HPが様々な進化を果たしたエンタープライズモデル3機種を発表

例年通りならGoogle I/Oが開催される時期ですが、今年はもちろん中止。

ただ、アメリカの新学期に当たる9月に向けて企業は着々と準備を進めているようで、このタイミングでHPからエンタープライズモデル、HP Elite c1030 Chromebook EnterpriseHP Pro c640 Chromebook EnterpriseHP Chromebook Enterprise 14 G6が発表されました。

企業向けラインナップなので個人が入手できるかは不明ですが、色々と新しい可能性を感じるモデルなので、取り上げようと思います。

スポンサーリンク

図らずも時流に乗ったChromebook

猛威を振るうコロナの影響で米国でもリモートワークに移行しているのですが、自宅作業しているユーザーの60%近くが個人用PCで作業しており、セキュリティ上の課題があるとのこと(HP調べ)。

対策として企業が従業員にPCを支給したり貸し出したりすることを考えると、クラウドサービスを問題なく利用可能でセキュリティ性が高く、導入・管理・保守が容易で比較的安価なChromebookが第一候補になること当然の流れ。Chromebookは、PCの将来の姿を先取りして開発されたものですが、皮肉なことにコロナでその流れが加速してきている感じです。そんなニーズをとらえたのが今回のHP Chromebook Enterpriseシリーズということになります。

リモートワークになると、最大10人まで同じファイルを同時にリアルタイム編集ができるGoogle系のオフィスアプリであるDocs、Sheet、Slidesなども勢力を増しそうです。

今までイマイチ使い道のなかったウェブカメラもZoomなどで役に立つ時が来たようだ。

キーワードはプライバシー&モバイル性

今回発表されたエンタープライズモデル3機種全体の特徴ですが、共通しているのはWebカメラのハッキングを防ぐ「HP Privacy Camera」技術を搭載している点と、extended range LAN(XR機能)で無線の届く範囲が大幅に増加している点が挙げられます。

バッテリー持ちも全体的に長めで、90分で90%まで充電可能なHP Fast Chargeに対応しています。

さらに、3モデルすべて米軍の調達品基準MIL-STD 810テストに適合するタフなモデルに仕上がっています。

一方、全体的に重量は標準的で(最上位モデルで1.35kg、その他は1.5kg程度)モバイル性ということであれば、もう少し重量が軽ければ言うことがないのですが、重さに関する感覚はアメリカ人と日本人では大きく相違があるためやむなしといったところ。

ただMIL-STD 810テスト適合機はゴツくダサくなりがちなのですが、見た目は厚みも含め、とてもスタイリッシュでとてもMIL-STD 810テスト適合機と思えないレベル(いい意味で)。ここはとてもよく出来た方だと思います。

次に、個別の機種を見ていこうと思います。

HP Elite c1030 Chromebook Enterprise

フラッグシップ的なモデルに仕上がっています。13.5インチフリップタイプ、アスペクト比3:2のディスプレイを搭載しているのですが、額縁が本体比90.1%と超狭額縁に仕上がっています。HPの調査によると現行のChromebookの中では一番額縁が狭いとのこと。細かいですが、ディスプレイの下のHPのロゴがHP Spectre x360 13‎にも搭載されているものになっており、高級感があります。

また、オプションですが、プライバシースクリーンを搭載する世界初のChromebookとのことで、ボタンを押すことでディスプレイが覗き見防止になる「HP Sure View Reflect」を備えています。

さらに、Chromebookの中では初(one of the first)といってもいい「Project Athena」(プロジェクト・アテネ)に準拠したモデルになっています。プロジェクト・アテネというのは、詳しくは

インテルがノートPCの新たなイノベーションプロジェクト「Project Athena」を始動 – PC-Webzineアーカイブ | PC-Webzine

にありますが、ノートブックPCの使用体験を刷新するという触れ込みでインテルが策定したノートPCの開発プロジェクトで、「人間の理解に根ざしたイノベーション」が実装されるとのこと。ここだけ聞くとよくわかりませんが、「常に利用可能」「フォーカス」「適応性」というのがキーワードで、具体的には

・即座に電源がオンになり、スリープからも瞬時に復帰、バッテリーが一日持つ
・AIや音声アシスタントの搭載で、ユーザーのニーズに合わせてパフォーマンスが最適化される
・スペックの最低要件がある
・狭額縁の設計でモニターがより大きくなり、作業のしやすさ、集中のしやすさが確保される
・ノートPCのフォームファクター(形態)も、2in1を含め、薄型で軽量性を備えた製品が想定されている

などが挙げられています。要するに次世代ハイエンドノートブック。

「Project Athena」に準拠しているモデルはインテルのお墨付きということで、それを示すステッカーを貼ったり宣伝したりとプロモーションに利用できるようです。

Project Athenaに準拠するノートPCは、インテルによって検証される。Project Athenaの仕様を満たすことが認証された製品は、「Engineered for Mobile Performance」という認証マークを利用したプロモーションが可能になる。例えば、製品紹介ページや店頭ディスプレイ、デモ、包装などで使用されていくという。
参考:インテルがノートPCの新たなイノベーションプロジェクト「Project Athena」を始動 – PC-Webzineアーカイブ | PC-Webzine

オプションでLTEが利用可能で、Wifi規格としてWi-Fi 6を標準装備とのことです。発売は8月を予定で価格は未定。

HP Pro c640 Chromebook Enterprise

HP Pro c640 Chromebook Enterpriseは14インチのクラムシェルモデルですが、スタイリッシュなデザインながらMIL-STD 810Hに適合するタフなモデル、さらに MIL-STD 810Hに適合するChromebookの中では最薄とのことです(HP調べ)。350mlまでの防滴仕様。さらにバックライトキーボード搭載と魅力的なモデルです。

第10世代Coreプロセッサを搭載し、バッテリー持ちは最大12時間。こちらのモデルもWifi 6を標準装備。発売は6月、価格は未定です。

HP Chromebook Enterprise 14 G6

あまりHPらしからぬ武骨なデザインのHP Chromebook Enterprise 14 G6

こちらは現行のChromebookらしいモデルですが、wipeableキーボードというものを搭載しているようです。詳しくは説明がないですが、ウイルスを除去できるという記述から察するに、アルコールや除菌シートで拭くことが出来るものということになりそうです。さらにしっかり防滴仕様。バックライトキーボードはオプション。

CPUはCeleronのN4120もしくはN4020でRAM ~8GBまで/ストレージ ~128GBまで。HDMI出力ポートにUSB Type-Cと安心の装備。バッテリー持ちは13.5時間と、これも安心感があります。

こちらは既に販売を始めているらしく、価格は$399からとのこと。

まとめ

特にセキュリティ面で様々な進化が見られたHPのエンタープライズシリーズ。無線が届く範囲が伸びたりキーボードを拭くことができたりと時流に合った個性的な発想もあり、面白い。推移を見守りたい。

現在過去記事を全体的にリライト中です。よければ過去記事もご覧ください。目次 | Chrome通信