Chromebooの選び方と米アマゾンで販売されているモデル 2020

Chromebooの選び方と米アマゾンで販売されているモデル 2020

*本記事は「Chromebookの選び方とおすすめモデル 2020」のリライト記事になります。モデルが多くなりすぎたので、この記事は米アマゾンにて販売中のモデルの紹介とし、お勧めモデルについては数を絞って別途記事にしました。詳しくは新・Chromebookの選び方とおすすめモデル 2020 | Chrome通信をご参照ください。

今回は米アマゾンにて販売されているモデルをまとめたいと思います。選考基準は

・日本直送に対応していること
・自動更新ポリシーがある程度残っていること

です。前置きはいいからオススメモデルだけ教えてくれ、という方は以下の記事を参考にしてください。

スポンサーリンク

Chromebook 2020年のトレンドと選び方の基準について

おすすめモデルの紹介の前に、Chromebook市場の最近のトレンドと選び方の基準について、ざっくりと説明しようと思います。興味がなければ飛ばしてください。

トレンド~フリップタイプが根強い人気も、クラムシェルタイプが台頭

Chromebookには一般的なノートPCの形をしたクラムシェルタイプのモデルと、ディスプレイが360度回転し、折りたたむことで、タブレットとして使用したりテント型にしたり出来るフリップタイプのモデルがあります。Chromebookはアンドロイドアプリに対応しているため、フリップタイプに対する需要が高い。

昨年まで14インチのフリップタイプに人気が集中していた感じだったのですが、最近ではフリップタイプよりも割安なクラムシェルタイプが再び脚光を浴びている感じがあります。

フリップタイプのChromebook

クラムシェルタイプに人気が出てきた理由として考えられるのは、Chromebookが教育市場から職場へとシフトしていること。据え置きメインで作業を念頭に置いた使い方をするのであれば、ディスプレイは大きく、安価なものが重宝されるといった点がクラムシェルタイプが選ばれやすい理由になっているのではないかと思います。

フリップタイプにも15.6インチのものがありますが、例外なくプレミアムモデルで、価格も安くても$600を超えてきます。スペック高めのモデルは全てフリップタイプに集中し、クラムシェルタイプにはスペック的に低いモデルしかなかったのですが、クラムシェルタイプのプレミアムモデルASUS Chromebook C425が登場した辺りから高級感があるモデルも登場。

ASUS Chromebook C425
クラムシェルタイプのプレミアムモデルASUS Chromebook C425

とは言え、個人で使う分にはフリップタイプならではのメリットも大。特に動画視聴やアプリを楽しむのがメインであれば、フリップタイプがやはり便利です。

Chromebookの性能を評価するポイント~CPU、メモリ、ストレージについて

安価なChromebookの中にはIntel Celeronシリーズやハイエンドタブレット用SoCが採用されており、動作面での快適性が気になる方も多いと思いますが、Chrome OSを搭載するChromebookは、Chromeブラウザを動かすことにほぼ全てのリソースを割いているため、WindowsやMacを動作させるには力不足な感じの否めないIntel Celeronでも快適に動作します。このところがかつての黒歴史、ネットブックとの大きな違いです。

さらに常駐しているプロセスが少なくメモリの消費量も少ない。WindowsやMacでRAM 4GBではやや心もとないですが、Chromebookでは実用上特に問題ありません。

WindowsやMac OSは、OSを動作させるのに一定のマシンパワー(3~4割?)を割き、そのうえでChromeブラウザを動作させるため、同じCPU・メモリを積んでいれば、Chromeブラウザの動作という点においては、原理的にChrome OSが最速になります。同じエンジンのクルマとバイクがあったとしたら、バイクの方が安くて速いのと同じ。使い方はその分限定されるのですが、速さだけを比べれば、そういうことになります。

内蔵ストレージに関してですが、Chromebookの場合は16GB~64GBくらいが標準ですが、アプリを多く使おうとお考えの方は、ストレージ32GB以上のモデルがおすすめです。

ストレージのうち、6GB分くらいはOSで占められるので、実際にアプリに割けるストレージは16GBもでるだと8GB程度になってしまいます。今のところ、SDカードにアプリをインストールすることが出来ないため、本体のストレージが重要になってきます。ゲームアプリなど、数GBのアプリもザラなので、この点だけ注意した方がいいと思います。

Androidアプリをさほど使わないなら16GBでも問題ありません。動画や電子書籍のデータはSDカードに入れればよいです。

それでは具体的に、おすすめのモデルをみていきたいと思います。

コスパの良さが光るChromebook~クラムシェルタイプ

外部ディスプレイと接続していろいろな作業を並列してやりたい、Linuxを使い倒したい、タブを開きまくる、などの使い方ではなくブラウジング・メール・動画視聴・Google DocsやSheetなどの軽いオフィス系の作業程度の使い方であれば、以下に挙げる比較的安価なモデルで十分です。

Acer Chromebook 315

15.6インチのフルHDディスプレイ(1920×1080)を備えつつ、価格が$210程度という非常に高いコストパフォーマンスを誇るモデルです。15.6インチのフル液晶を備えたノートPCで、この価格帯のものは他のOSを積んだPCではまず無理です。

CPUにAMD製のチップA4-9120Cを搭載*。メモリ 4GB/ストレージは32GBとこの辺りは標準的。とにかく大きなChromebookが良い、ということであればファーストチョイスになろうかと思います。見た目もスタイリッシュです。自動更新ポリシーも2026年6月までと余裕があります。

*A4-9120CはPassMarkのベンチマーク1,949で、Intel Celeron 3865Uと同等程度。同じくエントリーモデルによく搭載されているCeleron N4000で1,429、Celeron N4100で2,268なので、この辺りのスペックとみて問題ないと思います。


ASUS Chromebook C423NA

ASUSの14インチモデルASUS Chromebook C423NA

上記Acer Chromebook 315と同じくフルHDディスプレイ(1920×1080)を備えつつ、価格が$200程度とこちらも最高峰のコストパフォーマンスを誇るモデル。Intel Celeron N3350というのが現段階では少々古いですが、メモリ 4GB/ストレージは32GBとこちらは問題なし。自動更新ポリシーは2024年6月までとやや短めですが、それでも4年以上は安心して使えます。


Lenovo Ideapad Chromebook S330

アマゾン・ジャパンでも安く手に入るLenovo Chromebook S330。ディスプレイサイズは14インチ。

エントリーモデルは¥24,800からですが、その液晶はフルHDではなく解像度1366×768のTN液晶となります。上位モデルはフルHDディスプレイなのですが、現段階では在庫切れ。フルHDディスプレイモデルを狙うなら待つか、米アマゾンのフルHDディスプレイを$219程度で購入するか、どちらかになります。

スペックは◎MediaTek MT8173C/◎RAM 4GB/◎ストレージ 32GBという構成。MediaTeck MT8173Cはオクタンスコア8,570程度とやや非力ですが、Cortex-A72x2 two Cortex-A53x2のlittle.BIG構成でマルチタスクに強いという特徴があります。作業用の14インチモデルを所望するならありです。



自動更新ポリシーは2025年6月まで。

Lenovo Chromebook S345

14インチのフルHDディスプレイ(1920×1080)にAMD A6-9220C/メモリ 4GB DDR4/ストレージ 32GB SSDという構成。AMD A6-9220cはIntel Celeron N4100より少し劣りますが、それに匹敵するものです。AMD党の方に。

武骨なデザインなので、オフィスで使う場合にも違和感がないです。フルHDディスプレイ搭載ながら$270程度とコストパフォーマンスに優れたモデルです。公式サイトに情報がないのですが、自動更新ポリシーは少なくとも2025年6月までは大丈夫です。


Acer Chromebook 514

14インチフルHDディスプレイを搭載したAcer Chromebook 514 (CB514)。スペックはCPU Celeron N3350/メモリ 4GB LPDDR4/ストレージ 32GB eMMCと控えめな割に$319なのですがから。このクラスでバックライトキーボードを搭載したモデルは珍しいです。バックライトキーボードにロマンを感じる方におすすめです。


自動更新ポリシーは少なくとも2024年6月までは大丈夫です。

Acer Chromebook 15

上記モデルの15.6インチ版という趣。ミドルスペックの15.6インチモデル、Acer Chromebook 15 (CB515)です。フルHDタッチ対応ディスプレイにIntel Celeron N3350/メモリ 4GB LPDDR4/ストレージ 32GB eMMCという構成。フルサイズながら現在$300を切るお買い得モデルです。


自動更新ポリシーは2024年6月まで。

ASUS Chromebook C403SA

米国防省の軍用規格の複数項目に準拠した高い耐久性を誇るChromebook、ASUS Chromebook C403SA。

ASUS chromebook C403SA
ASUS chromebook C403SA

アマゾン・ジャパンで入手可能です。スペック的にはCeleron N3350 /メモリ 4GB /ストレージ 32GBでややCPUパワーが心もとないのですが、1.2mからの落下耐性や圧力耐性などを備えた耐久性があり、多少手荒に扱ってもビクともしない安心感があります。小さな子やペットがいる家庭の人でリビングに置く予定の人や、小学生くらいの子にChromebookを買おうかと思っている方には良い選択肢になると思います。

自動更新ポリシーは2024年6月まで。

コスパの良さが光るChromebook~フリップタイプ

タブレットとしても使えるフリップタイプ。もれなくタッチ対応となっており、機種によってはスタイラスペンに対応するものも。そんなフリップタイプのうち、比較的安価なものを紹介します。高価なモデルについては後述。

Lenovo Chromebook C330

真っ先に挙げたいのがLenovo Chromebook C330米アマゾンにて、全カテゴリ中、売上個数1位に輝いた大ヒットモデルです。現在のLenovo製Chromebookに勢いがあるのは、このモデルのヒットのおかげです。

Lenovo Chromebook C330

ディスプレイサイズは11.6インチ(1366 X 768) でCPU Mediatech MT8173c/メモリ 4GB LPDDR3/ストレージ 32GB/64GB eMMCという構成。ストレージは32GBと64GBモデルがありますが、価格差が僅か$6以下なので、買うならストレージ64GBモデル一択です。フリップタイプのChromebookが$240と、まず間違いのない選択となっています。


自動更新ポリシーは2025年6月まで。

Lenovo Chromebook C340-11

上記Lenovo Chromebook C330の後継機です。

ディスプレイが解像度1366×768の11.6インチである点は変わらずですが、CPUにIntel Celeron N4000/メモリ 4GB(LPDDR4)/ストレージ 64GB(SSD)と全体的にパワーアップ。米アマゾンモデルはSank Pinkというカラーバリエーションがあり、ユニークなモデルです。価格はLenovo Chromebook C330からやや上がって$319程度。その分、自動更新ポリシーは2026年6月までと余裕があります。


堅牢なフリップタイプ ASUS Chromebook Flip C214

アメリカ国防総省制定MIL規格(MIL-STD-810G)に準拠したテストをクリアした高い堅牢性を持つモデル。米国の小学校などでは重宝されるモデルです。

ASUS Chromebook Flip C214MA

周囲を耐衝撃ゴムバンパーで保護して120cmからの落下耐性、30㎏の耐荷重性の他、ヒンジやポートの耐久テストなどをクリアしたものです。キーボードは防滴使用。何の気兼ねもなく使えるモデルです。子供に与えるなら、こういったモデルだと安心です。

ASUS Chromebook Flip C214MA

ディスプレイは解像度1366 x 768の11.6インチですが、CPUにCeleron N4000を採用し、RAM 4GB (LPDDR4)/ストレージ 32GB eMMCと実用性もちゃんとあるモデルです。フリップタイプでタッチ対応、さらに本体収納型スタイラスペンを備えます。重量は1.17kgと堅牢モデルにしては軽量の部類。持ち運びメインならありです。

アマゾンジャパンにもASUS Chromebook Flip C213が販売されていますが、こちらはCPUがCeleron N3350と下位互換のモデルです。


自動更新ポリシーは2026年6月まで。

一段上の快適さを求めるプレミアムなChromebook~クラムシェルタイプ

最近登場したプレミアムなクラムシェルタイプは高いスペックの割に安価な点が魅力的。AndoroidとChrome OSの統合が上手くいってないからこそ生まれたともいえるモデル。ここではASUS Chromebook 425、HP Chromebook 15、Acer Chromebook 714、Acer Chromebook 715を紹介します。

ASUS Chromebook C425

プレミアムなクラムシェルタイプといったらコレ、という感じのASUS Chromebook C425なのですが、今調べたところ、まさかの入手困難。

※追記 2020.3.7
今みたところ、再入荷したようです。残り12個とのこと。

ディスプレイは14インチ型フルHDの狭額縁IPSディスプレイ、CPUにIntel Core m3-8100Yを採用し、メモリ 8GB、ストレージ 64GB eMMCにバックライトキーボード搭載で$370ほど。

スペックもさることながら、約1.27kg軽量ボディでバッテリー駆動時間12時間と持ち運びにも適したモデルとなっています。


HP Chromebook 15

HP Chromebook 15。15.6インチのフルHDディスプレイに、CPU Intel Core i3-8130U/メモリ 4GB(DDR4-2133)/ストレージ 128GB (eMMC)にバックライトキーボードまで搭載し、価格は$390ほどです。

CPUがPentium Gold 4417Uでストレージ64GBのスタンダードモデルもありますが、価格差がわずか$20程度なので、上位モデル一択です。スペック的には上記のASUS Chromebook 425相当のモデルとなります。

ミドルクラスのChromebookの中でも最高峰のモデルですが、$400を大きく切る価格が魅力的な良モデルです。性能的には申し分ないでしょう。スピーカーはHPのChromebook伝統のB&O製。


自動更新ポリシーは2025年6月まで。

Acer Chromebook 714

クラムシェルタイプのプレミアムモデル、Acer Chromebook 714。14インチフルHDディスプレイにIntel Core i3-8130U/メモリ 8GB DDR4/ストレージ 64GB eMMCという構成。職場使いを意識したモデルで、職場でも違和感のない高級感もある見た目に仕上がっています。ストレージが128GBの上位モデルも存在。価格は$499から。


↓ストレージ128GBモデル


自動更新ポリシーは2025年6月まで。

Acer Chromebook 715

Acer Chromebook 714の15.6インチ版です。同じくフルHDディスプレイにIntel Core i3-8130U/メモリ 4GB DDR4/ストレージ 128GB eMMCという構成。特徴としては、数少ないテンキーが搭載されている点。価格は$342とAcer Chromebook 714よりもかなり安くなっています。作業用として使うのであれば最適なモデルになっていると思います。


自動更新ポリシーは2025年6月まで。

一段上の快適さを求めるプレミアムなChromebook~フリップタイプ

この辺りに位置するモデルは各社力を入れており、どれを選んでも外れのないモデルになっています。自分にあったサイズとた目の好みで選んでOK。ここではASUS Chromebook C434、Dell Inspiron、Lenovo S340、HP Chromebook x360、Acer Spin 13を挙げています。

ASUS Chromebook C434TA

このカテゴリのみならず、現在のChromebookの大本命モデルChromebookに欲しい機能を全て備え、アルミ削り出しのボディが美しい全部入りのモデルです。

14インチフル液晶タッチ対応ディスプレイにIntel Core m3-8100Yを搭載。メモリは4GB/8GB、ストレージは64GBとなっています。バックライトキーボード搭載。とりあえず迷ったらコレでいいかと思います。間違いありません。自動更新ポリシーは2026年6月まで。


Dell Chromebook Inspiron

イマイチ取り上げられることの少ないDell Chromebook Inspironですが、とにかく見た目がよく、私が今一番欲しいイチオシモデルです。

Inspironという長年育てたブランドを冠し、Dellの本気が感じられるモデルです。

ディスプレイはDell特製の「TrueLifeディスプレイ」。14インチフルHDディスプレイです。CPU Intel Core i3-8130U/メモリ 4GB/ストレージ 128GBという構成。少々重いのはご愛敬。その分頑丈になっています。

写真ではそうでもないですが、ハンズオンビデオ(下記記事内にあります)でみるとかっこいい。自動更新ポリシーは2025年6月まで。


Lenovo Chromebook S340-15

昨年絶好調のLenovoが送るLenovo Chromebook S340-15

15.6インチのフルHDディスプレイでCPU Intel Core i3-8130U/メモリ 4GB DDR4/ストレージ 64GB SSDという構成。15.6インチのフリップタイプという押しの強いモデルです。他にもあるのですが、その中では最も新しい。自動更新ポリシーは2025年6月まで。


HP Chromebook x360

14インチのフルHDディスプレイにCPU Intel Core i3-8130U/メモリ 8GB DDR4/ストレージ 64GB eMMCとメモリにゆとりのあるモデル。バックライトキーボードもしっかり搭載しています。スペックは高いわりに価格が$433程度と、今ならお買い得のモデルになっています。自動更新ポリシーは2026年6月まで。


Acer Chromebook Spin 13

最後はAcer Chromebook Spin 13。スペックが一段上がります。

まずディスプレイなのですが、13.5インチの2Kディスプレイ。アスペクト比が通常の16:9ではなく3:2と縦長になっており、ブラウジングが捗るモデルです。

CPU Intel Core i5-8250U/メモリ 8GB LPDDR3/ストレージ 128GB eMMCでお値段$639.98。以前と比べるとだいぶ値下がりしました。2Kディスプレイを搭載する数少ないモデルの一つです。とにかく現時点で最高のものが欲しい方に。自動更新ポリシーは2025年6月まで。


Chromebookの選び方とおすすめモデル 2020 まとめ

執筆時点は2020年2月20日なのですが、上記モデルは4月に新モデルが登場するということもあり全体的に在庫が薄く、値段もかなり下がっています。要するに在庫処分中。かなりのお買い得商品も多いですが、ASUS Chromebook 425のように売り切れてしまうものも。欲しいモデルがあるのであれば、今が買い時だと思います。

(Visited 2,284 times, 5 visits today)