Chromebookを子供向けに考えている方へ~子ども用Googleアカウントの作成方法と保護者による制限の設定方法を解説します

2020-06-17

※お子様用にChromebookをお考えの方向けの記事になります。

Chromebookはもともと小学校~高校くらいをメインターゲットに開発されたという経緯があるので、小学生でも使えるシンプルなUIとなっています。

Lenovo Ideapad Duet Chromebookを始め、子供が使用するPCとして好適なモデルも多く、お子様用にChromebookをお考えの方もいると思います。

ただ、よからぬサイトを見たりといった心配事もあると思いますので、今回は子供用Googleアカウントの作成方法から「保護者による制限」の設定項目などを取り上げてみたいと思います。

Chromebookは何齢から使えるか

Chromebookはログイン時にGoogleアカウントのパスワードを入力する必要がありますが、最近は数字6桁のPINコードによるログインが可能になりました。iPadなどで数字ロックの解除が出来るお子さんなら問題なくログイン可能です。ログインさえ出来れば、使い方は特に問題ありません。iPadとChrome OSではUIが違いますが、Chrome OSも直観的に使用可能だと思います。

参考記事

子供用のGoogleアカウントについて

子供用Googleアカウントの話ですが、「保護者による使用制限」を設定するには、大きく分けて2通りのやり方があります。

1つ目は子供専用のGoogleアカウントを作る方法、2つ目は家族用Googleアカウントなどを作成して、そのアカウントに保護者による使用制限を設ける方法です。

前者の方が制限が強いのですがYouTubeが使えず、YouTube Kidsになるという仕様になっています。後者の場合はその制限がありませんが、そのアカウントを使う人全員で履歴などが共有されます。

それぞれ見ていきます。

子供専用のGoogleアカウントを作る方法

Googleアカウントは13歳以下の場合、親の承認(親のGoogleアカウントの入力)が必要です。その他は特に大人の場合と変わりません。

Googleアカウントの作成方法ですが、新品のChromebookの場合は初期設定時に作成しても良いですし、一旦親のアカウントでログインした後、ユーザー(子供用アカウント)を追加してもよいです。ユーザーの追加方法は、ログイン画面の左下の[ユーザーの追加]アイコンをクリックします。↓の画像はログイン画面でディスプレイ左下を撮影したものですが、ここに「ユーザーを追加」とあります。

あとは子供の情報を入力しながら、手順に沿って進めていきます(この時点ではスクショがとれず画面が汚くスミマセン)。

※ 画像をクリックすると拡大表示されます。

家族用Googleアカウントを作成し、制限をかける方法

まずはログイン画面で[ユーザーの追加]をクリックし、手順に沿って家族用のGoogleアカウントを作成します。

保護者による使用制限の設定方法ですが、作った家族用アカウントでログインし、右下のタスクトレイから歯車アイコンを選択し、設定画面を出します。

ブラウザではなくステータス領域の設定を開きます。一見同じに見えますが、設定できる項目が違います。

左の[ユーザー]とあるところをクリックするかスクロールダウンして、「保護者による使用制限]の項目の設定ボタンをクリックします。↓

手順に従い設定していきます。以下、実際に設定できる項目をもう少し詳しく見ていきます。

次のページへ >

PR

関連記事

  • この記事を書いた人

ともぞう

つくば在住のアラフォー会社員。ほかに『初心者による初心者の為のウイスキーの話など。』や『OLD ROOKIE』を書いてます。

-使い方, 設定