耐久性に優れたフリップタイプのChromebookを調査|Chrome通信 Chromebookに関する最新情報を提供します

耐久性に優れたフリップタイプのChromebookを調査

2019-04-19 | By ともぞう
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly

妻の使っていたASUS Chromebook C100PAが、物理的に故障。度重なる落下によく耐えた方だと思いますが、ついに故障。ディスプレイと天板をつなぐヒンジ部分が割れた(分解して発覚)せいで、ディスプレイが外れ、修理を試みているところでガラスが割れました。使えなくはないのですが、時折ディスプレイ表示がおかしくなったりということで、外部ディスプレイ出力専用Chrome Box的な使い方をしていこうと思っています。

前置きが長くなりましたが、今度は耐久性に優れたChromebookにしようと決意。妻はアンドロイドアプリ(主にゲーム)をよく使うので、タッチ対応のフリップモデルがマスト。ということで、耐久性に優れた、フリップタイプのChromebookを調査することにしました。

スポンサーリンク

ASUS Chromebook Flip C213SA-YS02

ASUS Chromebook Flip C213SA-YS02

一台目の適格機はASUSのASUS Chromebook Flip C213SA-YS02。

  • 11.6インチのタッチ対応ディスプレイ(解像度1366×768)
  • Celeron N3350(PassMarkベンチマーク:1,106)
  • RAM 4GB(DDR4)
  • ストレージ32GB
  • 重量:約1.22kg
  • バッテリー持続時間:12時間
  • 参考価格$328~

アメリカ国防総省制定MIL規格(MIL-STD-810G)に準拠したテストをクリアしたモデルで、PCに無頓着な妻の乱暴な使い方にも十分耐えうるモデルです。

アメリカ国防総省制定MIL規格(MIL-STD-810G)ですが、耐衝撃性・耐落下性、防水、耐振動だけでなく、過酷な気候での使用や急激な温度変化、一定時間の太陽光照射耐性、湿度耐性など、軍での使用を想定したもので、まず通常の使い方では壊れないと言われているものです。これで壊れたら諦めもつくというものです。

先のASUS Chromebook C100PAはストレージが16GBで、ストレージがアプリでパンパンになっていましたが、32GBあれば余裕がありそうです。

厚さ約20mm、重さ1.22kgと、ヘビーディーモデルとしては軽い部類。他のモデルは1.5㎏が標準というイメージです。このカテゴリーではベストモデルと言えそうです。お値段は$328~

【追記】ASUS Chromebook Flip C214MA

ASUS Chromebook Flip C214MA

現在、後継機版のASUS Chromebook Flip C214MAが販売中なので、こちらがおすすめ。お値段は大体同じですが、CPUがN4000にパワーアップ。見た目も洗練され、重量も約1.17kgと軽量化されています。同じモデルが2つ販売されていますが、違いはスタイラスペンの有無。スタイラスペンなしのモデルは$349。スタイラスペン付きは$50ほど上乗せされます。

スタイラスペン無しのモデル

スタイラスペンありのモデル。

Lenovo 300e

続いて、LenovoのEducationモデル。

lenovo 300e

  • 11.6インチのタッチ対応ディスプレイ(解像度1366×768)
  • プロセッサ:MediaTek 8173C
  • RAM 4GB(DDR3)
  • ストレージ32GB
  • 重量:約1.35kg
  • バッテリー持続時間:10時間
  • 参考価格$294~

こちらのモデルも、MIL-STD-810Gに準拠。CPUがMediaTek 8173Cとやや時代遅れの産物ですが、調べたところ、そんなに悪くない。妻のライトな事務作業&アンドロイドアプリ程度なら問題はなさそうです。

厚さは約20mmとASUS Chromebook Flip C213SA-YS02並み。それ以外のスペックは下位互換といったところですが、お値段が$294~と、やや下がり目。

Dell Chromebook 11 3189 T8TJG

最後はDell。

Dell Chromebook 11 3189 T8TJG

こちらはMIL-STD-810Gに関しての言及がないのですが、耐落下性、防滴仕様などを謳っているので問題はなさそうです。Dellは特に頑丈というイメージがあります。スペックは

  • 11.6インチのタッチ対応ディスプレイ(解像度1366×768)
  • Celeron N3060(PassMarkベンチマーク:991)
  • RAM 4GB(DDR3)
  • ストレージ64GB
  • 重量:約1.32kg
  • バッテリー持続時間:10時間
  • 参考価格$376~

ストレージが64GBですが、値段は高めです。

Certified Refurbishなら$260程度。

参考:認定改装品 (Certified Refurbished) という選択肢 | Chrome通信

参考:Acer Chromebook Spin 11

こちらのモデルに関しては、消費者向けモデルと、教育市場向けモデルが存在。Celeron N3350、RAM 4GB(DDR4)、ストレージが32GBで、IPSディスプレイかつスタイラスペン付属という好モデルなのですが、防滴仕様ではあるものの、耐落下性が保証されていないので、今回は除外。日本アマゾンなら教育市場向けモデルが販売されています。

まとめ

今までスルーしてきた教育市場向けモデルですが、改めて調べると、耐久性のあるモデルはそれなりに存在するものの、耐久性のあるフリップタイプとなると、選択肢が限られてきます。フリップタイプは正直エンターテインメント用なので、予算が重要な教育現場には、求められていないということでしょう。小学生でも普通にクラムシェルPCを使いこなすアメリカ教育現場では、タブレットモードは不要。

話がそれましたが、調べた結果はどれも似たり寄ったりのスペックで、後は予算と好み次第。全体的に、特にCPUのスペックは低めですが、私が愛用していたCB-111(CPU N2840、PassMark:1,004、RAM 2GB)でも、特に不満を感じたことがないので、普通の使い方をするなら問題ないと思います。タブを10個以上開きつつデュアル・ディスプレイでAmazonビデオやNetflixの動画を見る、といった使い方にすると、ちょっと荷が重いかもしれない、というレベル。出来ると思いますが。推移を見守りつつ、Certified Refurbishの出品を狙っていこうと思います。

(Visited 360 times, 1 visits today)

このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly