HP Chromebook x360 13cが公式ストアとアマゾンにて再販売中

HP公式ストアでは「販売を終了しました」となっていたHP Chromebook x360 13cが密かに復活。何気にアマゾンでも販売中です。最新モデルでも希少な4G LTE対応モデルなので、今一度おさらいしておきたいと思います。

HP Chromebook x360 13c 概要

公式ストアでチェック

とにかく現在のChromebookに搭載できる機能を全部盛り込んだという感じの全部入りモデルです。

HP Chromebook x360 13c スペック

HP Chromebook x360 13cにはスーペリアモデル、エグゼクティブモデル、スイートモデルの3つのバリエーションが用意されています。スペックは以下の通り。

モデルスーペリアモデルエグゼクティブモデルスイートモデル
ディスプレイ
13.5インチ IPSタッチディスプレイ
反射型プライバシースクリーン内蔵
解像度 1920×1280 (最大1677万色/1000ニト/171ppi)
タイプ
コンバーチブル
CPU
第10世代 インテル® Core™3-10110U
第10世代 インテル® Core™ i5-10210U
第10世代 インテル® Core™ i7-10510U
RAM
8GB DDR4 SDRAM
16GB DDR4 SDRAM
ストレージ
256GB SSD (PCIe NVMe M.2)
インターフェース

SuperSpeed USB Type-A 5Gbps ×1
SuperSpeed USB Type-C 5Gbps ×2
SIMカードスロット
microSDカード
イヤホンジャック
セキュリティポート
キーボード
バックライトキーボード (日本語配列)
重量
約 1.36kg
バッテリ駆動時間
最大 12 時間
価格¥140,800¥124,000¥151,800¥134,000¥173,800¥149,800

CPU、RAMについては文句なし。さらにストレージはただのSSDではなく、PCIe NVMe M.2タイプ。体感できるかどうかは分かりませんが、読み込み時間に直結するため起動がさらに速くなる可能性も。

一番下のスーペリアモデルでも容量256GBとゆとりがあります。そんなにいらないと思うかもしれませんが、SSDの場合は容量が大きい方が長持ちします。

プレミアムな質感

タフな仕上がり

4G LTEに対応している稀有なモデルですが、それ以外にもディスプレイにGorilla Glass 5を採用し、ボディはアメリカ国防総省で制定する米軍基準であるMIL-STD-810Gに準拠したタフなモデルに仕上がっています。

さらに飲み物をこぼしても大丈夫なスピルレジスタンスキーボードを標準装備。出先のカフェなどでも安心して使えます。

インターフェース

左側面に電源ボタン、ボリュームボタン、カメラキルスイッチ、USB Type-C、イヤホンジャック、セキュリティポートが、右側面にUSB Type-C、USB Type-A、microSDカードスロット、nanoSIMカードスロットを搭載。

USB-Cは左右のどちら側でも充電可能。HP Fast Chargeにより45分で50%まで充電可能でバッテリ持続時間は12時間。さらにUSB-Cからは解像度3840×2160への外部ディスプレイ出力に対応しています。

その他IEEE 802.11ax (Wi-Fi 6)、 Bluetooth 5.1にも対応。

重量は1.36㎏と重めですが、筆者が所有している兄弟機のHP Chromebook 14cと同じく高い質感であることが伺えます。

USI( Universal Stylus Initiative )ペンに対応(別売)

価格について

HPの公式ストアHP Directplusでは若干の割引がついています。すべて税込みで送料無料。1年間の引き取り修理サービス、パーツ保証、電話サポートがついているので安心です。

それでもChromebookとしてはかなり高額。Chromebookを初めて買う方にはあまりおすすめはしません。なお、アマゾンならスーペリアプラスモデルが¥91,000で販売中です。

まとめ

全部入りの最高のモデル。

公式ストアでチェック

PR

関連記事

  • この記事を書いた人

ともぞう

つくば在住のアラフォー会社員。ほかに『初心者による初心者の為のウイスキーの話など。』や『OLD ROOKIE』を書いてます。

-Chromebook