Lenovo Chromebook Flex 5が米アマゾンにて販売中

以前紹介したLenovo製のChromebookLenovo Chromebook Flex 5 が米アマゾンにて販売中です。13.3インチのディスプレイを備えたコンバーティブルタイプのChromebookです。

以前は構成と価格がはっきりとしていませんでしたが、今回販売中のモデルは第10世代Core i3を搭載しつつも価格が$409と、非常に魅力的なモデルに仕上がっていると判明。

今後のLenovo Chromebookの主力となりそうなので、特徴・スペック等改めて見ておきたいと思います。


スポンサーリンク

Lenovo Chromebook Flex 5の特徴

以前お伝えした情報と異なる点としては、まずバックライトキーボードである点。また、スタイラスペン付属という情報がありましたが、別売りのLenovo Digital Penに対応する、とのことです。

現在米アマゾンで販売中のLenovo Chromebook Flex 5のスペックはこんな感じです。

モデルLenovo Chromebook Flex 5
ディスプレイサイズ13.3インチ(1920×1080)
タイプコンバーティブル
ディスプレイ仕様タッチ対応 IPS
300ニッツ
CPU第10世代
Intel Core i3-10110U
RAM4 GB DDR4
ストレージ64GB SSD
インターフェースmicroSDカード
USB Type-C(3.1) x2
USB Type-A (3.1) x1
イヤホンジャック
その他防滴仕様バックライトキーボード
Wifi 6
重量約1.35kg
バッテリ駆動時間10時間
参考価格$409 (2020.5.25)

最新型の第10世代Core i3を搭載したコンバーティブルタイプというミドルレンジに属するモデルです。ディスプレイは300ニトのIPS液晶(1920×1080)。バックライト付き防滴キーボードは個人的に非常に高ポイント。

防滴キーボードについてはガセネタだったようです。

超狭額縁という訳ではありませんがそこそこ狭いベゼル。厚みは約1.7㎝とめちゃくちゃ薄いというわけではありませんが、そんなにでかいわけでもない。重量はおよそ1.35kgとこれまた標準的。合金製ですが、一部プラスチックも使用されているとのことで、外観は現在のChromebookの標準から言うと可もなく不可もなく、といった感じです。

ただその分価格が$409と非常に魅力的なものとなっています。現状コンバーティブルタイプのモデルは11.6インチクラスの教育向けモデルか$450以上の14/15.6インチのプレミアムモデルしかありませんが、そのどちらでもないところを狙ってきたモデルということになります。

$450以上と書きましたがこれは現時点での話で、例えば現在販売中のDell Inspiron Chromebookも登場時は$599。ASUSのC436も確か$600を超えていたと思います。そのくらいの値段になると、やはり初めて買う方はなかなか手が出ずらいと思います。その点、今回のLenovo Chromebook Flex 5は発売時の価格が$409、そのうち価格も少し下がると思いますので、そうなると初めての方でもそんなに抵抗なく買えるのではないかと思います。

I/OポートはUSB Type-C x 2、USB Type-A x1、イヤホンジャック、マイクロSDカードスロット。Wifi 6を搭載。バッテリ持続時間は10時間とのことです。

まとめ

外観はプレミアムという感じがあまりしないのですが、フリップタイプで300ニトのIPS液晶(1920×1080)、第10世代Core i3、バックライト付きキーボードを備えながら$409とコスパ最高のモデルに仕上がっていると思います。

なお、存在が確認されているCore i5モデルのほか、Core i7モデルも存在するとの話も。ただ、そうなると値段が気になるところ。最新Core i3搭載のコンバーティブルで$409という点が魅力なので、Core i5モデルやCore i7モデルが魅力的かどうかは、また別の話。価格的にASUS C436などと競合してしまうと、やはりそちらの方が魅力的になると思います。個人的にはCore i3・RAM 4GBで十分かな、という感じです。


現在過去記事を全体的にリライト中です。よければ過去記事もご覧ください。目次 | Chrome通信