Chromebook トラブルシューティング

Chromebookで体験したトラブルの解決方法をまとめて記しておきます。特に日本語の設定でお困りの方は必見です。

設定画面について

現状、Chromeブラウザの設定とChrome OSの設定がふたつに分かれています。

ブラウザの右上の3点アイコンから入るとChromeブラウザの設定に、右下のステータストレイの歯車ボタンをクリックするとChrome OSの画面に入ります。

以下で説明する「設定」はすべて「Chrome OSの設定」を指します。

Chrome OSの設定画面の表示方法

右下のタスクトレイをクリック。下記画像の黄色い枠の設定アイコンをクリックすると設定画面が表示されます。

Chrome OSの設定を表示

フリーズしたときは再起動を試す

電源ボタンとリフレッシュボタン同時押しで強制的に再起動します。一瞬です。

一部の古いモデル以外では起こったことがないですが、フリーズやその他のトラブルは大体これで解決します。

日本語入力に関するトラブル

英字キーボード盤Chromebookの日本語にまつわるトラブルの対処法です。

テキストファイルの文字化け

ドロップボックスなどに入れたテキストファイルはそのまま開くとブラウザ上で表示されますが、初期設定のままだと文字化けすることがあります。

対処法は、まず設定メニューから「その他のツール」→「エンコード」。一番上に「自動検出」とありますので、ここをクリックすると、次回から自動検出して表示してくれます。

これでダメな時はエンコードの種類を手動で選ぶか、テキストアプリを使って開くことになりそうですが、まあ大丈夫でしょう。

日本語キーボードになっているのに半角英語になってしまう

右下のタスクトレイ>「Google日本語入力(USキーボード用)」をクリック。ここで「ひらがな」を選択すれば治ります。ちなみに言語の切り替えは「Shift+Alt」もしくは「Ctrl+スペースバー」で切り替えることが出来ます。

なお、詳しい日本語の設定は下記記事を参考に。

もっと詳しく

かな入力になってしまった

キーボードの設定から「入力方法を管理」>「Google日本語入力(USキーボード用)」の右のアイコンをクリックします。

Chromebook 言語と入力

ここで「かな入力」というメニューを探し、ここを「ローマ字入力」に変更します。

ひらがなが打てなくなった

右下のタスクトレイから「キーボード」というところをクリックします。

Chromebook タスクトレイ キーボード設定

日本語入力設定をした後は、ひらがな、全角カタカナなどの項目が追加されています。ここでひらがな以外になっている場合は「ひらがな」にします。

Caps Lockされてしまった

Caps Lock機能は[ALT]+[検索キー]でオン・オフを切り替えます。

矢印キーを押しっぱなしにしてもカーソルが一文字分しか動かないときの対処法

矢印キーを押しっぱなしにするとカーソルが連続して動きますが、矢印キーを押しっぱなしにしてもカーソルが一つ分しか動かない時がありました。そんなときの解決方法です。

Chrome OS設定を開き、左のメニューで[デバイス]を選択>[キーボード]欄右の矢印をクリックします。

Chromebookの設定画面 デバイス>キーボード

[自動リピートを有効にする]というスライドメニューをオンにして完了。

自動リピートを有効にする

[リピート回数]はどれくらいの速さでリピートするかということで、短くすると速く進むようになります。

ここで検索キーやALTキーなどに、任意のキーを割り当てることも可能です。

補足

初期設定のままではキーが若干ずれる場合は右下のメニューをクリックし、言語設定を以下のように設定すると上手く行きます。

input Japanese ASUS Flip

ChromebookでBluetooth オーディオ機器が接続できないとき

BluetoothスピーカーとBluetoothのイヤホンを持っているのですが、長らくイヤホンの方がどうしてもBluetooth接続できずにいました。原因は接続方法の手順にありました。メーカーはどちらもTaoTronicsです。

Bluetooth機器への接続方法

ChromebookでBluetooth機器に接続する手順は

  • Chromebook側でBluetoothをオンにする
  • Bluetooth機器でペアリングモードにする
  • Chromebook側でデバイスを追加する

ChromebookでBluetoothオンにする前にBluetooth機器でペアリングモードへの切り替えをすると接続できないことがあります。以下詳細です。

Chromebook側でBluetoothをオンにする

ChromebookでBluetoothを使うには右下のメニューで「Bluetooth オフ」と書いてあるところをクリックします。

すると下の画像のようなメニューが出てくるので、右下のアイコンをクリックするか一番上の「Bluetoothを有効にする」というところをクリックします。これでBluetoothが有効になります。

オフにするときはもう一度右下のアイコンをクリックします。

次にペアリングですが、上の画像のBluetoothアイコンの直下にあるプルダウンメニューをクリックすると設定画面が出てきます。

以前ペアリングしたものはクリックすればペアリングされます。初めてペアリングする際は対象機器をクリックして案内に従ってペアリングします。

注意ポイント

Bluetooth機器が使えない場合、スマホとBluetooth機器がペアリングされていないか確認してみて下さい。基本的にBluetooth機器は同時に2つのデバイスと同期はできません。

一部のキーボードショートカットが使えないとき

最近のChrome OSのアップデートと共に[検索キー]に[Google Assistantキー]が自動的に上書きされ、結果的に[検索キー]が絡むキーボードショートカット(検索キー+数字でファンクションキーなど)が使えなくなることがあります。[検索キー]に[検索]機能を割り当てると解決します。

手順は右下のタスクトレイを開き歯車アイコンをクリックし設定画面を表示。[キーボード]をクリック。

その後[検索]のところをクリックするとプルダウンメニューが出てくるので[検索]を選べばもとに戻ります。

トラブル解決の最終手段その① パワーワッシュ

何をやっても問題が解決しない場合の最もパワフルな対処法は「パワーワッシュ」。

これはChromebookを工場出荷時状態に初期化するというものす。「ファイル」に入れたファイルも含めてローカルに保存したデータは全て消えますので、残したいデータはあらかじめGoogle Driveか外付けメディア(USB、SDカード)などへ退避しておきます。

パワーワッシュは[設定]>[詳細設定]と進んで一番下にあります。

作業自体は5分とかかりません。

パワーワッシュ後は、セットアップ作業をやり直しますが(GoogleアカウントへのログインとWifi設定)、日本語入力方法やトラックパッドの挙動などの各種設定は、アカウントに紐付けられているので、自動で復元してくれます。

トラブル解決の最終手段その② Chrome OSを再インストール

Chrome OSの入ったUSBを別PCで用意して(正常なChormebookがあればそれで用意できます。念のため作成しておくのもひとつ)、そこからChrome OSをクリーンインストールする方法です。

ここまでやる必要はまずないと思いますが、そもそもChrome OSが立ち上がらない、などのエラーの際には試す価値があります。手順は下記公式サイトで確認されたし。
Chromebook を復元する - Chromebook ヘルプ

バッテリーの状態をテスト

通常のノート型PCと同じく、使い続けているとバッテリーは摩耗していきます。分解して交換という手もありますが、分解は自己責任になります。

バッテリーの状態をテストする方法があるので記します。まずブラウザを開いた状態で[Ctrl]+[Alt]+[T]同時押しでcroshを起動し、[battery_test]と入力。約5分ほどでテスト結果を示してくれます。ただ、あくまでも目安です。

メモ

PCやスマホはバッテリーがカラのまま長期間放置すると、バッテリが完全に死に、2度と充電できなくなることがあります。一台それでダメにしてしまいました。長期間使わないときはバッテリを50%くらいにした上で定期的に電源をつけると良いらしいです。

充電が出来なくなった

充電が出来なくなった、というのは経験上、ACアダプターに問題があるケースがあります。

また、ヤフーショッピングなどの怪しいストアから買ったACアダプターは使い物にならないケースもあります。一度ASUS Chromebook C100PAのアダプターのコネクタ部分を踏んで壊してしまい、ヤフーショッピングでACアダプターを買ったのですが、反応せず。返品して交換してもらってもダメで、結局返金してもらうことに。他のショップから買って事なきを得ました。

水に濡らしてしまった

水がこぼれた時は以下の手順を踏みます。

  1. 電源につないでいるときはプラグを外す
  2. 直ぐにChromebookを逆さまにして排水しながら[電源キー](フリップタイプはサイドにある[電源ボタン])を長押しして電源を切る
  3. 裏返して開いた状態でタオルの上に置き、そのまま2~3日放置

重要なのは「電源がつくかどうか試したくなる」衝動を抑え、内部が完全に乾くまで放置することです。

一度、その後、電源がつかなくなったときがあるのですが、分解して掃除したら治ったことがあります。とは言え、治ったのはたまたま。

とにかく水分がなくなるまで乾かすに限ります。

注意ポイント

大量に液体をこぼしてしまった時は、覚悟を決めて分解清掃するのも手。裏のネジを全て外して、つなぎ目にマイナスドライバーを突っ込んでこじると外れます。Chromebookはシンプルな構造なので、あまりハードルは高くありません。ただ、あくまでも自己責任で。また、こじったところは確実に小傷が付くので、本当に最終手段としたい。

まとめ

また何か変わった点があれば記事内容をアップデートします。

PR

PR

2019-05-05


コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。