インターネット動画サービスとChromebookの相性が抜群な2つの理由

アマゾンプライムビデオなどの動画サブスクやTver・Abemaなどが登場して以来、ますます使用機会が増えたChromebook。HDMIでTVに繋ぐことで快適に動画サービスをエンジョイできます。

そんなChromebookと動画サービスの相性の良さを語りたい。

スポンサーリンク

ネットでの動画視聴とChromebookの相性が抜群な2つの理由

amazon_prime_video

初めに言っておきますが、Chromebookで動画視聴ができるのかというと、全くストレスなく出来ます。それくらいのパワーは十分備えています。また、過去はChromebookに対応していないサービスもちらほらあったのですが、今はほぼないです。

NetFlixなど海外のサービスは漏れなく対応していましたが、GyaoやDMM、dTVなど日系サービスは対応していないケースもありました。今は大分改善されました。

どうしても無理なら以下の方法を試してみて下さい。これで解決します。

①ファンレスなモデルが多いChromebook

モデルにもよりますが、Chromebookは大体ファンレスなので全くの無音です。動画視聴中はこれが意外と大きいです。

何かを見ているときはやはり静かな方がいい。ファンがガーッと回ったりすると興ざめですからね。Chromebookを使い出してからは、むしろPS3のファンの音が気になるようになってしまいました・・・

ファンレスですが、Chromebookは省電力のCPUを搭載しているため、熱はほとんど持ちません。

②バッテリー持ちが良いChromebook

バッテリーは旧型のAcer Chromebook CB3-111の場合公表8.5時間。このバッテリー持続時間はChromebookとしては標準的な部類ですが、当然使い方で持続時間は変わってきます。動画を連続で見ていると、持続時間は大体6時間程度になると思います。6時間も動画を見続けるなんていうこともあまりないので、十分でしょう。リビングに持って行ってTVに繋いで映画を見る、なんていう時など、わざわざアダプターを持っていく必要がないのでありがたし。

現在(2020年)はバッテリー持続時間もますます長くなっている傾向にあります。動画連続再生10時間程度なら問題なさそうです。

ただし、ディスプレイを閉じてテレビや外部ディスプレイに繋いで視聴している場合は話が別。液晶画面やスピーカーの出力が不要になるため、かなりバッテリー持ちがよくなります。15時間くらいは平気です。なお、画面を閉じて使うことが多い場合は、Bluetoothの安いキーボードを用意しておくと便利です。

総括

ネット動画プレイヤーとしても最高のChromebook。なお、今のところAmazonプライムビデオのほかにNetFlix、U-Next、Tver、AbemaTVなどで動作を確認しています。これはどうなの?というのがあれば、コメントくだされば出来る限り検証してみます。

現在過去記事を全体的にリライト中です。よければ過去記事もご覧ください。目次 | Chrome通信