LinuxがChrome OSでサポートされると聞いて利用方法を考えてみた

2018-05-16

先日の記事最近のニュースまとめ Google I/O間もなく 他 | Chrome通信でも書いた通り、LinuxアプリがChrome OSで正式にサポートされるようです。実装時期は未定。

Linuxと言えばUbuntuにトライしたことがあるものの結果あまり使わず個人的にはあまり恩恵がないと言えばないのですが、Linuxの有能ソフトを要所で使うことでChromebookの利用価値が広がる可能性はありそうです。

Chromebookの機能を補完する可能性のあるソフト

まず期待されると思われるのが画像編集ソフト。Chromebookで画像編集と言えばPixlrが定番ですが右の部分のかなりの面積に広告が表示されるため少し鬱陶しい。となるとGimpが最有力候補ですが現状ではGIMP on rollAppを使うしか手段がありません。

このon rollApp版は公式ではないうえサーバー上で動かすため動作がもっさりしたりと快適な状況ではないようです。InkScapeもon rollApp版しかない状態。さらに以前と違いユーザー登録が必要となっています。

Linuxサポートがどのような感じでサポートされるかはまだ分からないのですが(ネットが不可欠?など)アプリがネイティブで動くそうですのでGimpやInkScapeはそれなりに使えるようになるのではないかと思われます。

動画形式への対応

Chromebook純正のプレーヤーはmp4だと問題ないですがavi形式が音声だけになるなど万能とは言い難い。←→で3秒戻す・進めるHキーKキーで10秒戻す・進めるなどがあるものの操作性も今一つ。

対応形式の多いVLCプレーヤーがChromeウェブストアで提供されていますが不具合も多め。という訳で動画プレーヤーやエンコーディングソフトなどあればワンポイント的な登板もあり得るかというところ。まあWindowsでやれば?という話なんですが。動画見るにはChromebookがいいんですよね。

Libre Office

Linux系オフィスソフトLibre Office。マイクロソフト製オフィスの無料代替品ということでユーザーも一定数いるようです。私は基本GoogleのDocを使用して仕事で仕方なくWordを使っています。Libre Officeの経験がないのですが、オフィスを持ってない&Google Docシートスライドでは満足できない人やもともとLibre Officeを使い倒している方には朗報になるのではないでしょうか。

テキストエディタ

JavaScriptをガリガリ使う人などはAtom等使っていると思いますがChromebookの場合はどうでしょう。まあChrome自体で開発できるのですが使い慣れたものがあった方がいいと思います。

開発系

Javaの開発環境ソフトeclipseNetBeans IDEやPython用IDLEなどが利用可能。Android Studioなどもインストールする方法があるようです。まあそんなことは()という意見もありつつカフェや新幹線の車内でJavaやPythonのコードを書きたい人がいるかもしれません。まあそんな方は間違いなくMacやサーフェスを持っていると思いますので実質意味はないかも知れませんがChromebookでコードをかいてドヤることは可能。

ゲーム

ゲーム配信プラットフォームSteamはLinuxに正式対応していますのでSteamのゲームをプレイすることが可能です。ただやはりPCゲームはグラボがないとキツイのでおまけ程度に考えておいた方が無難でしょう。

その他

WindowsソフトをLinuxで動かすための支援ソフトなんてのもあるようです。組み合わせでWindowsアプリが使えたりするのでしょうか。例えば解凍ソフト。Chromebookにもネイティブで解凍できるのですが少しクセがあります。あればいいかな程度。

まとめ

WindowsなりMacなりあれば今一つ必要性が感じられないLinux on ChromebookですがChromebookを普段から持ち運んで使っている方にとっては場面場面で少し役に立つかもしれません。勿論、もともとLinuxを愛用している人にとってはChromebookが選択肢となること請け合いです。

Linuxを入れる前提ならWinodwsのライセンス料が乗っかったノートPCをわざわざ買うこともないですし。先日購入したChromebook 14 for Workなど見た目もかっこよく性能もそれなりにあって$220切ってますしLinuxで遊ぶならまさにうってつけだと思うのですが。

さらに9月からの新シーズンに向けて高機能なChromebookが多く開発中であるとの情報もあります。Linux搭載というのもこの流れの一因かも知れません。尤も最大の要因はChromebookを使えばもっと高性能なものを試してみたくなるということになるかと思います。Acer CB3-111を使い倒していた私ですが欲が出てAcer Chromebook for Work 14を買っていたというように。めっきり出番の少なくなってしまったAcer CB3-111ですがDevチャネルにしてカオス状態を味わうかいっそUbuntuを入れて勉強しようかなどと思案中です。

PR

関連記事

  • この記事を書いた人

ともぞう

つくば在住のアラフォー会社員。ほかに『初心者による初心者の為のウイスキーの話など。』や『OLD ROOKIE』を書いてます。

-Chrome OS, Chrome OS 機能, 雑記