ツートンカラーが目を引く14インチの「Lenovo IdeaPad Silm 360 Chromebook」

2021-06-10

ツートンカラーが目を引くクラムシェルタイプのChromebook 『IdeaPad Silm 360 Chromebook』がレノボ公式サイトにて販売中です。

いい感じに仕上がっているので取り上げておきます。

なお、名称に360とついていますがコンバーチブルタイプではないようです。

IdeaPad Silm 360 Chromebook スペック

IdeaPad Silm 360 ChromebookのLenovo直販モデルにはバージョン違いの2つのモデルがあります。それぞれのスペックは以下の通り

IdeaPad Silm 360 Chromebook82KN001AJP82KN001BJP
ディスプレイ
14インチ (1920x1080)TN 非光沢
14インチ (1920x1080) IPS
タイプ
クラムシェル
CPU
MediaTek MT8183
RAM
4GB LPDDR4
ストレージ
64GB eMMC
インターフェース
USB2.0 Type-C x1
USB2.0 x1
microSDカードスロット
イヤホンジャック
重量
約 1.4kg
サイズ
約 326.6x221.8x18.6mm
バッテリ駆動時間
約16時間
約14.7時間
参考価格
¥47,080¥38,606
¥52,580¥43,641

主な違いはディスプレイのみ。

安価な方はディスプレイがTN液晶のアンチグレアタイプ、高価な方はIPSディスプレイでタッチ対応。明記はしていませんが、グレアタイプと思われます。

また液晶方式の違いによりバッテリ持続時間にわずかな差がみられますが(IPSの方が短い)、それでも14時間持つとのことなのであまり気にすることはないでしょう。

IdeaPad Silm 360 Chromebook
キーボードがわずかに傾斜。全体的に質感は高そうです。

液晶ですがTNかIPSかは好みの分かれるところ。

TNには目が疲れにくいというメリットがありますがIPSに比べると色再現が見劣りすることと視野角の狭さというデメリットがあります。作業中心であまりエンタメの用途は考えていないのであればTN液晶タイプでいいと覆いますが、キレイな液晶を楽しむのであればIPSにした方が満足度は高いと思います。価格差は¥5,000程度。

IdeaPad Silm 360 Chromebook 天板
特徴的なツートンカラー

CPUにMediaTek MT8183、RAM 4GBにストレージ64GBと売れ線の構成ですが、少し気になるのがインターフェースの少なさ。USB 2.0 Type-CとUSB-A 2.0が各1つのみでHDMIポートもありません。

IdeaPad Silm 360 Chromebook インターフェース
インターフェースは左側面に集中。1番ポートはセキュリティスロット。

充電しながら外部ディスプレイへ出力する場合には別途USB-Cハブが必要となります。1,000円程度なので購入予定の方はあらかじめ用意しておくのが吉。

重量は約1.4kgと14インチにしては標準的。

IdeaPad Silm 360 Chromebook まとめ

画像を見る限りでは質感もよさそうなIdeaPad Silm 360 Chromebook。売れ線をしっかり押さえつつコストを抑えた良モデルといった趣です。バッテリ持続時間14時間は魅力的。

なお、現在はeクーポン配布中で適用後の価格がそれぞれ¥47,080→¥38,606(¥8,394オフ)、¥52,580→¥43,641(¥8,939オフ)とお買い得になっています。

Lenovo公式サイトでIdeaPad Silm 360 Chromebookをみる

PR

関連記事

  • この記事を書いた人

ともぞう

つくば在住のアラフォー会社員。ほかに『初心者による初心者の為のウイスキーの話など。』や『OLD ROOKIE』を書いてます。

-Chromebook, Lenovo, クラムシェル