Chromebookを取り巻く最近の噂まとめ

2017-07-07

最近のニュースシリーズです。

新しいフラッグシップモデルか?「Eve」

最近にわかに騒がれているのがコードネーム「Eve」のモデル。昨年10月からGoogleが開発してきたChromebookですが近ごろになって情報が増えてきました。

そして、このEveに「グーグル・アシスタント」を呼び出すための物理キーが搭載されるとの情報が。

グーグル・アシスタントはiPhoneでいうSiriみたいなものと思われがちですが、Siriがスマホの操作を音声で出来るようにするものというイメージに対して、グーグル・アシスタントはI/Oのデモを見る限り音声操作は勿論メールやチャットの内容を解析してスッと提案(レストランの予約など)をしてくれたりメールの返信文章を考えてくれたりとよりパーソナルな部分をカバーしているイメージです(あくまで個人的見解です)。

グーグル・アシスタントの紹介

「グーグル・アシスタント」が搭載されるというのはあくまで噂の域を出ないのですが、グーグルは将来的にすべてのハード・ソフトでAIを活用すると公言しているので、アシスタント・ボタンの搭載は既定路線ともいえる流れで信憑性は高いと思われます。

また「OKグーグル」を使った検索機能はChromebookでも使えますがGoogleの音声認識精度はアップルのSiriに比べて圧倒的に高い印象があるので期待したいところ。

スペック情報ちらほら。今のところ出てきている情報は解像度2,400 x 1,600、アスペクト比3:2、Kaby LakeのCPU、バックライトキーボード、スタイラスペンといったところですが、指紋認証センサーが搭載されるのではないかという情報もあります。発売日やメーカーはまだ不明です。まああくまで現時点では噂の域を出ないので、ここについてはしばらく推移を見守りたい。

PR

関連記事

  • この記事を書いた人

ともぞう

つくば在住のアラフォー会社員。ほかに『初心者による初心者の為のウイスキーの話など。』や『OLD ROOKIE』を書いてます。

-ニュース