Acerから新たに4つのモデルが登場 Lenovo Chromebook C340・S340シリーズとの比較

Acerが新たに4つのChromebookを発表しました。クラムシェルのAcer Chromebook 311、Acer Chromebook 314、Acer Chromebook 315及びコンバーティブルのAcer Chromebook Spin 311。近頃Lenovoも同じようなシリーズを発表していますが、そろそろ年末商戦を見据えて動き出すのは例年通り。せっかくなので、Lenovo S340シリーズと比較しつつ見ていきたいと思います。

スポンサーリンク

Acer Chromebook 311とChromebook Spin 311

CPURAMストレージ
Celeorn N40004/8GB32/64GB(eMMC)

今回発表されたAcer Chromebook Spin 311はChromebook Spin 11の後継機モデルという位置づけです。クラムシェルのAcer Chromebook 311とフリップタイプのAcer Chromebook Spin 311、ともにHD IPSディスプレイにIntel Celeorn N4000を採用。Acer Chromebook 311はRAM 4GBにストレージ32GBですが、Acer Chromebook Spin 311はRAM 8GB、ストレージ64GBモデルが用意されるようです。

似たようなスペックのLenovo C340-11とAcer Chromebook Spin 311を比較すると、こんな感じです。

モデルLenovo S340-11Acer Chromebook Spin 311
ディスプレイ11.6インチ(1366×768)
CPUIntel Celeron N4000
RAM4GB4/8GB
ストレージ32/64GB32GB
I/O2x USB-A 3.1、2x USB-C、MicroSDカード
重量約1.2kg
サイズ290×207.8×17.8mm297x210x230 mm
バッテリー持続時間約10時間
価格$289$329.99

Lenovo C340-11と同様、USB-CとUSB-Aが2つづつついているので、使い勝手はよさそうです。

Acer Chromebook 311とAcer Chromebook Spin 311の違いは

・Acer Chromebook 311はRAM 4GBのバージョンのみ
・Acer Chromebook 311は重量が約1.08kg

という2点。また、Acer Chromebook 311はタッチスクリーンがオプション扱い、Acer Chromebook Spin 311についてはワコムスタイラスペンがオプションとなります。Acer Chromebook 311が$249.99から、Acer Chromebook Spin 311が$329.99から。

[2019.9.9 追記]
Acer Chromebook 311ですが、こちらは教育市場向けのモデルで、耐水性があり(キーワードから底へ続く穴があり、水を排出できる)、ヒンジも丈夫に作られているとのことです。水(主にハイボールとビール)をノート型PCへぶっかけてしまう私にとって、耐水性があるモデルとなると、一気に魅力度が増します。


Acerの11.6インチモデルと言えば白い安価なCBシリーズやR11などがありますが、どうも影が薄い。頼みのChromebook Spin 11も、あまり話題になっている感じがありません。この分野は最強のLenovo C330が独り勝ち状態と言っていいでしょう。そんななか、見た目がシックになったAcer Chromebook 311が起死回生のモデルになるかどうか。スペックを見る限りは大ヒットとなる要素がなく、Lenovo C340も発売するようなので少々厳しそうですが、推移を見守りたい。

Acer Chromebook 314

CPURAMストレージ
Celeron N4100最大8GB(LPDDR4)最大64GB(eMMC)

Acer Chromebook 314はフルHDのタッチスクリーン搭載のクラムシェルで、$279.99から。現行のAcer 14よりも、やや厚く見えるのが気になるところ。Lenovo Chromebook C340-14と比較してみます。

モデルLenovo S340-14Acer 314
ディスプレイ14インチ(1920×1080/1366×768)14インチ(1920×1080)
CPUIntel Celeron N4000Intel Celeron N4000/N4100
RAM4GB~8GB
ストレージ32/64GB
重量約1.4kg?
バッテリー持続時間10時間12.5時間
価格$249$279.99

ただ、こちらもスペックはRAM最大8GB、ストレージ最大64GBという情報なので、$279.99~というのはスペックをCeleron N4000/RAM 4GB/ストレージ 32GBに落としたモデルでしょう。



バッテリー持続時間は12.5時間と長め。

まあ無難にまとまっているな、という印象です。

Acer Chromebook 315

acer_chromebook_315

CPURAMストレージ
Celeron N4000/N4100 Pentium N5000最大8GB最大128GB

クラムシェル型15.6ディスプレイのAcer Chromebook 315はAcerの現行の15.6インチエントリーモデルAcer Chromebook 15はCeleron N3350なので、この後継機といった位置づけです。テンキー搭載。

最近は15.6インチサイズのモデルも各社こぞって出している印象。ASUSからもほぼ同等のスペックを持つAsus Chromebook C523が販売されています。

Acer Chromebook 315、CPUはIntel Celeron N4000、Celeron N4100の他、Pentium Silver N5000のバージョンもあるとのことです。価格は14インチ版のAcer Chromebook 314と同じく$279.99~なので、15.6インチフルHDディスプレイがあることを考えると、かなりお得です。

Lenovo Chromebook C340-15はフリップタイプなので比較として適切かどうかはさておき、こちらはPentium Gold 4417UとIntel Core i3-8130Uが選択可能。Passmark Benchmarkスコアはそれぞれ3,2435,024でAcer Chromebook 315のN5000は2,443程度。ただPentium Gold 4417UとIntel Core i3-8130Uは2コアで、Pentium Silver N5000は4コアなので、その辺りの違いがどう体感に影響するのか。

まとめ

全体的に無難なアップデートという感じの3モデル。現行モデルが古くなってきたので、そろそろ新しくしておくか、といった感じで大きなサプライズはありません。ただベゼルもかなり狭くなり、両サイドにUSB-Cを備えているので、ツボはしっかり押さえた良モデルです。

また、これからはN4000~のモデルが最低限のスペックになってくるようです。なお、かなり前に報じたAcer Chromebook 714/715は指紋認証を搭載したプレミアムモデルですが、こちらも待ち遠しい。

推移を見守りたい。

現在過去記事を全体的にリライト中です。よければ過去記事もご覧ください。目次 | Chrome通信