HPが2-in-1 キーボード着脱モデル「Chromebook X2 11」を日本投入 4G LTEセルラーモデルも!

既に海外では販売が決定していたHPの2-in-1キーボード着脱式Chromebook「HP Chromebook X2 11」が日本へ投入されることが決定しました。

年内販売を開始するとのことです。

通常の「Wifiモデル」に加えて4GLTEによるネットワーク接続が可能な「セルラーモデル」も投入されるとのこと。スペックや価格などを見ていきたいと思います。

3年越しのリベンジなるか Chromebook X2 11のスペックと特徴

2018年にいち早くキーボード着脱式の2-in-1 Chromebookである「HP Chromebook x2」を販売していたHPですが、当時のモデルは12.5インチ、700gを越える重量でイマイチな印象。

今回投入される「HP Chromebook X2 11 」は11.0インチのディスプレイ(解像度2160x1440ドット)を搭載することで重量を560gに抑えています。ASUSやLenonvoは10.3インチや10.1インチの2-in-1モデルを販売していますが、それらと比べて一回り大きく、解像度が高いのが特徴です。

CPUに「Lenovo Chromebook Duet 5」にも搭載が予定されているSnapdragon 7c、メモリとストレージはWifiモデルが4GB/64GBでセルラーモデルは8GB/128GBとなっています。

なお、Chromebookで「11インチ」というと「11.6インチ」を指すのですが、今回のモデルは11.0インチジャスト。過去にも例を見ないサイズです。

スペックは下記の通り。

Chromebook X2 11 Wifiモデル/セルラーモデル
タイプ2-in-1 キーボード着脱式
ディスプレイサイズ11.0インチ
ディスプレイ仕様IPSタッチディスプレイ (2160×1440)
CPUQualcomm® Snapdragon™ 7c
RAM4GB/8GB
ストレージ64GB/128GB
インターフェースUSB 3.2 ( Type-C/Gen1) ×2 ?
日本語キーボード
その他QualcommⓇ Atheros Wi-Fi 5
IEEE802.11ac 2x2 MU-MIMO対応
Bluetooth 5.0
重量560g(本体のみ)、1.03kg(キーボード、キックスタンド含む)
バッテリ持続時間最大11時間
参考価格82,500/ ¥99,000 (税込)

インターフェースは定かではないのですが、商品画像を見る限りではUSB Type-Cポート2つがタブレット左側面に存在しています。

特徴

今回発表されたChromebook X2 11の最大の特徴は 2160×1440 ドットの高解像度ディスプレイ。画素密度は236ppi。最新のiPadの画素密度が264ppiであることを考えればまずます。

ちなみにASUSのCM3やLenovoのDuetは220-224ppi。

キックスタンドとキーボードを付けた状態で約1.03kgと十分持ち運びできるレベルに仕上がっています。

ディスプレイが大きいにも関わらずASUS Chromebook CZ1と全く同じ重量です。ただしHP x2はミリタリーグレードではありません。

ここがGood

4G LTE セルラーモデルの存在

ここがイマイチ

高すぎる

セルラーモデルの投入はライバルが少なく、大きなアドバンテージになり得ますが、如何せんライバル機と比較して高すぎるのがネックです。

セルラーモデルはまだしも通常のWifiモデルで¥82,500はかなり高め。推移を見守りたい。

なお、セルラーモデルはキーボードとカバーのカラーリングが青っぽくなっています。

まとめ

発売日は未定ですが年内には販売するとのこと。現在は公式ストアにて予約を受け付け中です。

HP 公式ストアをチェック

参考:HP ニュースリリース

PR

関連記事

  • この記事を書いた人

ともぞう

つくば在住のアラフォー会社員。ほかに『初心者による初心者の為のウイスキーの話など。』や『OLD ROOKIE』を書いてます。

-Chromebook, HP, ニュース