新・Chromebookの選び方とおすすめモデル 2020

新・Chromebookの選び方とおすすめモデル 2020

※前回書いた記事、Chromebookの選び方とおすすめモデル 2020ですが、調べているうちに魅力的なモデルが次々と見つかり、気づけば18モデルも紹介することになりました。そこで前回の記事は「Chromebooの選び方と米アマゾンで販売されているモデル 2020」と改め、今回はモデルを絞って書きたいと思います。もう「これがおすすめ」系記事はお腹いっぱいやねん、という方はスルーしてください。

昨年Chromebookの選び方とおすすめモデル 2019という記事を書きましたが、情報が古くなってきたので、改めて2020年版を書いてみます。

なお、下記モデルについては執筆当時日本直送であることを確認していますが、現在コロナの影響で品切れ続出&日本への発送が不可に。SpearnetやPlanet Expressなど、アメリカからの転送サービスは通常営業しているので、現在はこういったサービスを利用することになります。

スポンサーリンク

Lenovo Chromebook C330 フリップタイプならこれがお勧め

私がお勧め系記事を書くときに必ず名前を出すLenovo Chromebook C330

Lenovo Chromebook C330

ディスプレイサイズは11.6インチ(1366 X 768) でCPU Mediatech MT8173c/メモリ 4GB LPDDR3/ストレージ 32GB/64GB eMMCという構成。

ストレージは32GBと64GBモデルがありますが、価格差が僅か$6以下なので、買うならストレージ64GBモデル一択です。フリップタイプのChromebookが$240と、まず間違いのない選択となっています。

何度も言ってますが、米アマゾンにて売上No.1に輝いた大ヒットモデルです。実績は十分。間違いなく昨年一番売れたChromeobookだと思いますが、アマゾン・ジャパンにあるのは並行輸入品のみ。米アマゾンではレビュー件数1,900程で平均評価が4.4です。やはり$300以下でコンバーティブル、タッチ対応という点はインパクトが大きかった模様です。自動更新ポリシーは2025年6月まで。


なお、もう少し予算に余裕があれば上位互換のLenovo Chromebook C340もいいと思います。サンドピンク版は$319です。


堅牢なフリップタイプ Asus Chromebook Flip C214

アメリカ国防総省制定MIL規格(MIL-STD-810G)に準拠したテストをクリアした高い堅牢性を持つモデル。周囲を耐衝撃ゴムバンパーで保護して120cmからの落下耐性、30㎏の耐荷重性の他、ヒンジやポートの耐久テストなどをクリアしたものです。キーボードは防滴使用。何の気兼ねもなく使えるモデルです。

ASUS Chromebook Flip C214MA

ディスプレイは解像度1366 x 768の11.6インチですが、CPUにCeleron N4000を採用。RAM 4GB (LPDDR4)/ストレージ 32GB eMMCというモデルです。

フリップタイプでタッチ対応、さらに本体収納型スタイラスペンを備えます。重量は1.17kgと堅牢モデルにしては軽量の部類。

アマゾンジャパンにもASUS Chromebook Flip C214が販売されていますが、お値段¥68,539と高めです。ASUS Chromebook Flip C213はChromebook Flip C214の下位互換版で、CPUがCeleron N3350と古め。価格が若干安いですが(¥47,800)、今特に選ぶ理由はありません。


自動更新ポリシーは2026年6月まで。

14インチのプレミアムコンバーティブル、ASUS Chromeobook C434TA

14インチのコンバーティブル、ASUS Chromeobook C434TA。これも拙ブログお馴染みのモデルですが、やはり客観的にみて外せないモデルです。

ASUS Chromebook Flip C434

コンバーティブルタイプで解像度1920×1080、14インチの狭額縁ディスプレイを搭載。CPUにIntelR Core™ M3-8100Y、RAM 8GB LPDDR3、ストレージ 64GB eMMCと盤石のスペック。バックライトキーボードを搭載しています。

これよりも高スペックのモデルもありますが、ややオーバースペック。価格を考えると、この辺りがハイエンドモデルとしてはちょうど良い。これ以上のモデルは、どちらかというと好事家向けです(褒め言葉)。


RAMについてはRAM 4GBのモデルもあります。予算が潤沢であればコレでいいかと思います。間違いありません。自動更新ポリシーは2026年6月まで。

ASUS Chromebook 425

ASUS Chromeobook C434TAをクラムシェルタイプにした感じのASUS Chromebook 425。ヒンジがなくなっただけでなく、本体一部を合成樹脂にするなどしてコストダウンしたモデルです。

スペック的には申し分なく、価格も$370程度と控えめなのですが、難点は入手困難である点。米アマゾンの場合、再入荷してもすぐに売り切れてしまいます。

随時チェックし、再入荷の際にはTwitterなどで告知する予定ですので、気になる方はフォローお願いします(@tomozou3500


HP Chromebook x360

14インチフリップタイプであれば、こちらもおすすめ。

HP-Chromebook-x360-14-G1

スペックはASUS Chromeobook C434TAと似ており、14インチのフルHDディスプレイにCPU Intel Core i3-8130U/メモリ 8GB DDR4/ストレージ 64GB eMMCとハイスペックながらお値段$433程度と、今ならお買い得のモデルになっています。バックライトキーボードも搭載。

自動更新ポリシーは2026年6月まで。


フルサイズのお手頃Chromebook Acer Chromebook 315

低予算の15.6インチということであれば、お勧めしたいのがAcer Chromebook 315

15.6インチのフルHDディスプレイ(1920×1080)を備えつつ、価格が$210程度という非常に高いコストパフォーマンスを誇るモデルです。

CPUにAMD製のチップA4-9120Cを搭載*。メモリ 4GB/ストレージは32GBとこの辺りは標準的ですが、見た目がスタイリッシュです。自動更新ポリシーも2026年6月までと余裕があります。

*A4-9120CはPassMarkのベンチマーク1,949で、Intel Celeron 3865Uと同等程度。同じくエントリーモデルによく搭載されているCeleron N4000で1,429、Celeron N4100で2,268なので、この辺りのスペックとみて問題ないと思います。

なお、米アマゾンに下記リンクのものより$10高く、かつディスプレイ解像度が1366 x 768の者がまじっています。ご注意ください。



在庫残り3つ


*クリックで拡大表示

もう少し予算に予定があれば HP Chromebook

大画面が良い方で、もう少し予算がある場合におすすめなのがHP Chromebook。

お値段$360程になりますが、CPUにIntel Core i3-8130Uを採用し、ストレージ 128GB eMMCと余裕のある構成です。また、Chromeobookの中では数少ないテンキーを搭載したモデルでもあります。作業用として使うのであれば最適なモデルになっていると思います。

ディスプレイは15.6インチのフルHDディスプレイ(1920×1080)、RAMは4GB。スピーカーはHPのChromebook伝統のB&O製。バックライトキーボードを搭載しています。自動更新ポリシーは2025年6月まで。


*似たようなモデルAcer Chromebook 715もお勧めですが、手困難。再入荷したら告知します。

Lenovo Chromebook S340-15

やや人を選ぶカテゴリになりますが、15.6インチのフリップタイプとしておすすめなのがLenovo Chromebook S340-15

15.6インチのフルHDディスプレイでCPU Intel Core i3-8130U/メモリ 4GB DDR4/ストレージ 64GB SSDという構成。このカテゴリは他にもあるのですが、その中では最も新しく、値段も安めです。自動更新ポリシーは2025年6月まで。



在庫残り5つ

まとめ

中身は全部同じChrome OSなので、モデルによって出来ることと出来ないことがあるわけではありません。ある意味どれを選んでも正解です。ただ、上記挙げたモデルは人気機種で、在庫数がかなり少ないものもあります。これ以上の値下がりはほとんど期待できません。気になる方は思い切った方がよいと思います。

なお、本ブログではChromebookの使い方なども解説しています。もしChromebookを購入されたあかつきには、下記記事もご覧ください。

ここに挙げたモデル以外も知りたい、という方は下記記事をご覧ください。

(Visited 712 times, 2 visits today)