Chromebookで設定できることのすべて

2020-02-04

デバイス

ここからはキーボード、マウス、ディスプレイなど、一番使い勝手に影響する部分の説明です。

マウスとタッチパッドに関する設定

マウスの設定項目はメインボタンを右にする、逆スクロール、マウス速度の変更やアクセラレーションの有効化など。

タッチパッドは速度を変更するほか、タップによるクリックを無効・有効にしたり、スクロールを逆方向(ネイティブ)にしたり。おすすめは2本指で上に動かすと、画面が下にスクロールする[タッチパッドのスクロールを逆方向にする]設定が可能。

キーボードに関する設定

キーボードは検索キー、Ctrl、Alt、エスケープキーの割り当てを変更するほか、キーボード最上段にあるキーをファンクションキーに変更することが可能。デフォルトではオフになっており、検索キー+最上段のキーでファンクションキーとして動作するようになっています。

自動リピートというのは、例えばバックスペースを押しっぱなしにしたとき、どんどん前のものを消していく動作を差します。オフにしていると、バックスペースを押しっぱなしにしても一文字分しか戻りません。デフォルトでオフになっていることもあるので、一度見ておいた方がいいかも。

Chromebook Keyboards
Chromebookのキーボード

キーボードショートカットはここでも確認できますが、[Ctrl]+[Alt]+[?]を押すと一発で表示できます。Chromeブラウザには搭載されていないChrome OS独自のショートカットも多数あります。

ちなみにマウス・キーボードとの相性ですが、今のところ問題ありません。有線のものはもちろんUSBワイヤレスマウス、Mac用キーボード、Bluetooth接続のMac用MagicPad、USBのプレゼンターも動作を確認済みです。

言語と入力

[言語と入力]に関する設定。日本語入力の設定などはここで行います。

[言語を追加]を押すと、任意の言語を追加することが出来ます。

参考記事

入力方法

入力方法の欄ではキーボードの入力に関する設定をカスタマイズ可能。

日本語入力の設定では「かな入力」を選択できるほか、ユーザー辞書の登録も可能です。スペースの入力の欄はデフォルトで全角になっていますが、半角にしておくと日本語入力の際にも全角スペースでなく半角スペースになります。

英字キーボードは[日本語入力(USキーボード用)]に設定しますが、日本語キーボードのChromebookをお持ちの方は[日本語入力(日本語キーボード用)]に設定します。

入力方法を管理

ディスプレイと外部ディスプレイ

Chromebookは外部ディスプレイに接続してミラーリング表示・拡張表示が利用可能なのですが、ディスプレイの配置をカスタマイズ可能。ディスプレイをまたいでマウスのカーソルを動かせるのですが、設定でディスプレイの位置を入れ替えて、本体のディスプレイの左端を出入口にすることも、右端を出入口にすることも可能です。

下の2枚の画像で言えば、左の画像は本体ディスプレイの左端を通してディスプレイをまたぎ、右の画像では右端でまたぐ設定になります。

また、本体のディスプレイ・外部ディスプレイともに解像度とディスプレイの向きを変更可能。スケジュールで起動するナイトモードも設定可能にすることも可能です。

縦表示に対応

ナイトモードは寒色・暖色のスライドバーがあり、好みの表示にすることができます。

オン/オフのスケジュールも設定可能

外部ディスプレイへの接続はHDMIまたはUSB Type-Cから。

ストレージ管理

内蔵ストレージや外付けのストレージ管理に関する項目。ただ、[ダウンロード]右のアイコンを押すとダウンロードフォルダへ、[他のユーザー]右のアイコンを押すと前述の他のユーザーの管理の項目へ飛ぶだけなので、お世話になることはないです。

[外部ストレージの設定]では外付けメディアをAndoroidアプリで使うかどうかを設定できます。

SDカードに入れたメディアをAndroidのVLCアプリで利用したいという場合等では、ここで外付けメディアを有効化し、アクセスできる状態にしておく必要があります。今まではAndroidのVLCアプリを使っても外部メディアの動画ファイルを読み取ってくれなかったのですがこの設定を有効にすると、無事に読み取ってくれるようになりました。

外付けストレージに関しては、SDカード(SDXCにも対応)、USBスティック型メモリ、外付けHDDなど、いずれも問題なく使用可能です。これらはプリインストールの[ファイル]アプリで中身を閲覧可能です。

電源に関する設定

電源の項目ではアイドル状態のとき[スリープモードにする]・[画面をオフにする]・[画面をオンのままにする]のいずれかを選択可能。デフォルトではスリープモードになるようになっています。Chromebookはスリープモードからの復旧は一瞬なので、このままでいいと思います。

次のページへ >

PR

関連記事

  • この記事を書いた人

ともぞう

つくば在住のアラフォー会社員。ほかに『初心者による初心者の為のウイスキーの話など。』や『OLD ROOKIE』を書いてます。

-Chrome OS, 使い方