初めてのChromebook

Chromebookを初めて使う場合、多少戸惑うこともあるかも知れませんので、簡単に使い方を説明します。

電源の入れ方

Chromebookは天板を閉じた状態から開くと、自動的に電源が入ります。開いたら数秒待ちましょう。開いた状態で電源を切り、開きっぱなしにしてある時は、電源ボタンを長押しします。

初期設定

初めてChromebookを立ち上げると、そのまま初期設定に入ります。用意するものは特にありません。強いて言うなら

・Googleアカウント
・Wifiのパスワード

ですが、Googleアカウントを持っていない場合、その場で作成する必要があります。手順に従っていけばOKです。Wifiがないと、Chromebookは本領を発揮できません。その場合はWifiを用意するか諦めるか、どちらかになります。テザリングで使うことは可能です。

ログイン後

新しい機種の場合、Google Play Storeを利用するか聞かれます。手順に沿って有効かしてください。AndroidのアプリはGoogle Play Storeアプリからダウンロードすることになります。

Chromeのアイコンがあるので、立ち上げるといつものChromeが出てきます。ブックマークや拡張機能の同期は、初回だけ少し時間がかかります。

電源の切り方

ディスプレイ右下のメニューをクリックすると、電源のアイコンがあるのでそれをクリックします。もしくは、電源ボタンを長押しします。ランプが消えたら完全に電源が切れた合図。大体3秒ほどで消灯します。

2回目以降の使い方

電源を入れると、アカウント名のアイコンが出てきます。選んで、Googleアカウントで設定したパスワードを入力すれば、ログインできます。パスワードを入力が面倒な場合、Android 6.0以上のスマホを持っていれば、クリックだけでログインできるスマートロック機能を使うことが可能です。

設定はChromeの設定>ユーザー項目の「画面ロック」と進むと、「Smart Lock for Chromebook(ベータ版)」とあるので、そこで設定します。ただし、Smart Lockを使うときは、Bluetoothをオンにしておく必要があります。バッテリー持ちに影響するかもしれません。

ユーザーの追加方法

ログイン時に表示される画面の下の方に、「ユーザーを追加」という項目があるので、ここからユーザーを追加します。必要なのはGoogleアカウントのみです。

なお、ログイン時の画面に「ゲストモード」とあります。このモードでは、Chromeはどのアカウントにも紐づけられていない、素の状態のChromeを使うことになります。パスワードを入力せず使えるので、少し調べ物をしたい場合や、TverやAbemaTVを見たい場合など、使い方によって便利なこともあります。

ショートカットキーの調べ方

「Ctrl」「Alt」「?」キーを同時押しすると、ショートカットキーを調べることが出来ます。

ファイル管理

スクリーンショットやダウンロードした画像などは「ダウンロードフォルダ」に保存されます(設定でGoogle Driveへの保存も可能)。アクセスは「ファイル」という標準で入っているアプリから。青いフォルダのアイコンです。

周辺機器

マウス・キーボードなど、ほぼ動作しますので、別段用意する必要はないと思います。ただ、マウスやキーボードはタイプにより、USB3.0ポートでないと反応しないものがあります。Bluetoothは使えます。

Google Drive 100GB分の特典を受け取る

Googleアカウントを取得した時点で、Google Driveというクラウドを5GBくらい貰えますが、chromebook購入者は、プラス100GBの容量が無料で貰えます(ただし、2年間のみ。2年経過後は月額料金を払うか、5GBに戻るかどちらかを選ぶことになります)。特典の受け取り方は、以下のページをご参照ください

Chromebookを買ったら、忘れずGoogle Driveの特典(無料で100GB)を受け取ろう | Chrome通信

不具合の対処法

まずは電源ボタンとリロードボタンを同時押しして、再起動を試します。フリーズした、ホワイトアウトした、などの症状はこれでほぼ解決します。何をやってもダメな時は、最もパワフルな対処法「パワーワッシュ」を試します。これはChromebookを初期化するというものです。ローカルファイルは消えますので、あらかじめGoogle Driveか、外付けメディア(USB、SDカード)へ移しておきます。設定>詳細設定と進んで一番下にあります。作業自体は5分とかかりません。パワーワッシュ後は初期設定を行います。

Androidアプリは、Chromebookに最適化されたものでないことが多いので、ちょいちょい不具合があるようです。バックアップを常に摂るようにしておくのが吉です。

(Visited 17 times, 1 visits today)