【噂】AirDropのような新機能Nearby ShareがChrome OSでもサポートされる

2020-06-23

Macを見ていて唯一いいなと思うのがAirDrop。近くにあるデバイスとファイルを共有できる機能です。現在iPhoneとWindows、Chromebookを使用していますが、スマホで撮った写真はAirMoreというサービスを使っていますがやはりひと手間かかります。

※後にNearby Shareという機能がChromebookに実装されました。使い方については以下の記事をご参考にしてください。

GoogleがNearby Shareを開発中

そんな折、Googleが独自のファイル共有サービスNearby Shareを開発中であり、今後Google appsとしてAndroidを搭載するほとんどのスマホで動作するようになるとの情報が入ってきました。海外メディアxda developersが報じています。

すでにAndroid 11のベータ版では動作が確認済みのようです。

現時点でChrome OSについての言及はありませんが、AndroidアプリならChrome OSでも使える可能性は大。Canary Channelではすでにフラッグが存在しているようです。そのうちStableチャネルに降りてくるでしょう。

さらに、海外メディアサイトのChrome Uboxedでは、Nearby ShareがChrome OSだけでなく、Chromeブラウザに搭載されるとのこと。

つまり、Linux、macOS、Windowsとアンドロイド間でのファイル共有が可能になるとのことです。OSを選ばない点が素晴らしい。

いずれにせよ、Windows、Chromebookを使用している私としてはNearby Shareはまさに渇望していた機能。無事に搭載され、動作するようになることを願いつつ推移を見守りたい。

※アップしてから気づきましたがiPhoneを使用している私には関係なかったようだ。という訳でAndroidへの乗り換えを決意。

その後正式に実装されました。詳しくは下記記事をご覧ください。

関連記事

PR

関連記事

  • この記事を書いた人

ともぞう

つくば在住のアラフォー会社員。ほかに『初心者による初心者の為のウイスキーの話など。』や『OLD ROOKIE』を書いてます。

-Chrome OS, Chrome OS 機能, アプリ・拡張機能