ChromeOS ChromeOS 機能

ChromebookとAndroidスマートフォンを連携する機能「Phone Hub」の設定手順と使い方

2022年12月5日

ChromebookとAndroidを連携する「Phone Hub」設定と使い方

はじめまして、Chromebookを7年以上愛用しているクロームブッカーともぞう(@tomozou3500)です。このサイトではChromebookについての情報を発信しています。

今回はChromebookとAndroidスマートフォンを連携させる方法を紹介します。この設定をすると、たとえば

  • スマートフォンの通知がChromebookに届く
  • Chromebookからスマートフォンのカメラロールにアクセス
  • Chromebookでスマートフォンのテザリング機能をワンクリックで有効化

といったことが可能になります。その他にもスマートフォンの着信音を鳴らしたり、サイレントモードをオン・オフにすることも可能です。

残念ながらiPhoneとは連携できません。以下、スマートフォン=Androidスマートフォンを指します。

Chromebookの設定の前にスマートフォン側でも準備が必要なのでそちらから解説します。

手順は

  • スマートフォンでGoogleアカウントへログイン
  • Chromebookでスマートフォンと連携

となります。

スマートフォンでGoogleアカウントにログイン

既にやっている方も多いと思いますが、Chromebookとスマートフォンを連携するにはスマートフォン側でGoogleアカウントにログインしておく必要があります。

[設定]>[パスワードとアカウント]>[+アカウントを追加]>[Google]

と進んで、Googleのアカウント名(メールアドレス)とパスワードを入力します。これでスマートフォン側の設定は終了です。

以上はAndroid 13での説明になります。12以下のバージョンの場合は表記が異なるかもしれません。

Chromebookでスマートフォンと連携

次にChromebookの設定を開きます。

ディスプレイ右下のタスクトレイ(時計が表示されているところ)をクリック>ポップアップしたウィンドウ右上の歯車ボタンをクリックするとChrome OSの設定画面が表示されます。

Chrome OSの設定を表示
右下の時計が表示されている領域をクリックするとこのウィンドウがポップアップ表示される。右上の歯車アイコンをクリックするとChromeOSの設定画面になる。

ブラウザの右上の3点アイコンから入るとChromeブラウザの設定画面が表示されます。見た目はChrome OSの設定とほぼ同じですが別ものなので注意。

設定画面を開いたらスクロールダウンして、[Androidスマートフォン]の右にある[設定]ボタンをクリックします。

AndroidスマホをChromebookに登録する①
Androidスマートフォン右の設定ボタンをクリック

[スマートフォンに接続]画面が表示されるので、案内に従って設定します。

Chromebook スマートフォンに接続
同意して続行をクリックして進む

▽設定が終わると、[Androidスマートフォン]がお手持ちのスマートフォンの機種名に変化します。

右のスライダーをクリックすると連携機能がオフになります。

Chromebook Androidスマホ接続後の画面
「Google Pixel 5を」スマートフォンを設定した様子

ここで機種名の右の矢印アイコン(▶)をクリックすると、詳しい設定画面が表示されますが、

Chromebook Androidスマホに関する設定

全部オンにしたままで大丈夫です。

これでChromebookとスマートフォンが連携されました。

次に上の画像にも表示されている「スマートフォン ハブ」について説明します。

スマートフォン ハブについて

Chromebookのタスクバーにスマートフォンのアイコンが表示されていると思いますが、ここをクリックすると開くのが「スマートフォン ハブ」と呼ばれる機能です。

▽このような画面がポップアップで表示されます。

「最近使ったChromeタブ」は塗りつぶしています

上部にスマートフォンの電波状態や充電残量などの情報が表示されています。最近使ったChromeタブは白く塗りつぶしているのですが、スマートフォンで閲覧した直近のタブが2つカード形式で表示されます。

スマートフォン ハブ機能はスマートフォンのBluetoothをオンにする必要があります。

「スマートフォン ハブ」中央に配置されている3つのアイコン

スマートフォン ハブ中央に水平配置された3つのアイコンについて説明します。

アクセスポイント

インスタントテザリング

アクセスポイントはスマートフォンのテザリング機能をオンにするボタンです。

通常スマートフォンのテザリングを有効化するには

[設定]>[ネットワークとインターネット]>[アクセスポイントとテザリング]>[Wi-Fiアクセスポイント]と進んで[Wi-Fiアクセスポイントの使用]をクリック

という手続きになっていますが、これをChromebookからワンクリックで有効化する機能です。

スマホに触ることなくChromebookからワンクリックでアクセスポイントがオンにするこの機能は「インスタントテザリング」と呼ばれています。外出時に重宝する機能です。

当然ですがテザリングを使うには、テザリングが使えるスマホプランに加入している必要があります。

以前インスタントテザリングを設定したとき「携帯通信会社によっては、この機能を利用できないことがあります。」と通知がありました。その時は気にしてなかったのですが、ソフトバンクからY!モバイルに乗り換えたところ、この機能が使えなくなりました 泣 詳しくは下記記事をご参照ください。

サイレントモード

サイレントモード

スマートフォンのサイレントモードのオン・オフするボタンです。ミーティングの際などはスマホに触らずともオフにすることが可能です。

スマホを鳴らす

スマホを鳴らす

スマホが見当たらないときに便利な「スマホを鳴らす」ボタンです。

カメラロールへのアクセス

初回設定時はスマートフォンハブに「Chromebookでスマートフォンの最近の写真やメディアを表示します」と表示されます。設定ボタンをクリックして案内に従うと、スマートフォンのカメラロールにアクセスすることが出来るようになります。Windowsの[スマホ同期アプリ]と同じような機能です。

ChromebookとAndroidを連携する「Phone Hub」設定と使い方 まとめ

ChromebookとAndroidスマートフォンを持っているなら連携しておくデメリットはありません。まだやっていない方は、ぜひ設定してみてください。

【2023年1月最新版】Chromebookの選び方ガイド

6つのチェックポイントとおすすめ厳選モデル7選

トップへ戻る

PR

関連記事

  • この記事を書いた人

ともぞう

つくば在住のアラフォー会社員。他にブログ『初心者による初心者の為のウイスキーの話など。』や『OLD ROOKIE』を運営しています。

-ChromeOS, ChromeOS 機能