Chromebookで直接Microsoft Officeファイルを作成・編集する方法

今までChromebookでOfficeファイルを扱う際は、一旦Google DocsやSheet形式に複製され、それで作業する必要があったのですが、そのような変換をせずに直接OfficeのWORD、Excel、PowerPointファイルを作成・編集することが可能になりました。

スポンサーリンク

Officeファイルを直接扱うための拡張機能

Offciceファイルを直接扱うためには、Chromeの拡張機能[ドキュメント、スプレッドシート、スライドで Office ファイルを編集]をインストールする必要があります。下記リンクよりダウンロード可能です。

ドキュメント、スプレッドシート、スライドで Office ファイルを編集 – Chrome ウェブストア

インストール後は、Google Driveに入れたOfficeファイルを開いたりファイルをChromeブラウザにドラッグ・アンド・ドロップするとOffice形式のファイルのまま編集が可能となります。また、上記拡張機能のアイコンをクリックすると、Office形式の新規ファイルを作成することが可能です。

この拡張機能の使いどころ

Officeファイルをそのまま扱えるようになったのは素晴らしいことです。個人的には脱Officeをしているのですが、特に仕事をしている人は、まだまだOfficeファイルを扱う機会があると思います。

ただ、この拡張機能は、機能が物凄く限られています。フォントを少し弄れる程度。WORDでテーブルを作成する機能などもありません。

では使えないか、というとそうでもない。Google DocsやSheetで作成したものは、Officeファイルに変換できるのですが、たまに表示がずれたり崩れたり。こういったところをOfficeファイルとして編集し、微調整をするといった使い方をすると、スムーズにことが運ぶと思います。

なお、この機能は通常のWindowsなどでも使用可能です。

現在過去記事を全体的にリライト中です。よければ過去記事もご覧ください。目次 | Chrome通信