アマゾン限定のHP Chromebook 14aがノートPCカテゴリのベストセラーに

Amazon.co.jp限定モデルHP Chromebook 14aがアマゾンジャパンでノートPCカテゴリのベストセラーに。まさかこんな日が来るとはという感じですが、価格とスペックを見て納得。かるく見ていきます。

スポンサーリンク

HP Chromebook 14a 特徴とスペック

外観は珍しい青の天板。ここは好みが分かれそうです。スペックはこんな感じです。

モデルHP Chromebook 14a
ディスプレイ14インチ(1920×1080)
タイプクラムシェル
タッチ対応
CPUCeleron N4000
RAM4 GB LPDDR4
ストレージ64GB eMMC
インターフェースUSB Type-C x 2
USB Type-A x 1
micro SDカード
イヤホンジャック
重量1.33 Kg
バッテリ駆動時間約12時間
参考価格¥39,800

クラムシェルタイプですがタッチ対応に対応している珍しいモデルです。クラムシェルにタッチいる?という意見もありそうですが、あると割と便利です。

スペック的には必要十分という感じです。くしくも最近娘のために購入したLenovo Chromebook C340-11とほとんどスペックが同じ。

Lenovo Chromebook C340-11を触った感じから言うと、CPUのCeleron N4000は意外とパワーがあります。オクタンスコア15,000程度。ストレージも64GBあるので、アプリをガンガン入れても大丈夫です。Linuxアプリの使用などを主目的にするなら別ですが、Chromebook本来の使い方をするには十分なスペックです。

最もポイントが高いのは、価格¥39,800で14インチのフルHD IPSディスプレイ(解像度1920×1080ピクセル)を搭載している点です。これは他のOSを採用したノートPCでは不可能な価格。

この価格帯でそれなりに使えるスペックなものを求めるとなると、ほぼ聞いたことのないメーカーの珍モデルしかないのですが、その点HP Chromebook 14aは天下のHPと実績十分のChrome OSという安心のタッグです。一年間の保証がついているようです。

重量は1.33㎏と14インチにしては標準的ですが、バッテリ持続時間は安心の12時間。外出時にもアダプタを持っていく必要がないため、トータルで考えると持ち運び安い重量に収まっているのではないかと思います。充電はUSB Type-Cからというのも嬉しいところ。日本語キーボード。

アマゾンジャパンで販売している他の安価なモデルだとLenovo Chromebook S330があるのですが、こちらはIPSディスプレイではなくTNディスプレイ。一長一短があると言われますが、ChromebookのTNディスプレイは視野角が狭いことが多いため、現時点ではHP Chromebook 14aがおすすめです。

HP Chromebook 14a 総括

求めやすいモデルの登場は素直に喜びたいところ。ベストセラーになった辺り、Chromebookの認知度も着実に高まりつつあることを実感しました。今後も注視を続けたい。

現在過去記事を全体的にリライト中です。よければ過去記事もご覧ください。目次 | Chrome通信