初めてのChromebook~使い方と初期設定を解説します

Chromebookを初めて使う場合操作方法や設定で多少戸惑うこともあるかも知れませんのでChromebookの使い方を解説します。

この記事はこんな方におすすめです

  • はじめてChromebookを購入した方
  • Chromebookの購入を検討している方
  • Chromebookについて詳しく知りたい方

Chromebook 電源のオン・オフ

Chromebookは天板を開くと自動的に電源が入ります。開いたら数秒待ちましょう。

天板が開いている状態で電源を入れるにはキーボードの右上に配置されている電源キーを押します。

コンバーチブルタイプのChromebookは側面にある電源ボタンを押して電源を入れます。

起動しないときは充電プラグを挿してから再度試します。

電源を切るときはステータストレイ(ディスプレイ右下の時計などが表示されているところ)をクリックしてメニューを開き、電源のアイコンをクリックするか電源キー・電源ボタンを長押しします。

Chromebookタスクトレイ 電源アイコン

初めて電源を入れたときの初期設定

初めてChromebookを起動するとそのまま初期設定に入ります。必要なものは

  • Googleアカウント
  • Wi-Fiのパスワード

の2つ。

Googleアカウントはその場で作成することが出来るので、必ずしも事前に準備しておく必要はありませんが、どちらにせよ必要なので用意しておいた方がスムーズに行きます。また、インターネット環境がないとChromebookは本領を発揮できません。スマートフォンのテザリングやポケットWifiでも良いので、事前に用意しましょう。

Androidアプリを使用する

初期設定でAndroidアプリを使用するかどうかを選択します。Androidアプリを使いたい場合は有効化を選ぶと「Google Play Store」がインストールされます。インストール後はGoole Play StoreからAndroidアプリをインストールすると、ランチャーに追加されます。

ここでスキップして後から必要に応じて有効化することもできます。その場合は[設定]>[Androidアプリの有効化]と進み有効化します。

ログイン後

Chromeのアイコンをクリックすると普段使っている通りのChromeブラウザが起動します。ブックマークや拡張機能の同期は初回だけ少し時間がかかります。

Chromebookアプリを使う

Chromebookアプリの使い方ですが、デスクトップ左下の丸いアイコン(ランチャーボタン)をクリックします。
Chromebookのデスクトップ画面

すると下記のような画面になるので上向き矢印のアイコンをクリック。
Chromebook ランチャーボタンをクリックした後

アプリ一覧が表示されます。

左上のものがChromebook専用のウェブストア。ここから拡張機能やアプリをダウンロードします。
Chromebook ランチャー画面

LINEの拡張機能などもこのウェブストアからダウンロードします。

もっと詳しく

日本語入力の設定

別ページに移動しました。下記リンクをご参照ください(新しいタブが開きます)。

もっと詳しく

上部キーが特徴的なChromebookのキーボード

Chromebookはキーボードが独自仕様になっています。

HP Chromebook x360 14cのキーボード
Caps Lockキーの代わりに検索キーがあり、ランチャーが起動されるほか
Chromebook 検索キー

ランチャーとは

Chromebookにインストールされているアプリを一覧で表示する画面。

キーボード最上部にChromebook特有のキーが並び、Chromebookがブラウザに特化したものであることを実感します。

Chromebook 特徴的な上部キー

機能はそれぞれ以下の通りです。

  1. 戻る・進む
  2. リロード(再読み込み)
  3. 全画面表示(WindowsのF11に相当)
  4. 概要モード(すべてのウィンドウ表示)
  5. ディスプレイの輝度調整
  6. 音量の調整(ミュート、音量を下げる・音量を上げる)
  7. ロックキー

7番のロックキーですが、クラムシェルタイプのChromebookの場合は電源キーがついていて、押下するとロックやログアウトなど電源オプションが表示され、長押しすることで電源がオフになります。コンバーティブルタイプだと側面の電源ボタンが電源キーの代わりに付いています。

この上部キーはほかのキーと共に押下することで以下の通り追加の機能があります。

リロードキー+電源キー再起動 ※フリップタイプモデルでは[電源キー]ではなく側面にある[電源ボタン]と[リロードキー]を同時押し
Ctrl+全画面表示キーミラーモード⇔拡張ディスプレイの切り替え ※外部ディスプレイと接続時
Ctrl+ウィンドウ表示キースクリーンショット撮影
Ctrl+Shift+ウィンドウ表示キースクリーンショット撮影のダイアログ表示
Alt+輝度調整キーバックライトキーボードの輝度調整 ※バックライトキーボード搭載機種のみ

その他のChromebookキーボードの操作方法は以下の通りです。

  • [Alt]+[Backspace]で[Delete]
  • [検索キー]+[数字キー]でFunctionキー
  • [検索キー]+[Alt]でCaps Lock機能オンオフ
  • [検索キー]+[a]でGoogleアシスタント起動
  • [検索キー]+[v]でクリップボード履歴

FunctionキーはWindowsのFキーに相当し、例えば[検索キー]と[7]の同時押しでWindowsの「F7」(ひらがなをカタカナへ変換)のように動作します。

[検索キー]にはCtrlやBackspace、CapsLockなど他のキーを割り当てることが可能です。変更方法は下記記事を参照してください。

もっと詳しく

キーボードショートカットの調べ方

[Ctrl]+[Alt]+[?]を同時押しすると、Chromebookで使用可能なキーボードショートカットを調べることが出来ます。

Chromebookはキーボードに様々なショートカットが割り当てられているので一度確認しておくと良いと思います。

例えばChromebookのキーボードには[Home]キーがありませんが、[Ctrl]+[検索キー]+[<]で対応可能です。

タッチパッドの便利技

Chromebook キーボードとタッチパッド

Chromebookのタッチパッドは使いこなすと便利です。

  • 2本指で左右にスワイプすると(1ページ前に)戻る・進む
  • 2本指で上下に動かすとスクロール
  • 3本指での操作はホイールクリックに対応しており、3本指をタッチパッド上で左右にスライドさせることでタブの切り替え
  • 4本指で上にスワイプするとタスクビューに相当で、開いているウィンドウ・アプリを一覧表示。バーチャルデスクを使用しているときは、ここでデスクトップを増やすことができる

ブックマークのフォルダを3本指タップで、フォルダ内のページを全て開くことができます。

Chrome OSのタッチパッド設定項目は[カーソル速度の変更][タップによるクリックの許可(デフォルトでは有効になってます)]、及び[逆スクロール]。

逆スクロールを設定するとタッチパッドを2本指で上になぞったときにページが下にスクロールします。

海外ではこちらが主流なのでこの設定はネイティブと呼ばれます。

スリープ機能


Chromebookは天板を閉じると自動的にスリープし、開くと解除されます。一瞬で復旧するので本当にスリープしてたのかな、と思うほど。使わないときはスリープモードにすることでバッテリーをかなり温存することが可能です。

[画面を閉じたときに電源を切る]、[画面を閉じたときに何もしない]などと設定することも可能です。

またスリープ時にWifiを繋げたままにしておくか一旦切るかも設定可能。繋げたままにしておくと天板を上げてスリープ状態から復帰後即作業に戻ることができますがその分バッテリーの消費が少し増えるかもしれません。

一旦切る設定の場合はスリープからの復帰後、Wifiに再接続するのに3秒ほどかかります。

周辺機器について

かなり古いものから新しいものまで有線のマウス・キーボード、Bluetoothのマウス・キーボード、外付けHDD、USBメモリやSDカードなどUSB機器は問題なく使えます。

Mac用のキーボード、BluetoothのMac用マジックパッドも問題なく動作しました。

ただし5ボタンマウスなどでも通常の3ボタンマウスと同様の使い方しか出来ません。

Bluetooth機器とのペアリング

ChromebookはもれなくBluetoothに対応しています。

ペアリングはステータストレイ(右下の時計が表示されている部分)をクリックするとBluetoothのアイコンがあるのでここで設定します。

もっと詳しく

まずChromebook側でBluetoothをオンにしてから子機でペアリングをします。

Bluetooth機器が使えない場合

スマホとBluetooth機器がペアリングされていないか確認してみて下さい。基本的にBluetooth機器は同時に2つのデバイスに同時に接続することはできないので、スマホとつながっている状態では使えません。どうしても無理なら以下のページをご参照ください。
Chromebook トラブルシューティング | Chrome通信

外部ディスプレイへの出力

外部ディスプレイへの出力はモデルによりHDMIポートまたはUSB Type-Cで接続します。

通常のPCと同じでミラーモード/画面拡張の切り替えが可能です。またディスプレイを置く位置(右・左)も設定>ディスプレイのところで設定することが出来ます。

もっと詳しく

通常は天板を閉じるとスリープモードに移行するのですが、外部ディスプレイに接続している場合は閉じるとミラーモードに移行します。天板を閉じていると液晶を表示する必要がないためバッテリーが長持ちします。

その際、音声は自動的にHDMI経由のデバイスから出力されるようになりますが、Chromebook本体やBluetooth機器から音を鳴らしたい場合は右下のステータストレイでスピーカーのアイコンの右側の矢印をクリックし、出力用デバイスを選択します。

Chromebook 2回目以降の使い方

電源を入れるとアカウント名のアイコンが出てきます。希望のアカウントをクリックしてログインします。

なおAndroid 7.0以上のスマホをお持ちの方はログイン時のパスワード入力が不要になるスマートロックが利用できます。設定方法は以下の記事をご参照下さい。

もっと詳しく

さらにPINコード入力でのログインに対応しました。パスワードに比べて入力がラクです。

もっと詳しく

Google Drive容量が100GBになる特典を受け取る

Googleアカウントの保有者にはGoogle Drive(Googleのクラウドストレージサービス)15GB分が付与されますが、Chromebookの購入者は追加で85GBの容量が貰えます(ただし1年間のみ。その後は月額料金を払うか5GBに戻るかどちらかを選ぶことになります)。

特典の受け取り方は、以下のページをご参照ください。

もっと詳しく

Google Driveの特典は以前は2年間分がもらえていましたがいつの間にか1年間に短縮されました。さらに初めての方のみに限定されたことでChromebookを買うごとに延長することが出来なくなってしまいました。

Chromebook 不具合の対処法

下記「Chromebook トラブルシューティング」のページに各種トラブルの対処法をまとめましたので、そちらを見てみて下さい。

まとめ

以上、Chromebookの初期設定と基本操作の説明になります。慣れてきたらChromebookを使い倒すための操作方法一覧 | Chrome通信も是非ご覧ください。

※Chromebookの使い方についてご質問があれば受け付けます。最下部にあるコメントフォームからお気軽にどうぞ。

PR

PR

人気記事

1

Chromebookを初めて使う場合、多少操作に戸惑うこともあるかも知れませんので、簡単に使い方を説明します。日本語を使うための初期設定も紹介します。

chromebook line eyecatch 2

1デバイス-1アカウント方式のLINEですが、スマホでLINEを使いつつChromebookからもLINEを使うことが可能です。もちろん内容はすべて同期されます。ただ、下記手順でやらないと、使えない!となる可能性があるので正しい設定方法を解説します。また、実際のLINEの使い方と、拡張機能を追加したのに見つからない場合の対処法も記します。

smart_lock-chrome-eyecatch 3

パスワード入力なしでChromebookへログインできる機能「Smart Lock(スマートロック)」の設定方法を解説します。アンドロイドのスマホ(Android 7.0以上)があればChromebookのアカウントの写真をクリックするだけでログインできるようになリます。

4

Chromebookに同一LANネットワーク内にあるネットワークプリンターを繋いで印刷する方法を記します。

Chromebook オフラインで出来ること 5

Chromebookは「オフラインでは何もできない」「オフラインではただの箱」と勘違いされがちですが、Chromebookはオフラインでも使えるデバイスです。そんなChromebookがオフラインで出来ることについて記しておきます。また、Google Driveのファイルをオフラインで使うための設定方法やGmailのオフライン設定方法を紹介します。

6

Chromebookで設定出来る項目をすべて解説します。

今更聞けないChromebookの基本 7

かつてない盛り上がりを見せるChromebookが気になってはいるものの、どういったものかイマイ2チよくわからない、という方も多いと思いますので、Chromebookの基本的なコンセプト、使い道や普通のノートPCとの違い、現時点での魅力について、まとめたいと思います。

8

HPの14インチフリップタイプの最新フラッグシップモデルのChromebook「HP Chromebook x360 14c」の実機レビューです。

9

日本でも認知度があがってきたこのタイミングでChromebookの選び方をまとめておきたいと思います。これまでは米アマゾンの販売モデルを中心に取り上げてきたのですが、日本でもかなり選択肢が増えてきたので、今回は日本販売モデルが多めです。

2019-05-03


  1. eigijo より:

    chromebook を購入して,情報を探し回っているうちにこのサイトにたどり着きました.
    いろいろな情報が大変わかりやすく書かれており,助かっております.ひとつ質問があり,コメントをさせていただきました.chromebook にはマウスキー機能に相当するものはあるのでしょうか?すなわち,タッチパッドやマウスではなくキーボード操作のみでマウスカーソルを動かしたいのですが,それは可能なのでしょうか?
    もしよろしければ,ご回答のほど,よろしくおねがいいたします.

  2. chrome より:

    eigijoさん
    変身が遅くなり申し訳ございません。
    今確認したところ、残念ながらマウスキー機能に相当するものはありませんでした。
    また何かございましたらいつでもご質問ください。

  3. eigijo より:

    管理人様
    ご回答ありがとうございます.マウスキー機能に相当するものは存在しないのですね.

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。

© 2016 Chrome通信