初めてのChromebook~基本操作と初期設定

Chromebookを初めて使う場合、多少操作に戸惑うこともあるかも知れませんので、簡単に使い方を説明します。日本語を使うための初期設定も紹介します。

電源の入れ方・切り方

Chromebookは天板を開くと、自動的に電源が入ります。開いたら数秒待ちましょう。天板が開いている状態で電源を入れるには、右上にある電源キー、もしくは側面にある電源ボタン(一部モデルに搭載)を押します。立ち上がらないときは、充電プラグを挿してから、再度試しましょう。

電源を切るときは、ディスプレイ右下のところ(「ステータストレイ」と言います)をクリックしてメニューを開き、電源のアイコン(画像右下)をクリック。

また、フリップタイプモデルの場合は側面の電源ボタン(一部モデルのみ)、クラムシェル型ならキーボード右上の電源キーを長押しすると電源が切れます。ランプが消えたら完全に電源が切れた合図です。大体3秒ほどで消灯します。

初めて電源を入れたときの初期設定

開封してChromebookの電源を入れると初期設定に入ります。用意するものは特にありません。強いて言うなら

・Googleアカウント
・Wi-Fiのパスワード

ですが、Googleアカウントを持っていない場合でも、その場で作成することが出来るので、事前に準備しておく必要はありません(しておいてもいいですが)。また、Wi-Fi環境がないと、Chromebookは本領を発揮できません。スマートフォンのテザリング機能でも問題なく使用可能ですが、事前にWi-Fi環境を用意しましょう。

Androidアプリ

初期設定で「Google Play Store」を利用するかどうかを聞かれます。Androidアプリを使いたい場合は、有効化します。

Androidのアプリは、有効化するとインストールされる「Google Play Storeアプリ」経由でダウンロードすることになります。ここで設定しなくても、後から有効化することもできます([設定]>[Androidアプリの有効化]と進み有効化)。

ログイン後

Chromeのアイコンをクリックすると、いつものChromeブラウザが出てきます。ブックマークや拡張機能の同期は、初回だけ少し時間がかかります(1分ほど)。待ちましょう。

日本語入力の設定

Chromeブラウザの右上の3つボタン、もしくは、デスクトップ画面の右下の時刻が表示されているところをクリックして歯車アイコンを押すと、設定画面に入ります。設定画面はChromeブラウザのものとほとんど同じなので、迷うことは少ないと思います。

取り敢えず、最初に日本語の設定をしましょう。この設定により、[Ctrl]+[スペースバー]で日本語/英語の入力切替が可能になります。

日本語入力の設定手順

(1) ステータストレイをクリック>キーボードのところをクリックします。

(2) 入力方法をこのようにするのが目的。右上の歯車アイコンをクリック。

(3) 「入力方法を管理」を選択します(見づらい場合はクリックして拡大してみてください)。

(4) 画像の通り設定します。

*アメリカアマゾンなどで購入し、英字キーボードの場合は「Google日本語入力(日本語キーボード用)」のところはチェックせず、「Google日本語入力(USキーボード用)」のところにチェックして下さい。

これでOK。Ctrl+スペースバーで日本語/英語の入力切替が可能になります。切り替えがうまくいかない場合は

・再起動する
・しばらく放置

を試して下さい。経験上「しばらく放置」が有効です。

半角・全角キーでの入力切替に慣れていると、[Ctrl]+[スペースバー]による入力切替は、最初少し違和感があるかも知れませんが、すぐに慣れます。今は逆にWindowsでCtrl+スペースバーを無意識に押していることがあるくらいです。

スリープ機能

画面を閉じると自動的にスリープし、開くと解除されます。一瞬で復旧するので、本当にスリーブしてたのかな、と思うほどですが、ちゃんとスリーブになっているので安心されたし。設定画面にて画面を閉じたときに電源を切る、何もしない、などと設定することも可能です。

周辺機器について

古いマウス・キーボード、Bluetoothのマウス・キーボード、外付けHDDやUSBメモリ、SDカードや外部ディスプレイなど、問題なく使えます。試しに、Mac用のキーボード、マジックパッドも試しましたが、問題なく動作しました。

さらに、すべてのChromebookでBluetoothが利用可能です。ステータストレイ(右下の時計が表示されている部分)をクリックすると、Bluetoothの項目があるので、そこから設定します。

マウス・キーボードをBluetooth接続したり、Bluetoothスピーカーを接続したりといったことが可能です。当方はTaoTronicsのBluetoothスピーカー・イヤホンを接続していますが、今のところ接続が途切れるといったトラブルはありません。まずChromebook側でBluetoothをオンにしてから子機でペアリングをします。

*Bluetooth機器が使えない場合、スマホとBluetooth機器がペアリングされていないか確認してみて下さい。基本的にBluetooth機器は同時に2つのデバイスに同時に接続することはできないので、スマホとつながっている状態では使えません。

USBポートに関してはUSB-Type Aのみのもの、USB-Type AとUSB-Type Cが混在しているもの・USB-Type Cのみのものなど、機種によってまちまちなので、ここは要確認です。USB-Type Cのみの場合は、電源、外部ディスプレイへの出力もUSB経由で行います。一時期USB-Type Cのみのモデルが広がりかけていましたが、直近のモデルではUSB-Type Aも備えたモデルが多いようです。

外部ディスプレイ

HDMIポートが付いているモデルではHDMIポートで、USB-CしかないモデルについてはUSB-Cケーブルを使って外部ディスプレイに接続します。通常のPCと同じで、ミラーリング/画面拡張の切り替えが可能です。また、ディスプレイを置く位置(右・左)も、設定>ディスプレイのところから設定することが出来ます。

外部ディスプレイに接続している場合、キーボードの[左上から右5つ目のキー]+[Ctrl]で、ミラーリング/画面拡張の切り替えが出来ます。

通常は天板を閉じるとスリープモードに移行するのですが、外部ディスプレイに接続している場合は、閉じるとミラーモードに移行します。閉じていると液晶を表示する必要がないため、バッテリーが長持ちします。音声は自動的にHDMI経由のデバイスから出力されるようになりますが、敢えてChromebook本体から、またはBluetooth機器から音を鳴らしたい場合は、右下のステータストレイでスピーカーのアイコンの右側の矢印をクリックすると、出力用デバイスを選択できます。↓

Chromebook 2回目以降の使い方

電源を入れると、アカウント名のアイコンが出てきます。希望のアカウントを選んで、Googleアカウントで設定したパスワードを入力すれば、ログインできます。Android 7.0以上のスマホをお持ちの方は、スマートロックを試してみて下さい。

Google Drive 100GB分の特典を受け取る

Googleアカウントを取得した時点で、Google Driveというクラウドを5GBくらい貰えますが、Chromebook購入者は、プラス100GBの容量が無料で貰えます(ただし、2年間のみ。2年経過後は月額料金を払うか、5GBに戻るかどちらかを選ぶことになります)。特典の受け取り方は、以下のページをご参照ください

不具合の対処法

Chromebook トラブルシューティングのページに各種トラブルの対処法をまとめましたので、そちらを見てみて下さい。

まとめ

以上、初期設定と基本操作の説明になります。慣れてきたらChromebookのカスタマイズ 中級編も是非ご覧ください。

(Visited 4,407 times, 29 visits today)

スポンサーリンク