Chromebook チップ集 ChromeOS 機能

タッチペンツールから任意のメモ帳アプリへ一発アクセス!

2021年11月15日

タッチペンツールから任意のメモ帳アプリへ一発アクセス

Chome OSの設定から有効化することで使用できるタッチペンツール。これを使うと任意の手書きアプリへアクセスすることができます。
ここではそんなタッチペンツールの使い方と設定を見ていきます。

Chromebookのタッチペンツールウィンドウ
右下のペンマークをクリックするとポップアップメニューが表示される

シェルフにタッチペンツールがない場合

タスクバーにタッチペンツールがシェルフにない場合は設定画面から有効化します。

手順は画面右下のタスクトレイ(時計が表示されているところ)をクリック>ウィンドウの歯車ボタンをクリックでChrome OSの設定画面が表示されます。

Chrome OSの設定を表示

ブラウザの右上の3点アイコンから入るとChromeブラウザの設定画面が表示されます。見た目はChrome OSの設定とほぼ同じですが別ものなので注意。

下にスクロールしていくと、デバイスのところに「タッチペン」とあるのでコレをクリック。

Chromebook タッチペン設定画面
左の列からデバイスを選択したのち、デバイス欄の「タッチペン」をクリック

「シェルフにタッチペンツールを表示」のスライドバーをクリックして有効化します。

Chromebookタッチペン設定でメモ用アプリを設定
メモ用アプリにKeepメモ(Google Keep)を設定したところ。ここはお好きなアプリで構いません。

任意のメモ用アプリを設定

上記画面では「メモ用アプリ」欄に「Keepメモ」と表示されていますが、最初はここが空欄になっています。その下の「他のタッチペンアプリを探す」のところをクリックするとGoogle Play Storeでメモ帳アプリを一覧で表示してくれるので、好きなアプリを探してインストール。するとメモ用アプリ欄のドロップダウンリストが更新され、ここから任意のメモ用アプリを設定することが可能です。

メモ用アプリを設定することのメリット

メモ用アプリを設定するメリットですが、こうすることでタッチペンツールから直接アプリを呼び出すことができるようになります。

下の画像は始めにお見せしたものですが、ここに「メモを作成」という項目があります。これをクリックすると設定したメモ用アプリが起動します。

Chromebookのタッチペンツールウィンドウ
再びタッチペンツール。「メモを作成」をクリック

GoogleのKeepをインストールしてみたところ、手書きモードでKeepが起動しました。

Chromebookのタッチペンツールでメモを作成をクリックしたところ
タッチペンツールでメモを作成をクリックしたところ

Androidアプリは最近サイズが調整できるようになったので、ウィンドウを画面いっぱいに広げることも可能です。
タッチペンツールには他にレザーポインター機能もあるので、プレゼンをするときなどは役に立ちそうです。

Chormebookおすすめ14選をチェック

【2022年最新版】Chromebook おすすめ14選

トップへ戻る

PR

関連記事

アマゾンでChromebookをチェック

-Chromebook チップ集, ChromeOS 機能