Chromebookを1日持ち歩いてみた感想

2015-10-09

当方は関東在住なのですが東京に用があり向かう電車で書類を直すためにChromebookを持って行きました。今まではせいぜいオフィスと駐車場の間を行き来する程度でしたが、長時間の移動にChromebookを携えたのはこれが初になります。

Chromebookの携帯性の良さを再確認

電車に乗っているちょっとした時間でサッと取り出して作業出来るChromebookの良さを再確認。

ただiPhone6sでのテザリングは電波の多い場所では繋がるまでやや時間がかかるといった印象(15秒位)。

あと「ダウンロード」フォルダにWORDファイルを入れてこれを作業したのですがオフラインでも自動的に変更が保存されます。まあローカルで作業しているので当たり前と言えば当たり前ですが。

Google Driveもオフラインで作業出来るものの(ブラウザ経由では使えません。メニューからGoogle Driveを立ち上げる必要があります)日本語が変になるなどややトラブルがあった印象(日本語はtextアプリで書いてGoogleドキュメントに貼り付けたところ日本語入力機能が回復。一体どんな仕組みなのか・・・)。

今回の教訓としてワードファイル(.docx)は「ダウンロード」フォルダに1つ入れておいて必要になった時にそれを使う。もしくは外出先で修正が必要なファイルは予めGoogle Driveからローカルファルダである「ダウンロード」フォルダに移しておく。オフライン環境ではローカルで作業する方がトラブルなく行けると思います。

コンビニでプリントする時点でテザリングなりで繋げばよし。

参考記事

実際にChromebookを1日持ち歩いてみた正直な感想

さて軽いカバンにChromebookを入れ外をウロウロしていたのですがやはり時間が立つと重さが堪えてきます。マウスやモバイルバッテリーなど余計なものを持って行ってしまったのも一因ですが。電車で使うなどといった場合マウスなど完全にお荷物です。

約1.1キロのChromebookでこれなのでやはり携帯性を重視する人は11.6インチモデルがおすすめ。狭い電車や駅の狭い食堂で軽く使う分には邪魔にならずに使えます。

PR

関連記事

  • この記事を書いた人

ともぞう

つくば在住のアラフォー会社員。ほかに『初心者による初心者の為のウイスキーの話など。』や『OLD ROOKIE』を書いてます。

-雑記