AndroidアプリがChromebookへ Googleが正式にアナウンス

2016-05-20

木曜日のGoogle I/Oコンファレンスにおいて、以前から噂されていたAndroidアプリのChromebookへの実装がグーグルから正式にアナウンスされました

まあほぼ確定だろうということだったのでさほど驚きはありませんがとりあえず予定通り進んでいるようで一安心です。

来月から開発者向けに公開されていくようです。

Androidアプリの実装は11月のサンクスギビングからクリスマスまでのホリデーシーズンでChromebookを売る上でこれ以上ないセールスポイントとなることでしょう。なおARC Welderを使う方法とは違ってほぼ全てのアプリが動くようです。さらにChromebookとアンドロイドとの連携も引き続き強化されていくとのことです。

販売台数を伸ばし続けるChromebook

なお、2016年の第1四半期の販売台数でChromebookがついにMacを抜き首位に立ちました(Windowsは2015年9月の時点で抜いています)。

2016年1月から3月でChromebookは約200万台を販売、Macシリーズは175万台くらい。

歴史あるWindows、Macを上回る200万台を3ヶ月で売りあげる異例の売上を記録した上アンドロイドアプリが実装されるとか、もうノリにノっているという言葉が相応しいChromebookですが相変わらず日本での普及する気配は全くないですね。

まあ日本は世界で唯一Internet Explorerがトップシェアを持っているという超保守的なガラパゴス・マーケットなので仕方ないかもしれません・・・

個人的には日本でもChromebookが市民権を得ていろんな機種がアメリカ並の値段で入手出来るような日が来ることを願っているのですがそんな日は来るんでしょうか?

また、ちらほらChromebookのレビューみたいなことを書いているサイトもありますが未だに「Chromebookはオフラインでは何も出来ないタダのハコ」とかロクに調べもせずいい加減な情報を垂れ流して誤解を与える輩もいるので近いうちにその辺りについて書こうと思います。

PR

関連記事

  • この記事を書いた人

ともぞう

つくば在住のアラフォー会社員。ほかに『初心者による初心者の為のウイスキーの話など。』や『OLD ROOKIE』を書いてます。

-Chrome OS, Chrome ウェブアプリ, ニュース