ChromeOS ChromeOS 機能

Chromebookのウィンドウにピンアイコンが追加され、前面固定表示が可能に

Google Meetウィンドウをピンした状態でGoogle Playストアを開いてクリックしたところ

まだ開発者モード限定ですが、Chromebookのウィンドウにピンアイコンが追加され、特定のウィンドウを前面固定表示できるようになりました。

設定手順と使い道などを紹介したいと思います。

Chromebookのウィンドウにピンアイコンが追加される
Chromebook ウィンドウの右上にピンアイコンが追加される

ピンアイコンの追加手順

この機能を使うには実験的機能「Float current active window」を有効化する必要があります。まずブラウザに「chrome://flags」と打ち込んで実験的機能の一覧を表示します。

上部の検索ウィンドウに「#cross-labs」と打ち込むと、目的の機能が表示されます。

Float current active window機能を有効化する
Float current active windowのところのDefaultをEnableへ変更する

ここでDefaultのところをクリックすると、プルダウンメニューでEnableが出てくるので、Enableへ変更して右下のRESTARTボタンをクリックします。

Float current active windowを有効化してリスタート
Enableへ変更してリスタート

これで設定は完了です。

実際に前面固定表示を使用した様子

前面固定表示機能を有効化したのち、Google Meetアプリを起動してピンアイコンをクリックしてGoogle Playストアアプリを開いてみました。

▼の状態でGoogle Playストアのウィンドウのをクリックしても、Google Meetの画面は背面に隠れず、前面に固定表示されます。

Google Meetウィンドウをピンした状態でGoogle Playストアを開いてクリックしたところ
Google Meetウィンドウをピンした状態でGoogle Playストアを開いてクリックしたところ

もう一度ピンアイコンをクリックすると元に戻ります。またこの状態でGoogle Playストアのピンアイコンをクリックすると、今度はGoogle Playストアが最前面に固定表示されます。

ただ、現在のところ、ピンアイコンをクリックしても表示が変わらず、固定表示されているかどうかイマイチ分かりづらい。正式リリースまでには改善されると思いたい。

ツイッターなどを固定で前面表示しておきたい、といったシチュエーションで役に立つかも知れません。

Chormebookおすすめ14選をチェック

【2022年最新版】Chromebook おすすめ14選

トップへ戻る

PR

関連記事

アマゾンでChromebookをチェック

-ChromeOS, ChromeOS 機能