Chromebook

ChromebookでLinuxを使う方法② GUIを使ってLinuxアプリをインストールする手順

2021-08-24

はじめまして、クロームブッカーともぞう(@tomozou3500)です。

前回の記事「ChromebookでLinuxを使う方法① Terminalからソフトをインストールする手順」ではターミナルを使ってChromebookでLinuxアプリをインストールする手順を紹介しましたが、今回はGUIでLinuxアプリをChromebookにインストールする手順を紹介します。コピペでできるようにコードをすべて書いてあるので、Linuxの知識がなくてもOKです。

導入にはやや手間がかかりますが、一旦導入できればインストールは簡単です。

Linuxアプリの有効化がまだの方は下記記事を参考に有効化しておいてください

GNOME(グノーム)のインストール

GUIでアプリをインストールするにはまず GNOME(グノーム)と呼ばれるものをインストールする必要があります。

インストールは下記記事を参考にしましたが、私のようなLinuxの門外漢は「sources.listに追加」といわれた時点でつまずく。ここを補足するかたちで進めます。

まず前回インストールしたターミナルアプリを開き、以下のコマンドを打ち込みます。

vim /etc/apt/sources.list

これでテキストエディタ「vim」が「 sources.list 」ファイルを開きます。「vim」はテキストエディタで、通常のエディタの使い方とは全く異なるのですが、とりあえず以下のように進みます。

[i]キーを押下すると挿入モードへ移行します。下記コマンドをCtrl+Cでコピーし、ターミナルに移動してCtrl+Shirt+vでペーストします。

deb http://ftp.jp.debian.org/debian buster main contrib non-free
deb http://ftp.jp.debian.org/debian buster-updates main contrib
deb http://ftp.jaist.ac.jp/debian buster main

終わったらescを押下。その後[:w]と打つと変更内容が保存され、[:q]と押せばvimが終了。ターミナル画面に戻ります。

エラーが出る場合は強制モードの [:w!]、 [:q!]を試します。

当方のターミナルではエラーが出て、souces.listから何故か[ deb http://ftp.jp.debian.org/debian buster main contrib non-free ]のところが欠落しているのですが特に問題はないようです。

あとは ChromebookでGNOME Softwareをインストールする - Qiita の手順通りターミナルに

$ sudo apt update

と打ち込み、次に

$ sudo apt install gnome-software gnome-packagekit

と入力、最後に

$ sudo apt update

とすれば終了です。鳥の顔みたいなアイコンの「パッケージ」というアプリがランチャーのLinuxアプリフォルダに追加されます。

Chrome OSにLinuxアプリフォルダが追加された

使い方は簡単

使い方は簡単でパッケージアプリを開くと下記画面のようにソフトの一覧が表示されます。ターミナルでのインストールの場合はソフト名を指定する必要がありますが、この方法なら色々なアプリを探すことが出来ます。

Chrome OSでLinuxアプリを一覧表示
Showのところでカテゴリを指定するとより絞った検索が可能です。

試しにTexWorkをインストールしてみました

アプリをクリックするとインストールボタンがあり、クリックすると自動でインストールされます。ここまでくれば直観的な操作が可能です。

Linuxアプリが役に立ったエピソード


休み中に急ぎでイラレのソフト(.ai)を扱わなくてはいけない事案が発生。

一瞬出社を覚悟しましたが(会社にはイラレが入ったPCがある)休日出勤は絶対に嫌な私はダメ元でInkScapeをインストール。無事にaiファイルを扱うことが出来て事足りました。

Windowでええやん?と思うかもしれませんが、滅多に使わないソフト・使わない可能性もあるソフトをやたらとWindowにインストールするのは回避したい。
アンインストールしてもレジストリにゴミが残ったりするのが嫌なので。

Chromebookの場合はいざとなるとパワーワッシュをすればスッキリとします。

エラーが出るときの対処法

時折インストールは出来るものの実行するとエラーが発生することがあります。
そういうときは一旦アンインストールし、ターミナルを使ってインストールすると上手く行くケースがあります。
ターミナルを使ってアプリをインストールする方法は下記記事を参照してください。


まとめ

以上GNOMEをインストールしてLinuxアプリをChromebookにインストールできるようにする手順です。手順をまとめると

  • Linuxのテキストエディタ「vim」で「source.list」ファイルに追記
  • GNOMEのインストールとアップデート

となります。

PR

関連記事

アマゾンでChromebookをチェック
  • この記事を書いた人

ともぞう

つくば在住のアラフォー会社員。ほかに『初心者による初心者の為のウイスキーの話など。』や『OLD ROOKIE』を書いてます。

-Chromebook