Chromebook x Android インスタントテザリングの設定と使い方

2021-10-03

はじめまして、クロームブッカーともぞう(@tomozou3500)です。

Chromebookにはインスタントテザリングと呼ばれる機能があります。

Chromebookでスマホのテザリング機能を使う場合、通常はスマホでアクセスポイントをオンにするなどテザリングの準備をしてからChromebookでスマホの電波に接続という手順になりますが、インスタントテザリング機能を使うと、Chromebookからワンクリックでテザリングをオンにでき、スマホ側の操作は不要となります。スマホのBluetoothはオンになっている必要がありますが、出先では便利です。

そんなインスタントテザリングですが、現状では事前に設定しておく必要があるので、この記事ではインスタントテザリングの設定方法と使い方を解説します。

インスタントテザリング機能はAndroidスマホのみ対応。また、通信会社のテザリングサービスに加入している必要があります。

インスタントテザリングの設定方法

ChromebookのChromeブラウザのアドレスバーに「chrome://flags」と打ち込み、実験的機能を一覧表示します。

Chromebookの実験的機能一覧

最上部の検索バーから[Instant Tethering]を探し、右側のボタンを[Enabled]へ変更して再起動(同ページ右下にRestartボタンが出現するのでクリック)します。

Instant Tethering

次に、画面右下のステータス領域(時計が表示されているところ)をクリック>ウィンドウの歯車ボタンをクリックしてChrome OSの設定画面を表示します。

Chrome OSの設定を表示

左の一覧メニューから接続済みのデバイスを選択して「インスタントテザリング」のスライドバーをオンにします。

まだChromebookとスマホを連携させていないときはここから連携します

Chrome OSの設定

これでChromebookの準備は完了です。

スマホ側でChromebookと連携しておく

予め、スマホ側でもChromebookと連携しておくと間違いないと思います。Android 12の場合は設定>接続の設定>Chromebookと選択してリンクしておきます。

※以下の画像はAndroidスマホPixel 5のスクリーンショットです

インスタントテザリングの使い方

インスタントテザリングの実際の使い方ですが、Chromebookのタスクバーからスマホのアイコンをクリックします(↓1枚目の画像 スマホのBluetoothはオンにしておく)。
クリックすると、 ↓2枚目の画像の通りメニューウィンドウ(正式名称「Phone Hub」)がポップアップ表示されるので、ここで[アクセスポイント]をクリックすると接続完了。

↑3枚目の画像では通常Wifiマークになっているところがケータイのアンテナマークに変化しています。

なお初回のみスマホ側で確認画面が表示されるので「続行」を選択します(1枚目)。インスタントテザリング中はスマホに通知が届くので、切断したい場合はここで切断をタップします(2枚目)。

まとめ

Chromebookでインスタントテザリングを使う方法と設定の解説は以上になります。

PR

関連記事

  • この記事を書いた人

ともぞう

つくば在住のアラフォー会社員。ほかに『初心者による初心者の為のウイスキーの話など。』や『OLD ROOKIE』を書いてます。

-Chrome OS 機能