おすすめアプリ・拡張機能

過去記事でちょくちょくChromeアプリや拡張機能を紹介していましたが、全部ここにまとめることにしました。それではどうぞ。

テキストエディタ

シンプルなタブつきテキストエディタ「Text」

動作が軽いシンプルなメモ帳「Text」ですが、最大のポイントはタブがあること。写真はタブを2つ開いたところ(赤矢印)タブの追加は「NEW」を押すだけ(緑矢印)

CSSやHTMLをいじる際、取り敢えずタブ2つにコマンドをコピペして置いて、1つのタブはバックアップとしてとっておけば、問題が起こった時に元に戻せるという利点があります。

Textをウェブストアでダウンロード

【Chromebook】高機能なテキストエディタ「Caret」

普段は「Text」を使っているのですが、「検索&置換」がしたいときは、高機能なテキストエディタ「Caret」が便利。

立ち上がりも速く動作も軽快。かなりの高機能でマクロが組めたりもします。ちょい高機能なテキストエディタとして常備しておくといざというときに使えると思います。

Caretをウェブストアでダウンロード

タブ系

タブをまとめる拡張機能「One Tab」

Chromeでタブを開きすぎて何が何やら分からなくなる、というときに便利なのが、開いているタブを全部1つのタブにまとめてくれる拡張機能、「One Tab」。下画像の「One Tab」のアイコンをクリックすると、開いているタブを全て閉じて1つのタブに、URL付きのリンク集という感じにまとめてくれます。
One Tab

また、まとめたタブは保存され、「One Tab」をクリックするごとにURLが追加されていきます。リンクをテキスト形式などでエクスポートしたり、ウェブページとして公開したり出来るので、複数のPCでリンクを共有することも可能です。

ちなみに「One Tab」を使うと一旦タブが全閉じの状態になります。「艦これ」をやっているタブなど、閉じたくないタブがある時は、一旦そのタブをドラッグアウトし、1つの独立したページとしておきます。そして元のウィンドウで「One Tab」を実行すればいいです。

One Tabをウェブストアでダウンロード

絶対に閉じたくないタブがあるときに「TabJump」

絶対に閉じたくないタブをロックする機能が便利な拡張機能「TabJump」。提督必須の拡張機能です。写真右上の鍵アイコンをクリックすることでロック出来ます。

なお、ロック機能を有効にするには拡張機能を追加後、タブをリロードする必要があります。

TabJumpをウェブストアでダウンロード

通信系

ブラウジングの通信量を減らす「Data Saver」

格安シムを使っている人が特におすすめ。ブラウジングの通信量を減らすGoogle公式の拡張機能「Data Saver」。使い方は簡単で、追加されるアイコンをクリックするだけ。仕組みは

データセーバーを使用すると、ほとんどのウェブ トラフィックは Google サーバーを経由して端末にダウンロードされるようになります。Google サーバーでは圧縮が行われるため、端末にダウンロードされるデータの量は少なくなります。

とのことです(公式ページ)。通信量は約50%になるとのことですが、画像が不鮮明になったりすることがあるようです。

Data Saverをウェブストアでダウンロード

「Pushbullet」が便利!デバイス間でのリンクや画像のやり取りに

ちょいとしたファイルの転送に便利な「Pushbullet」。デバイスからデバイスへファイルやURLを直接転送出来るサービスです。使い道としては

・PCで見つけたレシピをスマホに送る
・スマホで撮った写真をPCやタブレットに送る
・スマホで見つけた面白そうな記事のURLをPCに送る

などなど。特に、スマホで撮った写真をPCへ直接送れるのが素晴らしく便利。あと、知らない場所へ出かけるとき、Google Mapで目的地を表示した状態で、Pushbulletのアイコンをクリックすると、その地図のURLをスマホに送ることが出来ます。

Pushbulletをウェブストアでダウンロード

サウンド系

選択したタブだけ消音する「Mute Tab」

Chrome拡張機能「Mute Tab」はその名の通り、選択したタブだけを消音出来る機能です。「艦これ」タブを開きっぱなしにしつつもYouTubeを見たい、なんていう人にはありがたい機能。ショートカットも設定可能で、初期設定では「Alt+m」でアクティブなタブを消音することが出来ます。

Mute Tab Shortcutsをウェブストアでダウンロード

イコライザーの拡張機能「Ears」

タブで再生する音源をイコライザー調整出来る拡張機能です。操作方法ですが、YouTubeを例にとって説明すると、YouTubeを再生しているタブを選択した状態でアイコンをクリック。

chrome-extension-ears

青白い点が水平に並んでますが、これをクリック&ドラッグすることで音が変わります。左に行くほど低音、右に行くほど高音。説明するよりやってみるのが早いと思います。

chrome-extension-ears2

Amazon PrimeビデオやNetflixでアクションものを見るときやYouTubeで音楽聞くときなど役に立つ。外部スピーカーに繋がないとあまり意味がないですが、低音を強調して再生すると見慣れたYouTube動画も新鮮な気持ちで味わうことが出来ます。

Earsをウェブストアでダウンロード

その他

拡張機能をシンプルにオン・オフ出来る「Simple Ext Manager」

拡張機能のオン・オフはメニューから拡張機能と進んで操作するか、アドレスバーに「chrome://extensions/」を打ち込むかで操作するのが通常のやり方ですが、この操作をシンプルにしてくれる便利な拡張機能が「SimpleExtManager」。Chromeにインストールすると追加されるアイコンをクリックすると、プルダウンメニューで拡張機能とChromeアプリが一覧で出てきます。チェックボックスをクリックすることでアプリ・拡張機能のオンとオフが切り替わります。また、それらを削除することも可能です。

simple ext manager

この拡張機能はChromebookを持っている人は勿論、そうでない人にもものすごくおすすめです。

SimpleExtManagerをウェブストアでダウンロード

Gメールをポップアップで通知する「Checker Plus for Gmail」

メールが来るとポップアップで知らせてくれる「Checker Plus for Gmail」。「Checker Plus for Gmail」のいいところは、ポップアップから直接メールを削除・返信出来るところ。わざわざGメールのページを別途開く必要はありません。

また、設定で複数のGmailアカウントを追加することも出来ます。複数のメールアカウントをチェックしたい人は、これを設定しておけばわざわざシークレットモードからGメールへアクセスする手間が省けます。

設定方法ですが、拡張機能を追加すると、メールのカタチのアイコンが追加されるので、そのアイコンを右クリック>[オプション]をクリック。

 checker-plus-for-gmail


checker-plus-for-gmail

メニュー>「ACCOUNTS/SETTING」>[ADD ACCOUNT]と進み、必要な情報を入力すればアカウントの設定完了です。なお、通知の方法など細やかな設定もオプションで設定可能です。

Checker Plus for Gmailをウェブストアでダウンロード

自動ログイン機能が便利なパスワード管理系拡張機能「LastPass」

パスワード管理の拡張機能「LastPass」の便利な点は、自動ログイン機能。艦これやWordPressなどへのログイン時に、「パスワード」と「ユーザーネーム」はChromeブラウザーのデフォルト機能で入力してくれますが、その後、ログインボタンをクルックする一手間があります。その一手間を無くしてくれるのがLastPass」。

自動ログイン機能の設定方法ですが、まず拡張機能をインストしていつも通りログインします。するとページ上部に「サイトを保存する」という緑のアイコンが出てくるのでそこをクリック。するとこんな画面になります。

lastpass-demo

下の方にある「高度な設定」をクリックすると、「自動ログイン」という項目が出てくるので、自動ログインしたい場合をここをチェックします。そして「保存」をクリックすれば、次回から自動的にログイン出来るようになります。

LastPassをウェブストアでダウンロード

英語が必須な方に必須な拡張機能「Grammarly」

英語が必要な方におすすめのGrammarly。文法のミスを修正してくれるというものなのですが、レベルが高いです。私の苦手な前置詞の間違いや抜け、単語のスペルミス、コンマの位置のミスなど、多岐に渡って英文を修正してくれる優れもの。WORDのスペルチェッカーなどありますが、文法のミスなどの修正はこちらの方が遥かに上。なにせWORDプラグイン用の「Grammarly」も用意されているくらいです。

Grammarlyをウェブストアでダウンロード

まとめ

随時追加予定です。

(Visited 43 times, 1 visits today)