HP Chromebook x360 14c コスパ抜群の$399エントリーモデルが登場

2020-10-21

日本でも販売されているHPのフラッグシップモデルのHP Chromebook x360 14cですが、スペックを下げて価格を抑えたエントリーモデルが登場した模様です。Chrome Unboxedが報じています。

記事タイトル通り$399のモデルです。

現行モデルが$582.00(+送料$84.73)で流通していることを考えるとかなりの値下げです。ちなみに定価は$629。

HP Chromebook x360 14cとは?

HP Chromebook x360 14cをおさらいしておくと、第10世代のCore i3を搭載した14インチ型フリップタイプのChromebookです。現在国内アマゾンでも販売中のHP Chromebook x360 14(6VF51PA-AAAA)の後継機モデルです。


CPURAMストレージ
Core i3-10110U8GB(LPDDR4)64GB(eMMC)

Amazonでチェック


HP Chromebook x360 14c 現行モデルから2つの変更点

現行モデルとの変更点は2つで、まずCPUが第10世代 Core i3から第10世代 Pentium® Gold 6405Uになっている点とRAMが8GBから4GBになっている点です。

指紋認証機能やウェブカメラの画像をオフにするボタンなど含め他のスペックは同じです。ディスプレイもちゃんとフル液晶のIPSフリップタイプです。

気になるPentium Gold 6405Uは2コア/4スレッド@2.40GHzですが、まだ情報が少ないです。

Passmarkベンチマークでもサンプル数が少ないですが、おぼろげな情報だとCeleron N4100(4コア/4スレッド)と比べてマルチコア性能はほぼ同等ながらシングルコア性能は約50%ほど上のようです。

まあPentiumでかつ型番の数字も大きいので少なくともCeleron系のものより低いということはないと思います。

最近のN4000シリーズはChromebookを使用する分には高性能な部類に入り、例えばCeleron N4100は一昔前のASUS C425などに搭載されていたCore m3-8100yなどよりもCinemark Benchmarkでは上位となっています(マルチコア性能それぞれ459、434|シングルコア性能は153 vs 243)。さらにPentium Gold 5405Uでマルチコア性能516(シングルコア202)となっており、Pentium Gold 6405Uなら昔のCore m3-8100yくらいの性能が期待できるかもしれません。


RAMですが、4GBとはいえDDR4-2400方式なのでChromebookとしては十分な気がします。

HP Chromebook x360 14cはLenovo Chromebook Flex 5と競合

HP Chromebook x360 14cは通常時は約$409で販売されているLenovo Chromebook Flex 5が直接のライバルとなりそうです。スペックを比較するとこんな感じに。

モデルHP Chromebook x360 14cLenovo Chromebook Flex 5
ディスプレイサイズ14インチ(1920×1080)13.3インチ(1920×1080)
ディスプレイ仕様コンバーティブル
タッチ対応 IPS
250ニト
コンバーティブル
タッチ対応 IPS
300ニト
CPU第10世代
Intel Pentium Gold 6405U
第10世代
Intel Core i3-10110U
RAM
4GB DDR4
ストレージ64GB eMMC64GB SSD
インターフェースmicroSDカード
USB Type-C(3.1) x2
USB Type-A (3.1) x1
イヤホンジャック
その他バックライトキーボード
Wifi 6
Bluetooth 5.0
重量約1.67kg(?)約1.35kg
バッテリ駆動時間14時間10時間
参考価格$399$409 (2020.5.25)

Lenovo Chromebook Flex 5がスペック上は優位な感じもしますが、主な違いはディスプレイサイズ。

個人的にはホームユースを想定しているため、13.3インチはちょっと物足りない。

逆に持ち運んで使うなら重量も軽いLenovo Chromebook Flex 5の方が良さげ。価格も通常通りの$409に戻っている今がチャンスです(2020.10.22)。


ちなみに、ケーズデンキでLenovo Chromebook Flex 5の実機を見てきました。素材が独特でプラスチックと金属の間のような感じで、手触り・質感がよく、高級感もありました。現状唯一の13.3インチモデルなので、このサイズを探しているなら一択です。ただ、今のアマゾン・ジャパンで売ってる8万という価格はさすがに高すぎ。

ただ、今のところは米HP公式サイトとWalMartでの販売のみとなっており、残念ながら日本から入手する手立てがほぼありません。ただ、もしこの価格で米アマゾンで販売されれば日本で人気のHP Chromebook 14aの価格プラス1万くらいで完全上位互換のものが手に入る算段に。推移を見守りたい。

PR

関連記事

  • この記事を書いた人

ともぞう

つくば在住のアラフォー会社員。ほかに『初心者による初心者の為のウイスキーの話など。』や『OLD ROOKIE』を書いてます。

-HP, Lenovo, コンバーチブル, モデル紹介