ChromeOS 機能 バッテリー・充電

【Chromebook】充電開始時にバッテリーレベルに応じた効果音が鳴るように

Chromebook、充電開始時 バッテリーレベルに応じた効果音 が鳴るように

はじめまして、Chromebookを7年以上愛用しているクロームブッカーともぞう(@tomozou3500)です。このサイトではChromebookについての情報を発信しています。

今回はChromebookのバッテリーについての話題です。

現状ではChromebookを充電器に繋いでもアイコンが変化するだけなのですが、このときに効果音が鳴るようになるとのことです。

バッテリー残量に応じて効果音が変化

面白いのが、Chromebookのバッテリー残量によってつないだ時の効果音が変わるところ。

バッテリー残量が

  • 80%以上のとき
  • 16%-80%以上のとき
  • 15%以下のとき

それぞれの場合で効果音が▽のように変化します。

バッテリー残量 80%以上
バッテリー残量 16%-80%
バッテリー残量 15%以下

なかなか面白い試みだと思います。サイレントモードの時は鳴らないようなので安心です。

バッテリー残量低下の警告音も追加

現状ではバッテリー残量ギリギリになってから「まもなくバッテリーがなくなります」と言われて時すでに遅し、といったことがなくもないのですが、バッテリー残量が15%を切った時点で警告音がなるようになります。

バッテリー残量低下の警告音

この音は「Pixel Buds」の充電が減ったときになる音と同じです。

なお、これらの機能は2023年2月にリリース予定のChromeOSバージョン110が濃厚とのことです。気長に待ちたい。

ソース:9to5Google

関連記事

【2022年10月最新版】Chromebookの選び方ガイド

チェックする6つのポイントとおすすめモデル7選

トップへ戻る

PR

関連記事

  • この記事を書いた人

ともぞう

つくば在住のアラフォー会社員。他にブログ『初心者による初心者の為のウイスキーの話など。』や『OLD ROOKIE』を運営しています。

-ChromeOS 機能, バッテリー・充電