Chromebook Tab 10の使い道を考える

2018-08-07

Chromebook Tab 10が急に心に来て以来ぼんやりと使い道をイメージしつつ未だ購入せずにいるところです。現在の私の状況に照らし合わせて思いめぐらせたChromebook Tab 10の使い道をまとめてみたい。

仕事に使える?Chromebook Tab 10

仕事でお客さんのところへ行って会社や商品を説明することがあるのですが、持っていくのはChromebook。仕事でChromebook?と思われる方もいると思いますが、食品関連の業種なのでこれくらいでちょうどよい。ガチガチのお堅い業種やクリエイティブ系ならウルトラブックやMacがしっくりきそうですが、出先でやることはたかが知れているので私はChromebookを持っていきます。

大体プレゼン資料はPDFにしてChromebookのHDMIポートでプロジェクターに接続してますがChromebook Tab 10はUSB Type-Cポート1つ。ということで外部出力にはコネクタが必要になります。

プレゼンターを使う場合はコネクタがないのでBluetooth接続のものを用意することになりそうです。

ここまで書くとメリットが全くなさそうですがスタイラスペン内臓とう点がポイント。プレゼン後の会議でのメモ書きにスタイラスペン+メモ帳アプリが活躍しそうです。

電子書籍

日帰り出張が多いのですがChromebookの他にAmazon Kindle Fire HD 7を持っていきます。

Kindle Fire HD 7は時期によって全く使わないこともあるのですが先月のAmazon Kindle Unlimitedが2か月99円というキャンペーンがきっかけで再びキンドルサービスをヘビーユース。

ということでChromebook Tab 10があればChromebookとKindle Fire HD 7を両方持っていく必要がなくなりそう。これが一番のメリットになりそうです。

バッテリー持ちのよさもモバイル用途では重要なポイントですが公式サイトによるとChromebook Tab 10は9時間稼働。これくらいあれば日帰り出張くらいなら問題はなさそうです。

Kindle Fire HD 7は漫画リーダーとしてはちょうどよいサイズ感なのですが雑誌はキツイ。紙面を縮小した感じになっているので文字が大体読めません。ズームして動かしながら文字を追い読み終わったらズームアウトしてページをめくってまたズームイン。結構煩わしく結果的に使わなくなります。

Kindle Unlimitedは気になる雑誌が結構あるので、雑誌も楽しみたいのであればChromebook Tab 10の方が良さそうです。

帰省×Chromebook Tab 10

去年も書いた気がする帰省ネタ。過去には帰省に際して新幹線ドヤリング計画などを実行に移してきましたが「こだま」がガラガラで不発などということもありました。

ここまで書いたことがほぼ全部iPadで出来る定期なのでここで1つくらいChromebook Tab 10のアドバンテージをとらねばならぬ。ということで帰省です。具体的には帰省withファミリーby車です。車で帰省する家族の方もいると思いますが、そうなると子供が退屈する問題。

去年はヘッドレストに装着して後部座席の子供たちが動画を見れるようこんなものを用意しましたがChromebook Flipが重くて不発。

Chromebook Flipをつけると重量で傾いてしまうという問題が発生したため左右のヘッドレストを紐で結んでフリップ状態のChromebook Flipをひっかけるという荒業で乗り切った記憶があります。

これもiPadで出来る定期と思われがちですが、長時間移動の場合バッテリー持ちが大きな足かせに。

シガーソケットから充電を摂ることが出来ますがiPadでは充電状態でもバッテリーが減っていき、そのうち死にます。バッテリーが一度死んだらなかなか回復しないところがiPadの泣きどころ。一時間シガーソケット充電をしてもすぐにまたバッテリーが切れると思われます。結構な大容量モバイルバッテリーをつなげても使っているとバッテリーが減り、やはりバッテリーが切れます。

恐らくですが、今までのChromebookを見てる限りChromebook Tab 10ならシガーソケット充電でもバッテリーは回復していくのではないかと思います。大容量モバイルバッテリー+USB Type-Cケーブルならより確実と思われます。

AmazonアプリやNetflixは子供向けアニメも充実しているのでGoogle Play Storeを利用して動画をダウンロードしておくと万全。こういう使い方を考えているならChromebook Tab 10があってもいいんじゃないかと思います。

まとめ

いつも通りの強引なこじつけもありつつChromebook Tab 10。iPadでええやん、と言われれば全くその通りですが、私はChromebook Tab 10でええやん、と思っています。今のところそれなりに話題となっており、完全に黒歴史化して忘却の彼方に葬られたPixel-Cと違って将来への活路がある感じがします。

今アメリカの学校は夏休み期間(6月上旬~9月)で、Chromebook Tab 10の真価が問われるのはこれからです。もし一定の成功を修めれば後に続くメーカーも出てくることでしょう。発表当初は完全に興味がなかったChromebook Tabですが今は興味津々。推移を注視したい。

*今はハードウェアスペック同じで価格が安く米軍耐久基準MIL-810Gに準拠したこちらのモデルがおすすめです。
[amazonjs asin="B07TS5VPTW" locale="JP" title="ASUS Chromebook Tablet CT100PA (OP1 Hexa-core/4GB・eMMC 32GB/Mali-T860MP4)【日本正規代理店品】CT100PA-AW0010"]

PR

関連記事

  • この記事を書いた人

ともぞう

つくば在住のアラフォー会社員。ほかに『初心者による初心者の為のウイスキーの話など。』や『OLD ROOKIE』を書いてます。

-Acer, ASUS, タブレット型, モデル紹介
-, , ,