Googleの新ゲームストリーミング・プラットフォーム「Stadia」はChromebookでも利用可能

2019-03-20

Googleのゲームストリーミング・プラットフォーム「Stadia」がGDC(Game Developers Conference)2019のGoogle基調講演にて発表されました。Chromebookにも関連する話なので記しておきます。

Stadiaとは

ゲームストリーミングプラットフォーム「Stadia」はPSやXboxといったゲーム用ハードウェアを必要としないゲームサービス。ざっくり仕組みを説明すると今までPSやXboxで動かしていたゲームをサーバー側で動かし、ユーザーがコントローラーやキーボードで操作情報をサーバーに送ると処理されたもの返ってくるというもの。

今のところ、Nvidiaがゲームストリーミングサービスを提供しているのですが、こちらはゲーム用ハードウェアが必要なことに対し、今回Googleが発表したStadiaはゲーム用ハードウェアが不要な点が大きな特徴となっています。

マウスやキーボード、既存のコントローラーでも遊戯可能ですが専用のコントローラー(STADIAコントローラー)も発売するようです。

stadia

Stadia 特徴

ハードなしで出来るゲームというとスマホゲームのようなものを想像しがちですが、今回のStadiaはトリプルAタイトルが普通に遊べるとのこと。基調講演では『アサシンクリード』のデモ画面が発表されたようです。

また、ハードを選ばずあらゆるプラットフォームで4Kゲームが60fpsで楽しめるようになるとのことです。将来は8Kで120fpsも想定しているとのこと。これはやばい。私の12万で買ったデスクトップPCでもこの性能は出せません。ゲームで提供されるインスタンス(ゲームをするときに割り当てられる処理能力の単位)はXbox360やPS4をしのぎ、例えば1000人のバトルロイヤルなども可能性があるとのことです。今のことろ2019年に北米や英国、欧州でサービスを開始する予定で日本での発売時期や料金は未定。

ChromebookとStadia

「Stadia」はChromeブラウザやChromeキャストでも利用可能ということでChromebookにも対応しています。クライアント側にほとんどパワーが必要ないためエントリーレベルでのChromebookでも問題なさそうです。

参考:[GDC 2019]Google,ゲームストリーミングプラットフォーム「Stadia」を発表

それにしても今回の「Stadia」、突如降ってわいたような話ですが何年も前から進められていた企画のように感じます。PCの処理能力をローカルのCPUに依存するのではなくサーバー側に代行させるというPC究極の進化の姿を体現しているChromebookはストリーミング・サービスとの相性が抜群です。時間がかかったのは技術的な問題というより、ゲームソフト各社との調整に時間がかかったのかなという気がします。「Stadia」への参加はマイクロソフトの逆鱗に触れること間違いなしと思われるからです。ゲーム会社とマイクロソフトのパワーバランスがどうなっているのか分かりませんが、まずデモとして出てきたのが『アサシンクリード』というのは如何にも挑戦的なUBIソフトらしい。

まとめ

今後のゲーム情勢を一気に塗り替えてしまいかねない「Stadia」。まともに影響を受けるのは、ソニー、ゲーミングPC業界各社とマイクロソフト。特にマイクロソフト『Windows』はゲーミング分野において独壇場かつ大きな存在意義だったのですが、Stadiaの登場で、その優位性が大きく揺らぐと思います。

なにせゲーミングとなると、現状では高性能(=高価格)のグラフィックカードを積んだWindowsのデスクトップPCをプレイするのがデフォルトで、Mac、Chromebookにおける高画質ゲーミングは不可能だったのですが、Stadiaが実現するとこれを克服。Chromebookで高性能ゲーミングが出来るとなると、ますますChromebookの販売にも寄与しそうです。日本におけるChromebookの認知度向上の起爆剤としても期待したいところ。

後は価格のみが問題。推移を注視したい。

PR

関連記事

  • この記事を書いた人

ともぞう

つくば在住のアラフォー会社員。ほかに『初心者による初心者の為のウイスキーの話など。』や『OLD ROOKIE』を書いてます。

-Google発表会, アプリ・拡張機能, ニュース