【随時更新】LinuxがChrome OSでサポートされると聞いて、利用方法を考える

2018-05-16 | By ともぞう
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly

先日の記事最近のニュースまとめ Google I/O間もなく 他 | Chrome通信でも書いた通り、LinuxアプリがChrome OSで正式にサポートされるようです。

実装時期は未定。

正直、Linuxと言えばUbuntuにトライしたことがあるものの、結果あまり使わず、個人的にはあまり恩恵がないと言えばないのですが、Linuxの有能ソフトを要所で使うことで、Chromebookの利用価値、幅が広がる可能性はありそうです。

スポンサーリンク

Chromebookの機能を補完する可能性のあるソフト

まず期待されると思われるのが、画像編集ソフト。

Chromebookで画像編集と言えば、Pixlrが定番ですが、右の部分のかなりの面積に広告が表示される(消せない)ため、少し鬱陶しい。

となるとGimpが最有力候補ですが、現状ではGIMP on rollAppを使うしか手段がありません。

このon rollApp版は公式ではないうえ、サーバー上で動かすため、動作がもっさりしたりと快適な状況ではないようです。InkScapeもon rollApp版しかない状態。

さらに、以前と違い、ユーザー登録が必要となっています。

Linuxサポートがどのような感じでサポートされるかはまだ分からないのですが(ネットが不可欠?など)、アプリがネイティブで動くそうですので、GimpやInkScapeは、それなりに使えるようになるのではないかと思われます。

動画形式への対応

Chromebook純正のプレーヤーは、mp4だと問題ないですが、avi形式が音声だけになるなど、万能とは言い難い。←→で3秒戻す・進めるHキー、Kキーで10秒戻す・進めるなどがあるものの、操作性も今一つ。

対応形式の多いVLCプレーヤーがChromeウェブストアで提供されていますが、不具合も多め。という訳で、動画プレーヤーやエンコーディングソフトなどあれば、ワンポイント的な登板もあり得るかというところ。まあWindowsでやれば?という話なんですが。動画見るにはChromebookがいいんですよね。

Libre Office

Linux系オフィスソフト、Libre Office。マイクロソフト製オフィスの無料代替品ということで、ユーザーも一定数いるようです。私は基本、GoogleのDocを使用して、仕事で仕方なくWordを使っています。Libre Officeの経験がないのですが、オフィスを持ってないがGoogle Doc、シート、スライドでは満足できない人や、もともとLibre Officeを使い倒している方には朗報になるのではないでしょうか。

テキストエディタ

JavaScriptをガリガリ使う人などはAtom等使っていると思いますが、Chromebookの場合はどうでしょう。まあChrome自体で開発できるのですが、使い慣れたものがあった方がいいと思います。

開発系

Javaの開発環境ソフトeclipse、NetBeans IDEや、Python用IDLEなどが利用可能。Android Studioなどもインストールする方法があるようです。まあそんなことは()という意見もありつつ、カフェや新幹線の車内でJavaやPythonのコードを書きたい人がいるかもしれません。まあそんな方は、間違いなくMacやサーフェスを持っていると思いますので、実質意味はないかも知れませんが、Chromebookでコードをかいてドヤることは可能。

ゲーム

ゲーム配信プラットフォーム、SteamはLinuxに正式対応していますので、Steamのゲームをプレイすることが可能です。ただ、やはりPCゲームはグラボがないとキツイので、おまけ程度に考えておいた方が無難でしょう。

その他

尻つぼみ的に雑になっていきますが、WindowsソフトをLinuxで動かすための支援ソフトなんてのもあるようです。組み合わせでWindowsアプリが使えたりするのでしょうか。

解凍ソフト。Chromebookにもネイティブで解凍できるのですが、少しクセがあります。あればいいかな、程度。

まとめ

WindowsなりMacなりあれば今一つ必要性が感じられないLinux on Chromebookですが、Chromebookを普段から持ち運んで使っている方にとっては、場面場面で少し役に立つかもしれません。勿論、もともとLinuxを愛用している人にとっては、Chromebookが選択肢となること請け合いです。

Linuxを入れる前提なら、Winodwsのライセンス料が乗っかったノートPCをわざわざ買うこともないですし。先日購入したChromebook 14 for Workなど、見た目もかっこよく、性能もそれなりにあって$220切ってますし、Linuxで遊ぶならまさにうってつけだと思うのですが。

Acer Chromebook 14 for Work CP5-471 レビュー | Chrome通信

さらに、9月からの新シーズンに向けて、高機能なChromebookが多く開発中であるとの情報もあります。Linux搭載というのもこの流れの一因かも知れません。

もっとも、最大の要因は、Chromebookを使えばもっと高性能なものを試してみたくなる、ということになるかと思います。Acer CB3-111を使い倒していた私ですが、欲が出てAcer Chromebook for Work 14を買っていたというように。

めっきり出番の少なくなってしまったAcer CB3-111ですが、Devチャネルにしてカオス状態を味わうか、いっそUbuntuを入れて勉強しようか、などと思案中です。

(Visited 111 times, 2 visits today)
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly

スポンサーリンク