急に心に来たAcer Chromebook Tab 10について調べてみた

2018-07-19

Chrome OSを搭載したタブレットAcer Chromebook Tab 10が、「結構いいのではないか」と急に心に来ました。

好むと好まざるに関わらず、タブレットと言えばiPad一択という状況の中で、似たようなスペックのAcer Chromebook Tab 10と新型iPadを比較しつつ見ていこうと思います。

Acer Chromebook Tab 10 とは?

Acer Chromebook Tab 10はChrome OSを搭載したタブレットです。

まだキーボードがおぼつかない小学校3年生くらいまでの生徒向けに開発された、米教育市場をにらんだタブレットです。

Acer Chromebook Tab 10 スペック

スペックをざっくりまとめると以下のようになります。

モデルAcer Chromebook Tab 10iPad(2019)モデル
ディスプレイサイズ9.7インチ(2048x1536)
CPUOP1(2GHz)A10
RAM4GB2GB
ストレージ32GB
重量548g469g
厚み1.01mm7.5 mm

Acer Chromebook Tab 10はディスプレイは9.7インチIPSディスプレイ、解像度は2048x1536と、同時期に発表された新型iPadと全く同じ。レビュー動画によると、明るさも申し分ないようです。ポートはUSB-C1つ。これで充電など賄います。そのほか、イヤホンジャックと、マイクロSDカードスロットが搭載されています。

そして、Acer Chromebook Tab 10の最大の特徴はワコムペンが付属している点。本体に収納できるようになっています。背面は青のテクスチャーがあるラバーと見えます。持った時に落としにくいようになっていると思われます。

Acer Chromebook Tab 10とiPadのハードウェアの相違点

気になるiPadとの違いはAcer Chromebook Tab 10本体は若干分厚くて重い。ここはマイナスポイントですがその分頑丈になっているという意見もあります。

Chromebook Tab 10がiPadに勝っている点はRAM。さらに、iPadにはSDカードスロットがないのでストレージが心もとない場合、初めから128GBモデルを選択しなければなりません。

Acer Chromebook Tab 10とiPad(32GB)モデルはともに$329なのですが、iPad 128GB版は$429です。128GBでSDXCのmicro SDカードが¥4,000を切る今、96GB増やすのに$100上乗せというのは割高感が否めません。

また、iPad関連製品の充電ケーブルは使い回しが出来ず、汎用的なUSB-Cの方が楽です。

さらにiPadにはApple Penが付いていません。第六世代になって「使える」ようにはなっていますが、純正品は別売りで$94。純正品でなくていいなら$29ですが地味に高い。本体に収納できない点もマイナス。サッと取り出して手書きでメモを取るといったシチュエーションを考えれば本体収納の方が便利。

Acer Chromebook Tab 10とiPadの使い道の相違点

パッと見は同じように見える両者ですが中身はまるで違います。Acer Chromebook Tab 10はPCに最適化されており、iPadはタブレットに最適化されています。

純粋にタブレットとしてライトに使いたい場合はiPadを選んでおけば間違いないでしょう。

私がわざわざこんなことを言うまでもなく100人いれば全員がiPadを選ぶと思いますが。

ただChrome OSの良さはログインすればいつでもそこに自分の環境があるという点。家族で使いまわしをしたり、Googleオフィス系アプリで作業をするのであれば間違いなくこちらに利があります。特に教育市場などデバイスの使いまわしをせざるを得ない状況では、この良さが如何なく発揮されます。

Acer Chromebook Tab 10で一つだけ気になる点は、ログイン時のパスワード。この辺り、Chrome OSそのままだとすれば、パスワードをソフトウェアキーボードで入力するハメになりそうです。iPadよろしく、数字の組み合わせや、Androidのパターン認証などがあればいいのですが、この辺りはあまり期待できそうにないですね。Androidがあれば、「スマートロック機能」により、クリックだけでログインできますが、この点だけ気になります。

PINコードログインに対応しました。

まとめ

書き始めはメリットが思いつかなかったAcer Chromebook Tab 10ですが書いていくうちにメリットを発見。家族で使いまわしするならAcer Chromebook Tab 10がいいでしょう。

また、キーボードやマウスを接続してがっつり作業したいときも、4GBあるAcer Chromebook Tab 10の良さがでると思います。マルチウインドウで使うことも、もちろん可能です(Chrome OSなので)。また、Chrome OSのタブレットという新しい分野への第一歩としては、試金石的な意義を持ったモデルです。一定の成功を収めれば、他社もより洗練されたモデルを投入してくることでしょう。

後にASUSからミリタリー基準のMIL-STD-810Gに準拠するASUS CT100が登場しています。現時点ではこちらがおすすめ。

主戦場の教育市場においてはAcer Chromebook Tab 10は複数の生徒によるマルチログインが可能という点とすでにChromeの環境が整っていることから割とすんなりと受け入れられると予測されます。ペンやストレージなど総合的に考えると価格面でもiPadと比較して明確なメリットが存在します。

新型iPadも教育市場を狙ったものですが、ペンやストレージが高価なので予算が少ないところでは難しく、既に確固たる地位を築いたChromebookの牙城を崩すことはないでしょう。その意味ではハイエンド教育市場を狙ったものと考えるのが妥当です。

まだアメリカアマゾンでも発売していないのですが間もなく登場するはずなので静かに推移を見守りたい。


Acer Chromebook Tab 10 特設ページ

2018.7.24 追記

一つ大事な点が抜けていたので、追記。

私が妻のASUS Chromebook C100PAを使い、息子と荒野行動をしようとしたところ、息子のASUS Chromebook C101PAのバッテリーアイコンが赤くなっていることに気づく。バッテリー大丈夫?と聞くと、「大丈夫、10分も充電すれば一時間は使えるから」と答える息子。息子曰く、iPadではこんなことは出来ない、とのこと。

おお、立派なクロームブッカーになりやがって。

私の持っている(子供に与えている)iPadは、古いせいか、バッテリーの残りが10%くらいだと、充電しながらも着実にバッテリーが減り、やがて死にます。割とすぐ死にます。そして、バッテリーの充電に時間がかかること、スロークッカーが如し。一晩充電して、ようやくフル充電されるといったところでしょうか。30分ほど充電しただけでは、またすぐ死にます。

一方、Chromebookの場合は、どんなに長く見積もっても、フル充電に2時間かかりません。私の試した限り、Acer Chromebook 14 for Workはカタログスペックのバッテリー持続時間は12時間ですが、それでも2時間かかりません。体感的には1時間40分といったところです。そして何より、使用しながらでも、充電している限り、モリモリバッテリーが充填されます。そう、Chromebookならね。

ということで、iPad使いたいけど充電が、・・というシチュエーションに辟易している人、バッテリーを特に気にせず、タブレットを使いたい人にとっては、Acer Chromebook Tab 10にメリットを感じられると思います。

PR

関連記事

  • この記事を書いた人

ともぞう

つくば在住のアラフォー会社員。ほかに『初心者による初心者の為のウイスキーの話など。』や『OLD ROOKIE』を書いてます。

-モデル紹介
-, , ,