【Chrome】拡張機能とアプリの違いとは?

Chromebookをより便利にするChormeの「拡張機能」と「アプリ」。妻からどう違うの?と聞かれたのをきっかけに少し違いを説明したいと思います。なお、現在ChromeアプリはWindows向けのサービスを終了し、Chromebookにのみ提供されています。

スポンサーリンク

Chormeの拡張機能とは

拡張機能はChromeブラウザーの機能を拡張するものです。拡張機能を追加すると、Chromeブラウザーの右上にアイコンが追加されることが多いです。

例えば開いているタブを1つにまとめてくれる「OneTab」やPC開いているページのリンクをタブレットやスマホに送信出来る「PushBullet」などがそれにあたります。他にはバックスペースキーで1つ前のページに戻る機能を追加するものや、ショートカットキーで任意のタブを消音モードにする「MuteTab」など、ブラウザーをあなた好みにするものが拡張機能。

拡張機能はあくまでブラウザー上で動作するものなので、ブラウザーを使わない場面では無用のものです。

アプリとは

アプリはホステッド・アプリとパッケージド・アプリの2種類があります。ホステッド・アプリとは基本的にウェブ上で動くアプリです。アプリは全てアイコンがついてますが、内容はただのリンクの場合もあります。代表的なホステッド・アプリはGoogle Driveがありますね。まあGoogle Driveはオフラインにも対応していますが、対応していないものが多い。このあたりが「Chromebookはネットに繋がないと何も出来ない」という誤解を招く原因でもあります。

そこで登場するのがパッケージド・アプリ

これはスマホなどのアプリと同じ概念のもの、普通の人が一般的に使う用語「アプリ」のことです。パッケージド・アプリはアプリを動かすためのものをひとまとめにしてローカルにダウンロードするため、オフラインでも動作可能です。

ウィンドウも独立のものが開くことが多いです。代表的なのがメモ帳アプリの「Text」ですね。使っている人も多いと思いますが、これはブラウザーでは無く独立したアプリで、勿論オフラインでも動作します。なんたってアプリですからね。従って「Chromebookはネットに繋がないと何も出来ない」というのは誤りです。

拡張機能とアプリの追加方法

拡張機能とアプリの追加はGoogleのウェブアプリストアから行います。Chromeブラウザのブックマークバーの一番左に「アプリ」とあリますので、そこをクリックします。すると一番左上に「ウェブストア」がありますのでクリック。

あとは検索バーから好きなものを探して追加します。iPhoneのApp StoreやAndroidのGoogle Play Storeのクローム版と考えれば分かり易いと思います。

ウェブストア

拡張機能とアプリの管理方法

拡張機能とアプリはChromeブラウザで管理します。手順はブラウザ右上の「3つの点が縦に並んだアイコン」をクリックし、「その他のツール」>「拡張機能」と進みます。もしくはブラウザのアドレスバーに「chrome://extensions」と打ち込みます。「拡張機能」という名前ですが、アプリの管理もここで行います。

Chrome 拡張機能とアプリの違い まとめ

Chromeブラウザを便利にするのが拡張機能、アプリがアプリ(笑)ということでお分かり頂けたでしょうか?普通に使う分には全く意識する必要はない知識ですが、ご参考まで。

現在過去記事を全体的にリライト中です。よければ過去記事もご覧ください。目次 | Chrome通信