Kompanio

Chromebookにも搭載予定のMediaTek Kompanio 828のベンチマークが公開され、あらゆる面でインテル製N5100を上回ることが明らかに

2022年1月27日

Mediatek

はじめまして、クロームブッカーともぞう(@tomozou3500)です。

MediaTek社のSoCである「MediaTek Kompanio 828」の初期ベンチマークが公開されました。これが想像よりも遥かに高性能。競合であるクアッドコアのIntel Celeron N5100をあらゆる側面でぶっちぎっています。Intelはきっと戦々恐々たる思いをしていると思います。

詳細を見ていきたいと思います。

MediaTek Kompanio 828とは

「MediaTek Kompanio 828」は最近よくChromebookに搭載されている「MediaTek 8183C」の進化版です。

このたび公開された動画によると、MediaTek Kompanio 828は競合である「Intel Celeron N5100」と比べて、あらゆる面で優れたチップであることが示されています。

まず処理能力を測るGeekbenchスコアにおいて、シングルコアでの性能比はKompanio 828(627)がN5100(572)より+9.6%と微増に留まるものの、マルチコア性能ではN5100の1462に対してKompanio 828が2210と約51%上回る結果になりました。N5100自体あまり聞きなれないため、現在ポピュラーなMediaTek 8183、およびIntel N4000シリーズを比較したのが下の表です。Geekbench R23ベンチスコア(中央値)を参考にしています。

代表的なChromebook向けチップのGeekbenchスコアの比較グラフ
Kompanio 828はN5100よりも上

一番右端が現在プレミアムモデルHP Chromebook x360 14cなどに搭載されている第10世代のCore i3です。これを見ると、N5100はCeleronと言えどもマルチコアのベンチではCore i3に迫る性能であることが伺えます。上記動画のGeekbenchのバージョンが分からないのですが、Kompanio 828がN5100と比較して性能比が151%ということであれば、MediaTek Kompanio 828は少なくともマルチコアのベンチではCore i3を上回る可能性を秘めています。

MediaTek Kompanio 828は処理能力だけでなく、他にもグラフィック性能、バッテリ持続時間、マルチタスク性能すべての面でIntel Celeron N5100を上回っています。グラフィック性能を示すGFXBench Manhattan 3.0では+52.3%、輝度を80ニトにして動画を流し続けるバッテリーテストでは、Kompanio 828の方が解像度が上であるにもかかわらず駆動時間では+51.3%と圧倒的に上回っています。

さらにマルチタスク性能ではGoogle Meetを使いながらCADプロジェクトを開くまでの時間を計測するテストでもN5100が38秒かかったのに対してKompanio 828は22秒で終了。3DのFPSゲームでは30fpsを出すのがやっとのN5100に対してMediaTek Kompanio 828の方はおよそ60fpsで安定しています。画面の滑らかさに明らかな差があります。

まとめ

そんなKompanio 828ですが、既にAcer Chromebook 514で採用されることが決まっています。事前の情報ではバッテリ持続時間が15時間、価格が$399からとなっています。Core i3以上の性能でこのバッテリ持続時間、かつ値段もかなり安い。Intel Coreシリーズ採用機は性能が高い反面バッテリ持続時間が良くて8時間程度、価格もかなりたかくなるので、Kompanio 828に間違いなく分があります。さらにARM系のチップなので、Androidとの相性もよさそう。間違いなくゲームチェンジャーとなりそうです。

関連記事

Chormebookおすすめ14選をチェック

【2022年最新版】Chromebook おすすめ14選

トップへ戻る

PR

関連記事

アマゾンでChromebookをチェック

-Kompanio