Chromebook初心者向けガイド

Chromebookを外部ディスプレイに接続する方法と使いやすくする設定を解説

2021年8月16日

Chromebookを外部ディスプレイに接続する方法

はじめまして、Chromebookを7年以上愛用しているクロームブッカーともぞう(@tomozou3500)です。このサイトではChromebookについての情報を発信しています。

この記事ではChromebookをテレビやPCモニターなどの外部ディスプレイに接続する方法とマルチディスプレイ環境下でChromebookをより便利に使うためのディスプレイの設定項目について解説します。

Chromebookを外部ディスプレイに接続してマルチモニターで使う予定の方は必見です。

メモ

もちろんChromebookは通常のPCと同じく拡張機能・ミラーリングのどちらにも対応しています。

外部ディスプレイへの接続はHDMIケーブルかUSB Type-Cポートで

Chromebookを外部ディスプレイに繋ぐにはHDMIポート、もしくはUSB Type-Cポートを使用します。

HDMIポートがあるChromebookの場合は、普通のHDMIケーブルで外部ディスプレイと接続すれば、簡単にデュアルディスプレイ環境になります。

HDMIポートのないChromebookの場合は、USB Type-Cポートを使って外部ディスプレイへ接続することになりますが、方法は以下の2通り。

  • USB Type-C⇔ HDMIケーブルを使う
  • USB Type-C⇔ HDMI変換アダプタ⇔HDMIケーブルを使う

ディスプレイについて

ディスプレイにHDMIポートがある前提で話を進めていますが、もしHDMIポートがない場合は変換器も必要です。


①のケーブルを使う方法だと配線がスッキリしますが、②の変換アダプタを使う方法は、HDMIポートのほかにUSB Type-AポートやType-Cポートが備わっているものがあり、拡張性の面において利点があります。

USB Type-C⇔ HDMIケーブルとはこういったものです。これならChromebookをモニターに接続することが出来ます。

USB Type-C⇔HDMIアダプタは、商品によりポートの種類や数が異なります。また、ポートを使ってディスプレイに接続する場合は別途HDMIポートが必要です。

△私調べだと品質・価格の両面からAmazonベーシックタイプが断然おすすめ。

ミラーリングと拡張表示の切り替え方

外部ディスプレイでの表示に関しては通常のPCと同様、Chromebookと外部ディスプレイで同じ画面を表示するミラーリングモードと別々の画面を移す拡張表示機能があります。切り替えるコマンドはCtrlとウィンドウボタン()の同時押しです。

外部ディスプレイの設定

Chromebookと外部ディスプレイをケーブルでつなぐと自動的に画面が出力されますが、ここでは外部ディスプレイをより使いやすくするための設定方法をご紹介します。

Chromebookのディスプレイに関する設定の目玉は配置に関する設定で、外部ディスプレイをChromebookのどちら側に置くかというもの。例えば外部ディスプレイをChromebookの左に配置するとChromebookの左端=外部ディスプレイの右端が接続され、そこからマウスカーソルが行き来できるようになります。

設定方法は、まずChrome OSの設定画面を開きます。

Chrome OSの設定を開く

画面右下のタスクトレイ(時計が表示されているところ)をクリック>ウィンドウの歯車ボタンをクリックでChrome OSの設定画面が表示されます。

Chrome OSの設定を表示
右下の時計が表示されている領域をクリックするとこのウィンドウがポップアップ表示される。右上の歯車アイコンをクリックするとChrome OSの設定画面になる。

ブラウザの右上の3点アイコンから入るとChromeブラウザの設定画面が表示されます。見た目はChrome OSの設定とほぼ同じですが別ものなので注意。

Chrome OSの設定画面を開いたら左端のメニューからデバイスを選択し、ディスプレイを選択すると設定画面に入ります。

 Chromebook ディスプレイの設定

ディスプレイの設定画面

ディスプレイの設定画面は以下のように表示されます。下の画面はChromebookをSHARP製テレビと接続している状態です。

Chromebookのディスプレイ設定画面 内蔵ディスプレイが外部ディスプレイの左に位置


画像ではSHARPのテレビが右側に配置されています。この場合はChromebook内蔵ディスプレイの右端とテレビ画面の左端が繋がっていて、そこからマウスカーソルが行き来できる状態です。

つまり、下記イラストのような状態になっています。

Chromebook右と外部ディスプレイ左接続したところ

設定画面の「画面」欄に「拡張ディスプレイ」とありますが、プルダウンメニューから外部ディスプレイを「メイン画面」にすることも可能です。


外部ディスプレイはドラッグ&ドロップで配置を変えることが出来ます。TVのアイコンをドラッグして左に持ってきたのが次の画像。

Chromebookのディスプレイ設定画面 内蔵ディスプレイをドラッグして外部ディスプレイの右に移動



今度はChromebook内蔵ディスプレイ左端とテレビ画面右端が繋がっている状態です。

上下に配置することも

さらにディスプレイを上下に配置することも可能です。この場合はChromebook内蔵ディスプレイ上端と外部ディスプレイの下端が繋がります。

Chromebookのディスプレイ設定画面 上下に並べることも可能



Chromebookを手元に置きつつTVに接続するといった場合では使い道があるかもしれません。

あとは「ウィンドウを複数のディスプレイで表示できるようにする」という機能がありますが、これをオンにすると2つのディスプレイを結合してあたかも1つのディスプレイのように表示するというもの。この機能をオンにした場合、例えばChromeブラウザを最大化すると2つの画面に跨って1つの画面が表示されます。特に使い道がないですが、Chromebookと同じサイズのサブディスプレイがあるなら使える可能性がある程度です。

なお、設定画面にある内蔵ディスプレイとはChromebookのディスプレイのこと。ここで解像度の変更ができますがキーボードショートカットのCtrl+Shift+[+/-/0]を使う方が便利です。

まとめ

デュアルディスプレイはとにかく便利です。PCモニターは今かなり値段が下がっていて、24インチの高解像度モニターが15,000円程度となっています。

机でChromebookをお使いの方は、導入を検討してはいかがでしょうか?


Chromebookのディスプレイの設定に関する説明は以上になります。

【2022年10月最新版】Chromebookの選び方ガイド

チェックする6つのポイントとおすすめモデル7選

トップへ戻る

PR

関連記事

  • この記事を書いた人

ともぞう

つくば在住のアラフォー会社員。他にブログ『初心者による初心者の為のウイスキーの話など。』や『OLD ROOKIE』を運営しています。

-Chromebook初心者向けガイド