。第10世代Core i3を搭載しつつも価格が$409と、非常にコスパの高いモデルです。

CPURAMストレージ
Core i3-10110U4GB(LPDDR4)64GB(eMMC)

Amazonでチェック



$400ながらバックライトキーボード付き。Wifi 6にBluetooth 5.0とネットワーク周りは最新です。

Lenovo IdeaPad Slim350i Chromebook

ディスプレイサイズ11.6インチ(1366×768)でCeleron N4020搭載のクラムシェルタイプという、ある意味最もChromebookらしいモデル。11.6インチ型クラムシェルの新たなスタンダードです。


CPURAMストレージ
Celeron N40204GB(LPDDR4)32GB(eMMC)

Amazonでチェック


スペックは最小構成という感じですが、その分値段は安く、アマゾンジャパンで¥33,000にて販売中。低価格であることを感じさせない見た目に仕上がっていて好印象です。また、USB Type-CとUSB Type-Aポートをそれぞれ2つ搭載。拡張性は十分です。


Acer

とにかくモデル数の多いAcerですが、今年に入ってから販売開始したものは意外と少なめ。この辺りはコロナの影響を受けているのかもしれません。

Acer Chromebook Spin 713

13.5インチ 2K(解像度2256 x 1504)のIPSディスプレイを搭載したフリップタイプのChromebook。ディスプレイのアスペクト比は3:2で縦長。今月発売予定のプレミアムモデル。


CPURAMストレージ
Core i3-10110U8GB(LPDDR4 SDRAM)128GB(eMMC)

Amazonでチェック

厚み16.8mm・重量は1.37kgでスタイリッシュな外見をしているのですが米国国防総省が制定したMIL-STD 810G規格に準拠。見た目とは裏腹なタフなモデルに仕上がっています。

Wifi規格が次世代のWiFi 6に対応。Bluetoothも5.0。Android、Linuxアプリも動きます。USIスタイラスペン対応。あとは価格次第ですが、Core i5/RAM 8GB/ストレージ 128GB NVMeという構成で$629から。こちらは今月中に発売予定です。

まとめ

今年販売を開始したもの、近日販売予定のものは大体こんな感じです。コロナの影響もあってかASUS、Dellなどはあまり新モデルに関する動きがありません。事態を注視したい。

関連記事

  • この記事を書いた人

ともぞう

つくば在住のアラフォー会社員。ほかに『初心者による初心者の為のウイスキーの話など。』や『OLD ROOKIE』を書いてます。

-Chromebook, モデルまとめ, 選び方