ASUS Chromebook Flip C434 が米アマゾンにて販売中 C302との違いなど|Chrome通信 Chromebookを独自の視点で紹介します

ASUS Chromebook Flip C434 が米アマゾンにて販売中 C302との違いなど

2019-04-11 | By ともぞう
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly

ご存知の方も多いと思いますが、Chromebookの大本命モデル、ASUS Chromebook Flip C434がアメリカアマゾンにて販売中です。実際は販売してから結構時間が経っているですが、3日前ほどから日本への発送に対応となりました。ASUSのプレミアムモデルということで、ASUS Chromebook C302との違いなどをまとめてみようと思います。

ASUS Chromebook Flip C434 b

スポンサーリンク
目次

ASUS Chromebook Flip C434 基本スペック

ディスプレイサイズですが、最近のトレンドである14インチ、解像度は1920×1080でタッチ対応となっています。また、ベゼルがかなり薄い(5mm)ため、本体サイズは13.3インチモデルと同等レベルと思われます。ASUS Chromebook C302と同じフリップタイプです。

CPUにインテルCore M3-8100Yプロセッサ、RAM 4GB、ストレージ64GBを搭載。「RAM 4GB」という点が気になる方もいらっしゃるかもしれませんが、個人的には4GBもあれば十分。当方もRAM 4GBで結構な負荷をかけることがありますが、メモリ不足になったことは一度もありません。同時進行で複数の動画編集がしたい、というならメモリはあった方がいいですが、そういった特殊な使い方をしない限りは大丈夫です。

追記:RAM8GBのモデルも登場しました。

CPUのCore M3-8100Yですが、Passmarkベンチマークは3,447。TDP 5Wという省電力モデルです。ここも問題はなさそうです。ASUS Chromebook C302にもCore M3とCore M5のモデルが用意されていますが、おそらくこれらは第7世代Coreシリーズです。ただ、さほど大きな進歩はなさそう。ASUS Chromebook Flip C434は現状Core M3モデルのみですが、Chromebook C302と同じく、将来的にはCore M5モデルが追加される可能性が高いです。

ASUS Chromebook Flip C434 印象・Chromebook C302の比較

全体の印象ですが、Chromebook C302と比較して、狭額縁ディスプレイとキーボードの見た目(黒からシルバーへ)から、かなりシャープになった印象です。

これを見てしまうと、以前はカッコよく見えたChromebook C302が、ややもっさりと見えてしまいます。キーボードが薄く見えますが、キートラベルは14㎜とのことです。そしてバックライトキーボード搭載です。ポートは左右にUSB-C1つづつ、左にUSB-A、ヘッドフォン端子、電源・音量スイッチ、右にマイクロSDカードスロットがあります。USB-Aを搭載する辺りもトレンド通りといったところでしょうか。

気になるサイズですが、厚み15mm、重さ約1.49㎏とのことです。14インチモデルなので、Chromebook C302と比べ、若干のサイズアップですが、厚み15mmは14インチモデルの中では最薄の部類になると思います。バッテリー持続時間は10時間とのことです。値段は$569から$529.99へと下がっています(2019.5.10)。

自動更新ポリシーは2024年6月まで。


ASUS Chromebook Flip C434 まとめ

人気モデル、ASUS Chromebook Flip C302を、現在のトレンドに合わせて真っ当に進化させたASUS Chromebook Flip C434。携帯・据え置き、どちらもいけそうです。気になる方はチェックしてみてください。

(Visited 798 times, 1 visits today)

Chromebookの設定や使い方についてはこちらを参照|初めてのChromebook



このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly