Chromebookで設定できることのすべて

2020-02-04

Chromebookに搭載されているChrome OSですが、機能を絞っている分設定できるが少なくカスタマイズ性が乏しい、というイメージをお持ちの方がいらっしゃるかもしれませんが、Chrome OSは設定できることが意外と多く、かゆいところにちゃんと手の届くようになっています。

また、Chrome OSで設定できることや自分の使い方にあった設定が出来るかどうかは実際に買ってみないと分からない部分もあると思いますので、今回はChrome OSで設定できることを出来るだけ詳しく解説したいと思います。

簡易な設定は右下のタスクトレイから

詳細な説明の前にChrome OSの設定について紹介します。

下の画像で下にある帯がタスクバー、右下にある時刻が表示されているところがタスクトレイと呼ばれます。

タスクバーには任意のアプリやショートカットを並べることができます。タスクトレイをクリックすると、ポップアップメニューが表示されます。

タスクトレイ
タスクトレイをクリックするとクイック設定が表示される

Wi-Fiの設定、Bluetoothのオン・オフ、通知のオン・オフ、ボリュームや画面の明るさ、オーディオ出力先などはここからも設定できます。

ちなみに、タスクバーの表示位置は右・左・下から選ぶことができますし、普段は隠しておいてマウスオーバーで表示する設定も可能です。上の画像はタスクバー下、下の画像はタスクバー右の状態です。Chromebookではタスクバーは右にしておくとウェブサイトの表示領域が広くなるのでお勧めです。

ポップアップメニュー内の右上に、歯車アイコンがありますが、ここをクリックするとChrome OSの設定画面に入ります。以降はここの説明です。

Chrome OSの設定を表示
詳細な設定はタスクトレイの設定アイコンをクリック

画面が長いのでいくつかのセッションに分けて紹介していきます。

ネットワーク~接続済みのデバイス

ネットワークの設定

Chromebook ネットワークの設定

Wi-Fiの設定です。出先で普段と違うWi-Fiに接続するときなどに使いますが、タスクトレイのWi-Fiアイコンをクリックして直接操作するほうがラクです。また、VPNネットワークへの接続もここから設定します。VPNサービスを導入している事業所にお勤めの方などは出先から社内LANにアクセスする、などという使い方もあるかと思います。

Bluetooth

Bluetooth機能のオン/オフやBluetooth機器のペアリングはここからも行えます。ただ、これもタスクトレイにあるのでそちらから設定するのが吉。

Chromebook Bluetoothの設定

接続済みのデバイス

アンドロイド スマートフォンとの連携を設定します。連携することでニアバイシェア機能のほか、パスワードなしでログインできるスマートロック機能テキストメッセージ機能の同期などが設定可能です。

Chromebook 接続済みのデバイス

もっと詳しく

スマホが名画表示されているところ(上記画像ではPixel 5)の右の矢印をクリックすると下記画面が表示されます。

最近追加されたPhone Hub機能はAndroidスマホをBluetoothで接続しChromebookからスマホの音を鳴らしたり、マナーモードに切り替えたり出来る機能です。

Chromebook Androidスマホとの連携機能

次のページへ >

PR

関連記事

  • この記事を書いた人

ともぞう

つくば在住のアラフォー会社員。ほかに『初心者による初心者の為のウイスキーの話など。』や『OLD ROOKIE』を書いてます。

-Chrome OS, 使い方