11.6インチ Chromebook機種紹介 Dell コンバーチブル タフネスモデル 実機レビュー

認定改装品 「Dell 3189 Convertible Chromebook」 実機レビュー

2019年5月22日

Dell Chromebook 11 3189 T8TJG

米Amazonで「Dell 3189 Convertible Chromebook」を購入しました。フリップタイプの高耐久モデルです。

Dell 3189 Convertible Chromebook

今回は検証を兼ねて「Certified Refurbished(=認定改装品)」を選択。認定改装品は実際どうなのかという点も含めレビューしたいと思います。

Dell 3189 Convertible Chromebook 外観と印象

天板はグレイ、その他はブラックとなっており、ややポップながら落ち着いた印象のモデルとなっています。素材はプラスチック。

Dell 3189 Convertible Chromebook open

高耐久モデルなのでゴツいと予想していましたが、思ったよりも普通。同じ11.6インチのAcer CB3-111と並べたところ大体同じサイズでした。厚さはほんの僅かではありますが、Dell 3189の方が分厚いです。

見た目とは裏腹に持ったとき、Dell 3189はずっしりとした重厚な印象です。重さは1.47kg。特段バッテリーが大きいわけでもないので耐久性のために重量がかさんでいる感じです。

天板、本体の淵はラバー素材となっており、耐衝撃仕様であることが伺えます。パームレストの部分はしっかりとしたマットブラックで、キーボードの印字が映えます。プラスティックの素材は若干ザラザラした触覚です。

Dell 3189 Convertible Chromebook 動作・使用感

Dell 3189 Convertible ChromebookにはCeleron N3060という2016年初頭にリリースされた型落ちのCPUが載せてあるのですが、体感レベルでは動作が速い。キビキビとしたレスポンスです。

オクタンスコア自体は8,000弱と、型落ちAcer CB3-111とさほど変わらないのですが、動作は体感で明らかに速いです。メモリは4GBで不足を感じたことはないので問題ないでしょう。ストレージ32GBはアプリゲーマーの妻に喜んでもらいたいところ。

ただ、タブを8個くらい開いた当たりで、パフォーマンスが低下するとの情報もあります。2コア2スレッドのCPUなので仕方ないのですが、そもそもこのモデルの用途を考えると実に合理的な選択と言えます。

というのもこの類のモデルは据え置きメインでじっくり使うというものではありません。据え置きメインとして使うなら他に選択肢はいくらでもあります。

本モデルのような高耐久モデルは「さっと気軽に持ち運んで使いたい」という方のためのモデルであり、11.6インチモデルということもあって、マルチタスクは重視していないモデルです。

マルチタスクでの快適性は捨ててシングルタスクをこなすなら十分である安いCeleronを採用するという割り切ったモデルです。

ただマルチタスクは全く無理という訳でもありません。手元で何かしながら外部ディスプレイでアマゾンビデオ見るといったぐらいの作業なら問題ないと思います。

キーボードですが、Acer CB3-111と比較して若干広くなっています。

キー自体のサイズは同じなのですが、キーの間隔がAcer CB3-111の3mmに対して、Dell 3189は3.3mm程度と僅かに広くなっています。

一方、タイプ感はあまりよくありません。ペチペチとしていてクリック感が無くAcer CB3-111と同等レベル。この点はASUS Chromebook C100PAの方が良かったと思います。タッチパッドは感度が良く、3本指での操作もしっかりと機敏に反応します。あとスピーカーの質が思いのほか良いです。

ポート類は左側面奥から充電(ACアダプター)ポート、microSDカードスロット、フルサイズのHDMIポート、USB-Aが2つ。右側面にはセキュリティポート、ボリュームボタンと電源ボタン。USB Type-Cポートはありませんでした。惜しい点としては電源がUSB Type-Cポートではなく、独自仕様。ここは何とかして欲しかったところ。

認定改装品という選択肢について

今回は自身初となる認定改装品の注文でしたが、これは箱の破損や初期不良、展示品、客の都合で返品されたものなどをメーカーが回収し、点検、修理、洗浄を行った後に改めて市場に出回るものです。当然、一度開封されたものを、改めて梱包するため、値段は安くなります。車でいう新古車のようなものでしょうか。

このような制度が誕生した経緯についての私の私見ですが、アメリカは返品に対して非常に寛容で、しばらく使った後だろうが、服のタグを切った後だろうが、レシートさえあれば(場合によってはレシートを紛失していても)返金に応じてくれます。理由を聞かれたら「思ってた感じと違った」などと言えばOK。アメリカ人にとって、返品というのは消費者にとって当然の権利。なので、返品される商品が結構あると予想されます。

さて今回届いたものですが、まず箱が、Dell純正のものではなく、無地の箱に商品型番などを示すラベルシールが貼ってあるというものでした。中身は本体、Dell純正の充電用アダプター、90日間の保証書の3点。

本体は天板のロゴ、ヒンジのところに保護シールがありました。本体の底に、僅かながらスレがありました。アダプターには結構なスレが見られたものの、キーボード部分、ディスプレイは新品同様でした。これなら充分であると判断。

バッテリーが気になるところなので、テストを実施。方法はブラウザを開いた状態で[Ctrl]+[Alt]+[T]同時押しでcroshを起動し、[battery_test]と入力。Battery Healthは94.78%、バッテリー持ちは計算したところ、約8時間をマーク。ここも問題ないと判断。一安心です。

認定改装品の是非

さて、認定改装品は「あり」か「なし」か、という点ですが、初めてChromebookを買う方は避けた方が良いです。

初めて新しいものを買うという体験はChromebookに限らずワクワクするものです。買うまでに情報をかき集めて悩みぬいた末に注文し、届くまで期待と不安が渦巻き、実際に届いたときの嬉しさは、存分に味わうべきもの。
私自身、初めてChromebookを買った時、それはそれは嬉しかったものです。購入初日に天板に小さなシミ(よく見ないとわからないレベル)をつけてしまったときは、本当に凹みました。一抹の後悔も残さないためにも、Certified Refurbishedは避けるべきだと思います。

ただし、2台め、3台めのChromebookとなれば話は別。

今回のモデルは5台目のChromebookとなりますがさすがに当初の感動は薄れてしまっています。今回は実用性のみを重視して選択をした結果です。妻に買ったものですが、2台めなので良しとしてもらう他ありません。少し目をつぶって$60を浮かせるかどうか、ここは個人の価値観次第です。

なお、今回は$190で購入。新品購入価格は現時点(2019.5)で$249程度でした。

余談 配送について

いつもは速く入手にしたくて一番高価な「プライオリティ・シッピング」を選んでいたのですが、今回は急ぎではなかったので一番安い「スタンダード・シッピング」を選択。5月17日に注文して配送は6月2-8日の間となっていたのですが、実際には5月20日の昼に届きました。速すぎぃ!今までプライオリティシッピングを使っていたのはなんやったんや・・・注文時のメールには27日到着予定とあったのですが。いつもこうだとは限らないのですが、念のため。

Dell 3189 Convertible Chromebook まとめ

おおむねイメージ通りのものが届いて満足です。特にディスプレイ、スピーカーは予想を上回るクオリティ。また今まではAcer、ASUSのものしか買ったことがないのですが、やはりDELLブランドは世代的にくすぐるものがあります。今後バッテリーの寿命なども含め静かに推移を見守りたい。

Chormebookおすすめ14選をチェック

【2022年最新版】Chromebook おすすめ14選

トップへ戻る

PR

関連記事

アマゾンでChromebookをチェック

-11.6インチ, Chromebook機種紹介, Dell, コンバーチブル, タフネスモデル, 実機レビュー
-