Steam PlayのWindowsゲームがLinuxに対応し、Chromebookでのゲームに光明が

2018-08-30 | By ともぞう
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly

ゲーマーの方おなじみ、PCゲームの販売プラットフォーム大手のSteam。人気のPUBGなどもここで買うことが出来ます。今まではゲーミング=Windowsが必要というのが常識でしたが、この度、Windowsのみに対応している数々のゲームがLinuxでも遊べるようになるとのことです
(現段階ではベータ)。

Introducing a new version of Steam Play

スポンサーリンク

現時点で対応したゲーム

上のサイトにあるとおり、現段階でLinuxに対応しているゲームは

Beat Saber
Bejeweled 2 Deluxe
Doki Doki Literature Club!
DOOM
DOOM II: Hell on Earth
DOOM VFR
Fallout Shelter
FATE
FINAL FANTASY VI
Geometry Dash
Google Earth VR
Into The Breach
Magic: The Gathering – Duels of the Planeswalkers 2012
Magic: The Gathering – Duels of the Planeswalkers 2013
Mount & Blade
Mount & Blade: With Fire & Sword
NieR: Automata
PAYDAY: The Heist
QUAKE
S.T.A.L.K.E.R.: Shadow of Chernobyl
Star Wars: Battlefront 2
Tekken 7
The Last Remnant
Tropico 4
Ultimate Doom
Warhammer® 40,000: Dawn of War® – Dark Crusade
Warhammer® 40,000: Dawn of War® – Soulstorm

など。ファイナルファンタジーVIやニーアオートマタ、鉄拳、ラストレムナントといった人気タイトルも。ただ、私が確認した限りでは、いわゆる「おま国」問題のせいで、プレイできないものもあります。また、このリストに対応していないゲームも試してみることは可能とのことですが、実際に出来るかどうかはタイトル次第で、やってみないと分からないそうです。

LinuxからWindowsを動かすWineをさらに進化させたProtonと呼ばれる技術で可能になっているとのこと。なぜわざわざこんなことをするかと言えば、ほとんどのゲーム開発者はWindowsでのプレイを想定しているため、LinuxやMacには基本対応しないようです。

CroutonやCrostiniでLinuxが動かせる人やLinux使いの方は試してみるのも一興。やり方は下記リンクを参照されたし。

Steam Client Beta 手順

なお、Macについては今後もサポートの予定はないとのことです。

Chromebookでのゲームの可能性

ChromebookでのLinuxは現時点ではまだベータですが、これでSteamゲームがChromebookでプレイ可能になる見通しが立ちました。実際にPixelbookで試してみた人もいるようです。ただ、ゲームはグラフィックボードがないとキツイので、最新のコアを積んだマシンでも、快適にプレイできるかどうかは別問題です。

そこで、AMDを積んだChromebook待望論が再燃。AMD製Chromebookはかなり前に噂になったことがあるのですが、結局発売されることはなく、開発も放棄・・・かと思いきや、まだこのAMD製Chromebookのプロジェクトが生きているとの情報も。さほど劇的に変わるとは思わないですが、やはりグラフィック性能の面ではAMD製CPU(APU)に一朝の長があると思います。Ryzen2なども順調のようですし、仮に出ればAMDがさらに盛り上がると思うのですが。

いづれにせよ、ハード面での課題はまだあるものの、ソフト面での課題は解消しつつあるChromebookでのゲーミング。行きつくところまでいった感のあるChromebookのハード面で、グラフィック性能はまだ手付かずの分野でもあり、Chromebookにグラフィック性能なんている?という悩ましいところでもあります。

ただ、初期のChromebookでは全く不要と思われていた、ハイスペックCPUを搭載したマシンが次々と市場へ投入され、その結果価格が高くなっても人気を博しているChromebookの役割が、だんだんと変化しているということなのかも知れません。高いお金を出すならWindowsなりMacなり買えるじゃん、という方がほとんどで、同じ値段のChromebookを買うという行為は、Chromebookを使ったことのない人には理解不能だと思います。でもやっぱりハイスペックChromebookが欲しくなるのが不思議なところです。安くてこの性能なら、高いものはどうなってしまうんや、という興味が尽きません。

グラフィック性能については実際に手が加えられるか分からず、仮になってもいつになるか分かりませんが、推移を見守りたい。

(Visited 286 times, 5 visits today)
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly

スポンサーリンク